2019.03.15 ■短信■

戦禍の記憶
大石芳野写真展


 20世紀は「戦争の世紀」ともいわれます。二度にわたる世界大戦で人類の危機とでもいうべき大量の殺戮と破壊をもたらした後も安寧を迎えることはなく、米国と旧ソ連を軸とする東西の冷戦に起因する朝鮮戦争やベトナム戦争,ソ連のアフガン侵攻などが勃発しました。21世紀を迎えてもなお,世界のどこかでひとときも収まることなく戦争が続いています。
 戦争の悲惨な傷痕に今なお苦しむ声なき民に向きあい、平和の尊さを問いつづける大石芳野。広島や長崎、沖縄、朝鮮半島に大きな傷を残している太平洋戦争の後遺症をはじめ、メコンの嘆きと言われるベトナム、カンボジア、ラオスの惨禍、そして民族や、宗教・宗派の対立で苦しむアフガニスタン、コソボ、スーダン、ホロコースト……。本展では約40年にわたり、戦争の犠牲となった人々を取材し、いつまでも記憶される戦禍の傷にレンズを向けてきた作品約150点を展覧します。

会場:東京都写真美術館地下一階展示室(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内。JR恵比寿駅東口から徒歩約7分。℡03-3280-0099)

開催期間:2019年3月23日(土)~5月12日(日)

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)

観覧料:一般1,000(800)円/学生800(640)円/中高生65歳以上 600(480)円※ ( )は20名以上の団体料金/小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害をお持ちの方とその介護者は無料

主催:クレヴィス
共催:東京都写真美術館
(岩)
2019.03.10 ■短信■
2019年キューバ友好フォーラム
「革命から60年、キューバ 新時代へ」


 2019年は、キューバにとって画期的な年になります。その理由は、まず、革命から60年という記念すべき年にあたるからです。第2の理由は新しい憲法が公布される年だからです。
 国会で発議された新憲法草案は国民的な討議に付され、今年2月24日の国民投票で圧倒的多数の賛成で承認されました。これに伴い、新憲法は4月19日に公布されます。キューバで憲法が制定されたのは1976年ですが、今度の新憲法はそれを全面的に改正したものです。したがって、キューバは文字通り「新時代」を迎えることになります。
 これに先立ち、昨年2月には革命を知らない世代のミゲル・ディアスカネル氏が国家評議会議長(元首)に就任しています。加えて、2015年に米国と54年ぶりに国交を回復したこともあってキューバは急速に大きく変貌しつつあります。
 フォーラムでは、駐日キューバ大使館のクラウディオ・モンソンさんに新憲法について解説していただき、さらに、この1年間キューバに滞在した早稲田大学の岩村健二郎さんにこの国の最新事情を語っていただきます。

■日時:3月23日(土)13:30~16:30 開場13:00

■会場:日本記者クラブ大会議室(TEL 03-3503-2721)
 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンター9階
東京メトロ千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」C出口、丸ノ内線「霞ヶ関駅」B2出口、  都営三田線「内幸町駅」A7出口、JR「新橋駅」日比谷口(SL広場側出口)

■講演1 「キューバ憲法改正のプロセス」 駐日キューバ大使館二等書記官 クラウディオ・モンソンさん

■講演2 「キューバに住んで日本の銀行口座が凍結された話」 早稲田大学法学学術院准教授 岩村健二郎さん

■参加費:1000円(会員500円)  事前申し込みは必要ありません

■主催:キューバ友好円卓会議
 TEL・FAX 03-3415-9292 e-mail:cuba.entaku.0803@gmail.com
(岩)
2019.03.04  ■短信■
東京演劇アンサンブル、拠点劇場で最終公演へ

ドイツの劇作家、ベルトルト・ブレヒト(1898~1956年)の作品の上演で知られる劇団「東京演劇アンサンブル」が、40年間にわたって拠点劇場としてきた東京都練馬区関町北4丁目の「ブレヒトの芝居小屋」の閉館にともない、3月20日(水)から31日(日)まで、同芝居小屋で最終公演を行います(25日は休演)。
2017年9月、大家の都合で小屋の閉鎖が決まり、アンサンブルは場所を移して再出発することになりました。移転費用を募るクラウドファンディングも始めました。

