2017.07.03 これは保守大連立の補完である
 ―都議選結果は警戒を要す―
 
半澤健市 (元金融機関勤務)

 《小池派の圧勝と自民の惨敗》
 2017年7月2日の東京都議選で「小池派」は、定数127名中、79名を取り圧勝し、自民党は23名で惨敗した。
空中戦に強い小池百合子が、地方選にもこれほど強いと思わなかった。
しかし、東京はドブ板選挙が通用しない人間関係の薄い共同体である。有権者は空気に流される漂流民のような存在である。メディア利用を熟知する「渡り鳥政治家」に、東京は最適な舞台であった。
自民党が惨敗したのは良かった。安倍政治暴走へのブロックになるからである。安倍政権は年内持たないだろう。安倍以外なら誰でも良いと考えていた私もそう思う。

《小池は自民党員・日本会議である》 
しかし果たしてそうだろうか。
公明党は、チャッカリと23名を当選させた。そのコバンザメ性は天才的である。共産党は、国会であれだけ健闘したのに、2名増の19名に終わった。
小池百合子は今も自民党員である。最近まで日本会議国会議員懇談会の要職にあった。
彼女はこの国をどんな国にしたいのか。私は聞いたことがない。

2009年の政権交代選挙を、私は「二大保守党独裁の時代」の誕生と書いた。二大保守党体制は、民主党の分裂・退潮で変形したものの、改憲勢力は三分の二を占めている。今回の都議選は、この体制の強化となった。油断すると危ない状態の継続である。

《対立軸をアイマイにしてはならない》
 書生論と言われようと、何度でもいう。
護憲か改憲か。対米自立か隷従か。アベノミクスは是か非か。原発廃絶か再稼働か。
このいずれを取るか。それが日本の将来を決定するのである。(2017/07/03)

Comment
都民ファーストの圧倒的勝利は、自民党の失政と相次ぐスキャンダルによる追い風もあったが、都議会改革を目指す小池知事の成功と云える。新人や女性議員の増加は素晴らしいが、素人もいる新議員の動きにも注目したい。安倍首相は内閣改造や党内の引き締めで政権立て直しを図るが、来年の衆院選挙に向けて頼りない反自民陣営が連立勢力結集など野党陣営の戦略如何と来年まで国民の記憶が続くことを念じたい。
山田成人 (URL) 2017/07/03 Mon 20:32 [ Edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
() 2017/07/03 Mon 21:39 [ Edit ]
対立軸を改めて心しました。特に原発の再稼働の問題は重要だと思います。再稼働しないでそのままでも、原発がそこにある以上、危険は同じ.出歩くなら、再稼働してもいいのではないかという国側の見方ですが、違います。再稼働するとMOX燃料が出ることになります。

都議選の結果で気を緩めず、問題を追い続けなければならないことが、半澤さんのご意見からわかりました。
脇山真木 (URL) 2017/07/03 Mon 23:49 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack