2022.07.02  これからどう生きていったらいいのだろう?
■短信■
レイバー映画祭2022

 恒例の「レイバー映画祭」が、7月23日(土)、東京の全水道会館4階大会議室(JR水道橋駅東口、都営地下鉄三田線水道橋駅A1出口下車)で開かれます。
 レイバー映画祭は、一般の映画館ではなかなか上映される機会のない労働を主題とした映画を広く一般に紹介しようという目的で、「レイバーネット日本」(労働運動に関する情報を提供しているネットワーク)が始めた映画祭で、今年で15回目。
 今年の映画祭の狙いについて、レイバーネット日本は「2年以上続いてきたコロナ禍に加え、ロシアのウクライナ侵攻で、世界は大きく変わりました。日本の平和・民主主義・人権も重大な危機を迎えています。これからどう生きていったらいいのだろう? 今回も新作・話題作ぞろいでマスコミが伝えない『もう一つの真実』をお届けします」と言っています。

◆上映スケジュール
9.30 開場
10.00ー11.10
●『島がミサイル基地になるのか~若きハルサーたちの唄』(湯本雅典・60分)
11.10ー11.55
●『プラットフォームビジネス「自由な働き方」の罠』(制作PARC/監督土屋トカチ・35分)
11.55ー12.25
●『あの空に帰ろう! JAL争議団12年目のたたかい』(ビデオプレス・20分)
12.25ー13.00 昼休憩35分
13.00ー14.00
●『日本に飛べ 連帯の道を ~サンケン闘争』(韓国KBS・50分)
14.00ー15.10
●『これから 「関西生コン事件」と私たち(仮題)』(全日本建設運輸連帯労働組合 2022年・60分(予定))
15.10ー15.25 休憩15分
15.25ー16.55
●『テレビで会えない芸人』(四元良隆・牧祐樹 2021年・81分)
トーク 松元ヒロ(予定)
17.00 終了

◆主催・問い合わせ・予約:レイバーネット日本
℡ 03-3530-8588    ネット予約 http://labornetjp.jimdo.com
◆料金:一般当日は1700円。ただし前売・予約は1500円(予約締め切りは7月21日)。失業者・障がい者は1000円。学生・20歳以下は無料
(岩)
2022.06.01 ■短信■

 忘れまい60年安保闘争
  声なき声の会が3年ぶりに「6・15集会」

 62年前の日米安保条約改定阻止運動(60年安保闘争)の中で生まれた反戦市民グループ「声なき声の会」による恒例の「6・15集会」が、6月15日(水)に東京で開かれます。2020年、2021年はコロナ禍で中止せざるをえなかったので、今年は3年ぶりの集会です。だれでも参加できます。

 1957年に発足した岸信介・自民党内閣は日米安保条約改定案(新安保条約)の承認案件を60年の国会に上程。社会党(社民党の前身)、総評(連合の前身)、平和団体などが「条約改定で日本が戦争に巻き込まれる危険性が増す」と改定阻止運動を展開。これに対し自民党は衆院本会議で承認案件を強行採決。これに抗議する労組員、学生を中心とするデモが連日、国会議事堂を取り巻きました。
 千葉県柏市の画家、小林トミさんらが「普通のおばさんも気軽に参加できるデモを」と思い立ち、6月4日、「誰デモ入れる声なき声の会 皆さんおはいり下さい」と書いた幕を掲げ、新橋から国会に向けて歩き始めた。沿道にいた市民が次々と加わり、300人以上に。その人たちが結成したのが「声なき声の会」でした。
 6月15日には、全学連主流派の学生が国会南門から国会構内に突入、警官隊との衝突で東大生の樺美智子(かんば・みちこ)さんが死亡。抗議の声が渦巻く中、新安保条約は6月19日に自然承認となりました。
 その後、声なき声の会は「安保反対の運動があったことと、その渦中で樺美智子さんが亡くなったことを決して忘れまい」と、毎年6月15日に集会を開き、集会後、国会南門で樺さんを偲ぶ献花をしてきました。2003年に小林さんが他界してからも6・15集会と献花を続けてきました。集会は今年で60回目、献花は今年で62回目になります。