■ブレヒトの芝居小屋は西武新宿線武蔵関駅北口から徒歩6分
■最終公演の出し物はチェコの作家、カレル・チャペック作のSFファンタジー『クラカチット』
■14時からと19時からの公演があり、料金は当日4500円。前売3800円。全席自由。予約順に整理番号を発行

■東京演劇アンサンブル
TEL 03-3920-5232 FAX 03-3920-4433
MAIL ticket@tee.co.jp
(岩)
2019.02.21  ■短信■
3・1ビキニ記念のつどい2019
関連ドキュメンタリー映画の特別上映会 

3月1日はビキニデー。1954年3月1日に太平洋のビキニ環礁で行われた米国の水爆実験で静岡県焼津港所属のマグロ漁船・第五福竜丸の乗組員と周辺の島々の住民が被ばくしたビキニ被災事件を忘れないために設けられた記念日です。第五福竜丸を展示している都立展示館(東京・夢の島)を管理している公益財団法人第五福竜丸平和協会は毎年、この日の前後に記念のつどいを行ってきましたが、今年はビキニ被災事件から65年に当たるため、事件に関連するドキュメンタリー映画の特別上映会を開きます。

日時:3月2日(土)10時~20時

会場:シネマハウス大塚(東京都豊島区巣鴨4―7―4―101。都立文教高校正門前。JR山手線大塚駅北口から徒歩7分)
 
上映スケジュール(入れ替え制):10時30分「西から昇った太陽」(キース・レイミンク監督 2018 日本初公開) 13時30分「死の灰/荒海に生きる」 15時30分「わたしの、終わらない旅」(坂田雅子監督 2014) 18時「西から昇った太陽」
 
料金:1回1000円(当日1500円)、大学生以下500円(当日700円)、通し券2500円

主催/チケット予約:公益財団法人第五福竜丸平和協会
         (電話:03-3521-8494、FAX03-3521-2900) 
  (岩)
2019.02.16  ■短信■
ピースデポ講演会
変わる朝鮮半島!日本の平和運動を問う

朝鮮半島の非核化と平和構築に向けて歴史的変化が起きている。この千載一遇の機会を活かすためには、日米韓の市民社会が果たす役割が重要である。こうした問題意識の下で、気鋭のジャーナリストの講演を軸に、今日の情勢における日本の平和運動のあり方について考える。

日時:2月17日(日)14時~16時(開場 13時30分)

会場:川崎市平和館屋内広場(川崎市中原区木月住吉町33-1。東急東横線・JR南武線、JR横須賀線の武蔵小杉駅から徒歩10分)

講師:太田昌克氏(ジャーナリスト、共同通信社編集委員〈論説委員兼務〉、早稲田大学客員教授、長崎大学客員教授。ボーン・上田記念国際記者賞、平和・協同ジャーナリスト基金賞を受賞)

資料代:500円(事前申し込み不要。どなたでも参加できます)

主催:NPO法人ピースデポ(平和資料協同組合)
℡:045-563-5101 E-mail:office@peacedepot.org
                            (岩)
2019.02.14  ■短信■
「日本近・現代秀作短編劇一〇〇本シリーズ」上演の完結迫る

演出家の川和孝(かわわ・たかし)氏が、1994年に始めた「日本近・現代秀作短編劇一〇〇本シリーズ」(「名作劇場」)の上演が、残り4作となった。この3月にあと2回目を迎える。100本シリーズは明治以来の短編新劇を、ベテラン・若手の演技者が年2回計4作づつ上演してきたもので、全作を川和氏が演出している。

既往の96作は、近代日本を代表する劇作家、小説家の作品群であり、新たに発掘された知られざる作品も含めて、各作品が時代を反映しており観客に様々な感慨をもたらす。

今回の上演概要は次の通りである。
    ■日 時 2019年3月12日(火)~16日(土)
    ■会 場 東京・両国シアターX(カイ)
    ■作 品 N0.97 作間謙二郎『犬を食ってはならない』
           N0.98 山田 時子『良縁』
    ■チケットなどの問い合わせは「オフィス樹 Tel&Fax0276-75-6878」へ。
    ■シアターX(カイ)のサイトに「日本近・現代秀作短編劇一〇〇本シリーズ」の詳細
      が掲出されている。http://www.theaterx.jp/19/190312-190316t.php        (半)
2019.02.11  ■短信■
          新崎盛暉さんの業績を振り返り引き継ぐ会

元沖縄大学学長・沖縄大学名誉教授の新崎盛暉(あらさき・もりてる)さんが2018年3月31日に死去、82歳でした。東京の生まれですが、両親が沖縄出身でした。1961年、東京大学文学部を卒業。都庁勤務のかたわら、評論家・中野好夫さんらが創設した「沖縄資料センター」の主任研究員として沖縄関係資料の収集に従事する一方、研究・評論活動を始めました。74年に沖縄に移住し、沖縄大学の教授、学長を務めました。この間、沖縄近現代史研究をけん引したほか、沖縄における市民・住民運動の理論的支柱といった役割を果たしました。
 一周忌を前に新崎さんの活動や業績を振り返りながらその志を引き継ぐ会が開かれます。

日時:3月16日(土)13時半開場
[第1部]14時~6時半(自由参加・予約不要)
会場:法政大が市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート5階 G503教室(JR中央線市ヶ谷駅または飯田橋駅下車)
資料代:500円
【パート1】「新崎盛暉さんの遺したもの」 糸数慶子さん(参院議員)、岡本厚さん( 岩波書店社長)、屋嘉宗彦さん(法政大学沖縄文化研究所前所長)
【パート2】「新崎盛暉さんを語り、引き継ぐ」 各界からのメッセージ
[第2部]懇親会 17時~19時(要予約)
会場:法政大学ボアソナードタワーB1 フォレストガーデン
参加費:3000円
予約方法:名前と電話番号・会社・学校名を明記の上、メールまたはFAXで3月5日までに「新崎盛暉さんを偲ぶ会・東京」(メールgalapyio@sepia.ocn.ne.jp FAX03-6479-1133)宛てに申し込む

主催:法政大学沖縄文化研究所
共催:新崎盛暉さんを偲ぶ会・東京
(岩)
2019.02.02 米騒動100年記念映画
■短信■
          「百年の蔵」上映会

 1918(大正7)年夏、富山県魚津町(現魚津市)の漁民の妻らが米の安売りを求めて米屋に押しかけた。これが報道されると、騒ぎが全国各地に波及し、おびただしい大衆が米屋、富豪、警察などを襲撃し、政府は警察や軍隊を出動させて鎮圧にあたった。これが「米騒動」と呼ばれた事件である。この騒動は1道3府38県の600カ所以上に及び、死者20数人、重傷者1000人余り、検挙者2万5000人にのぼったが、いまでは、民衆が政治の表舞台に躍り出た、いわば民主主義への第一歩を記した歴史的大事件であったとの見方も出ている。
 『百年の蔵』は米騒動から100年を記念して騒動の真相を探ったドキュメンタリー映画で、製作は映画「百年の蔵」制作委員会。90分。監督は神央さん、語りは佐藤B作さん。魚津市の市民や高校生らが出演している。

 期日:2月16日(土)~28日(木)。水曜日定休日。いずれも10:30~

 場所:シネマ・チュプキ・タバタ(東京都北区田端2-8-4。JR京浜東北線田端駅北口下車、徒歩5分)

座席:全25席、予約必要(03-6240-8480)。身体障害の方対応

問い合わせ先:映画「百年の蔵」制作委員会 奥野勝代さん(℡・Fax 0765-22-0580)
                                          (岩)
2018.12.08 『チリの闘い』
短信