 今年の6・15集会の日時と会場は次の通り。
日時:6月15日(水)17時30分~19時00分
場所:参議院議員会館B104(地下1階)。参議院議員会館に入館するには入館証が必要。同会館入り口で、声なき声の会のメンバーが参加者に入館証を渡す。無料
献花:集会終了後の19時10分頃、国会南門で
(岩)
2022.04.23 3年ぶりの憲法大集会
■短信■
3年ぶりの憲法大集会
5月3日、東京・有明防災公園で

 今年は日本国憲法施行から75年。その記念すべき年の憲法記念日の5月3日に、護憲団体が総結集して「改憲発議許さない!守ろう平和といのちとくらし2022憲法大集会」が東京都江東区の東京臨海広域防災公園(有明防災公園)で開かれます。

 護憲団体が統一して憲法記念日に開く憲法大集会の第1回は、2015年に横浜市の臨海パークで開かれ、約3万人が集まりました。翌2016年から会場を東京の有明防災公園に移しましたが、以来、参加者が年々増え、2019年の第5回大集会には6万5000人が集まりました。しかし、2020年と2021年は新型コロナウイルスの感染拡大のため中止。したがって、今年の大集会は3年ぶりということになります。

 しかも、今年は、憲法をめぐるかつてない緊迫した空気の中で大集会が開かれます。というのは、昨年10月の総選挙で勝利した自民党、公明党、日本維新の会などの改憲派が、まず、来たる7月の参院選で3分の2議席の獲得を目指し、それが達成されたら、衆参両院での改憲発議を進めようと構えているからです。
 このため、憲法大集会を主催する実行委員会も集会名の冒頭に「改憲発議許さない!」と明記しました。さらに、実行委は大集会のスローガンとして10項目を掲げていますが、その中に「9条改憲発議を許さず、立憲主義の確立をめざします」という項目を含めています。

 集会は午後1時から。主催者あいさつの他、憲法審査会、ジェンダー、沖縄・日米地位協定、外国人・入管問題に関する報告などが予定されています。午後2時30分からパレード。

 有明防災公園は、りんかい線「国際展示場駅」から徒歩4分/ゆりかもめ「有明駅」から徒歩2分。

 連絡先は、平和といのちと人権を!5.3憲法集会実行委員会
 メールアドレス:info@kenpou2020.jp
(岩)

2022.04.02 今年の「さようなら原発集会」は4月16日
■短信■
今年の「さようなら原発集会」は4月16日
東京・亀戸中央公園で

 「さようなら原発」一千万署名市民の会は、4月16日(土)午後1時から、東京都江東区亀戸の亀戸中央公園で「福島原発事故から11年 4・16さようなら原発首都圏集会」を開催します。
 「さようなら原発」一千万署名市民の会は、2011年3月11日の東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所の爆発事故の直後に作家の大江健三郎、澤地久枝、落合恵子、ルポライターの鎌田慧、作曲家の坂本龍一の各氏らの呼びかけで生まれた脱原発を目指す市民団体です。それから毎年、東京都内で全国規模の「さようなら原発集会」を開いてきました。参加者は主催者発表によると、当初は6万人(2011年)、17万人(2012年)、その後は1万人から1万数千人です。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大という事態が生じたため、2020年はやむなく集会を中止せざるを得ませんでした。コロナ禍が続いた昨年(2021年)は、「密」を避けるため参加人数を1500人に制限して3月27日に日比谷公園大音楽堂で首都圏規模の集会を開きました。
 市民の会としては、今年もこれまで通り3月中に集会を開きたいと考えていましたが、3月21日まで、新型コロナウイルスまん延防止等重点措置が施行されていましたので、開催を重点措置解除後の4月16日に延ばしたとのことです。コロナ禍がまだ終息していないため、規模は首都圏集会となりました。

 集会は、毎年、市民の会のメインスローガンである「脱原発・持続可能で平和な社会をめざして」のほかに、その時々の緊急課題を掲げますが、今年は「再び福島の海を放射能で汚染するな」「原発の再稼働をやめよ」を前面に押し出しています。政府や電力会社が、福島第1原発の汚染水を海洋に放出しようとしているほか、全国各地で原発を再稼働させようとしているからです。

 集会会場の亀戸中央公園は、JR総武線亀戸駅から徒歩15分、あるいは東武亀戸線亀戸水神駅から徒歩2分です。
 連絡先は、さようなら原発1000万人アクション事務局(03-5289-8224)

(岩)
2022.02.24  労働者協同組合とは何か
■短信■
日本労協連がブックレット刊行

 2020年暮れに国会で成立した「労働者協同組合法」が今年10月1日に施行されるのを前に、日本労働者協同組合連合会編の岩波ブックレット『<必要>から始める仕事おこし 
 「協同労働」の可能性』が岩波書店から刊行されました。
 労働者協同組合とは、労働者が自ら出資し、経営に参加し、自ら働く事業体のことです。日本では、これまで労働者といえば資本家に雇われて働くというのが基本でした。ですから、こうした事業形態・労働形態が、「多様な就労の機会を創出することを促進し、もって持続可能で活力ある地域社会の実現に資するもの」として法的に認められたことは画期的なことです。労働者協同組合関係者の長年にわたる運動によって制定にこぎつけました。
 
 日本労働者協同組合連合会は、労働者協同組合の全国組織(就労者約1万6000人、事業高約350億円)ですが、ブックレット刊行の狙いについて「労協法施行で、協同労働に取り組み始める人が次々に生まれてくると思われますので、とくに新しく協同労働運動を始める人たちに、協同労働運動の根本思想と苦闘の歴史と労協法の意義などを伝えることを主眼に執筆しました」(労協新聞編集部・松沢常夫氏)と言っています。

 ブックレットは88ページ。定価 620円+税
 問い合わせ先=日本労働者協同組合連合会
  TEL:03-6907-8040  FAX:03-6907-8041  Email:rngukism@roukyou.gr.jp
                                      (岩)
2021.12.08 第1回未来の青少年活動を支えるフォーラム

■短信■

地域活動、世代間交流の成果を共有へ


 少子高齢化・過疎化と言い古され久しいなかで、今後の地域を担っていくのは⻘年と、将来⻘年になる青少年です。子どものうちに地域活動に触れ、また世代間流交流を経験することが、その後の人生や豊かな地域を築いていくうえで必要な経験や判断材料となり得ます。「第1回未来の⻘年活動を支えるフォーラム」は、 ⻘少年の地域活動や世代間交流の成果と課題を共有し、お互いに気づきを得て、学び合うことで、次代の青少年活動のきっかけにつなげていきます。
  
◆開催日時=12月12日(日)13時~16時30分
◆実践報告者・団体=福島県連合青年会、高知県青年団協議会、福井県キャンプ協会、ボーイスカウト埼玉県連盟みなみ地区戸田1団、法政大学社会教育実習生。コーディネーターは朝岡幸彦・東京農工大学農学研究院教授 
◆開催場所=日本青年館(東京都新宿区霞ヶ丘町4-1)、オンライン
◆参加経費=無料
◆定員=100人
◆主催=日本青年団協議会(日本青年館5階)
◆問い合わせ・申込み先=⽇本⻘年団協議会総務部
TEL:03-6452-9025  FAX:03-6452-9026  Email:jsc_soumu@dan.or.jp
(岩)

2021.11.23 ■短信■

         世界核被害者フォーラム2021開催へ
         世界の核兵器の被害者の声を集める

 国際NGOピースボートとICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン=2017年にノーベル平和賞を受賞)は12月2~3日(日本時間では12月3日)に「世界核被害者フォーラム2021」をオンラインで開催します。これは、世界の核兵器の被害者の声を集め、被害地域の状況を学び合い、その取り組みや行動について共有するための国際フォーラムです。太平洋、北米、ヨーロッパ、そして日本を含むアジアから、ウラン採掘、核実験、核兵器の生産、そして使用の被害者らが集まります。
 今年1月に発効した核兵器禁止条約は、第6条(被害者支援と環境修復)と第7条(国際協力と支援)で、核兵器の被害者に対する援助と環境の回復ならびにそのための国際協力について定めています。2022年3月にウィーンで開催される第1回締約国会議では、それらの義務の履行について議論されるとのことです。
 世界核被害者フォーラム2021は、この締約国会議に先立ち、核被害の当事者が声を上げ、今日何が必要とされているか国際的な議論を促すために開催されるものです。