3夜連続でドキュメンタリー映画「チリの闘い」
東京外国語大学の TUFS Cinema で

『チリの闘い』はパトリシオ・グスマン監督による三部構成のドキュメンタリー映画です。東西冷戦下の1970年、チリで選挙によって成立した世界初の社会主義政権が誕生し、サルバドール・アジェンデが大統領に就任しました。「反帝国主義」「平和革命」を掲げた政権は世界的な注目を集めましたが、その政策は国内の保守層、多国籍企業、そして米国政府との間に激しい軋轢を生み、チリの社会・経済は混乱に陥ります。1973年9月11日、陸軍のピノチェト将軍ら軍部が米国CIAの支援を受けて軍事クーターを起こします。アジェンダは自殺(諸説あり)。以後、チリは軍事独裁政権の下に置かれます。『チリの闘い』はこのチリにおける政治的緊張と社会主義政権の終焉を撮影したドキュメンタリーです。
映画が上映される TUFS Cinema は東京外国語大学が不定期に開催する世界諸地域の映画上映会のことです。

上映される映画の題名と日時は次の通りですが、会場はいずれも東京外国語大学アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール(東京都府中市朝日町3-11-1 西武多摩川線「多磨駅」から徒歩5分)です。

◆第1部「ブルジョアジーの叛乱」
12月12日(水)18:30~
上映後、映画評論家・遠山純生氏の講演
◆第2部」クーデター」
12月13日(木)18:30~
上映後、立教大学教員・飯島みどり氏の講演
◆第3部「民衆の力」
12月14日(金)18:30~
上映後、ジャーナリスト・伊高浩昭氏の講演

いずれも入場無料。先着順。申し込み不要(定員501名)
問い合わせは東京外国語大学総務企画課広報係(042-330-5150)へ
(岩)

2018.11.12 ■短信■
オウエンをさまざまな角度から照射
ロバアト・オウエン協会60周年記念研究集会


 ロバアト・オウエン協会は「ロバアト・オウエンを中心とする協同主義を研究し、協同組合その他同好の士と協力して協同思想の普及を図ること」を目的として1958年に創設された学術団体です。
 ロバアト・オウエン(1771-1858年)は英国の実業家・社会改革家でしたが、協同組合運動、教育問題、労働運動、社会主義、経営、技術革新、地域通貨といった面で先駆的な役割を果たし、世界の歴史に大きな影響を与えたとされています。そこで、ロバアト・オウエン協会は協会創設60周年を迎えたのを記念して、オウエンという人物をめぐって改めてさまざまな角度から照射する研究集会を開きます。「どなたでも自由に参加できる」とのことです。

日時: 2018年11月17日(土)13:30~17:30 
場所: 東京・四谷 プラザエフ5階会議室(JR四ツ谷駅前麹町口からすぐ)

第1部 オウエンの年表を作成して、および考えたこと
    13:35~14:00 米田大(会員、東京学芸大学後期大学院生)「1771~1814年」
    14:00~14:25 室井遥(会員、東京大学後期大学院生) 「1815~1834年」
    14:25~14:50 野末和夢(会員、一橋大学後期大学院生)「1835~1858年」
第2部 第1部報告へのコメント、オウエンについて特に着目してきたこと、及び討論・質疑
    15:00~15:20 土方直史(理事・中央大学名誉教授)「第1報告を中心に」
    15:20~15:40 中川雄一郎(会長・明治大学名誉教授)「第2報告を中心に」
    15:40~16:00 富沢賢治(理事・一橋大学名誉教授)「第3報告を中心に」
    16:00~16:20 白井厚(理事・慶応義塾大学名誉教授)「総括コメント」
    質疑・討論

参加費: 個人会員・団体会員所属は無料、一般は1000円
問い合わせ・申し込み:〒102-0085 東京都千代田区六番町15プラザエフ6F 生協総合研究所内 ロバアト・オウエン協会
noriko.nakamura@jccu.coop
Tel: 03-5216-6025 FAX: 03-5216-6030
   (岩)