 フォーラムのプログラムと参加方法は、以下のホームページを閲覧してほしい、とのことです。

https://nuclearsurvivors.org/jp/

 フォーラムは、事前登録の必要なく、誰でも視聴し参加することができるとのことです。問い合わせ先 WNSF2021@gmail.com
(岩)
2021.11.16 ■短信■

        被ばくの島マーシャルのサンゴと人と海と
             福竜丸展示館で企画展

 都立第五福竜丸展示館(東京都江東区夢の島2丁目、 夢の島公園内)で「被ばくの島マーシャルのサンゴと人と海と」と題する企画展が、2022年3月21日まで開かれています。
 平均海抜わずか2メートルの太平洋マーシャル諸島は、今世紀末に国土の80%が水没すると言われています。過去には、このマーシャル諸島で世界的な大事件がありました。1954年の「ビキニ被災事件」です。諸島内のビキニ環礁で米国の水爆実験が行われ、島民と、洋上で操業中だった静岡県焼津のマグロ漁船・第五福竜丸の乗組員が、水爆実験による放射性降下物を浴びて放射能症になりました。福竜丸無線長の久保山愛吉さんが死亡しました。
 気候変動と核兵器は、私たちが向き合わなければならない重大な問題です。
 会場では、フォトジャーナリストの島田興生さん、プロダイバー・環境活動家の武本匡弘さん撮影の写真と、両氏の解説により太平洋の島々に迫る危機を見ることが出来ます。

 ◆開館時間:9時30分~16時
 ◆休館日:月曜日
 ◆入館料:無料
 ◆交通:東京メトロ有楽町線・JR京葉線・りんかい線の「新木場駅」下車、徒歩10分
 ◆電話:03-3521-8494

 ★関連企画 映画&トーク
 日時:11月21日(日) 於第五福竜丸展示館
 映画上映:「故郷を追われて―核被害と温暖化のはざまに生きるマーシャルの人びと―」
 (坂田雅子監督最新作・30分)
 上映時間:①13:00(上映後、監督のトークあり) ②15:00
 参加:無料
(岩)
2021.11.15 ■短信■

      被爆者の足跡―被団協関連文書の歴史的研究から―

            昭和女子大の博物館で

 昭和女子大学光葉博物館(東京都世田谷区太子堂1丁目)で、11月27日(土)まで、「被爆者の足跡――被団協関連文書の歴史的研究から――」と題する特別展が開かれています。
 昭和女子大学では、人間文化学部歴史文化学科の学生たちが、2012年から、NPO法人ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会に協力して、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)に保管されている被爆者運動史料の整理・保存作業に取り組んできました。会場に展示されているのはその史料の一部です。
 同博物館は「戦後76年が経ち、戦争体験者も少なくなっていく現在において、被爆者の足跡を戦後史に位置づけて理解する本展示の試みが、戦争と平和について考えるきっかけの一つとなれば幸いです」と言っています。

 ◆展示内容
  序章  「あの日」から始まった被爆者の人生
  第Ⅰ部 戦後を生きる被爆者の歴史
  第Ⅱ部 調査で明らかになる被爆者の姿
  第Ⅲ部 「あの日」を背負って生きること
  終章  被爆者の足跡゛
 ◆休館日:日曜日・祝日
 ◆入場料:無料
 ◆交通:東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅下車南口Aより徒歩8分
(岩)
2021.09.16 ■短信■ 朝鮮戦争の終結と日朝国交正常化交渉の再開を
9・18日朝ピョンヤン宣言19周年集会

 今年は「日朝ピョンヤン宣言」が発表されてから19年になります。
この宣言は、2002年9月17日、当時の小泉純一郎首相が朝鮮民主主義人民共和国を訪問し、金正日国防委員長と合意したものです。内容は①双方は国交正常化を早期に実現するために努力する②日本側は過去の植民地支配について痛切な反省と心からのお詫びを表明③双方は国際法を遵守し、互いの安全を脅かす行動をとらない。朝鮮側は日本国民の生命と安全にかかわる懸案問題が再び起こらないよう適切な処置をとる④双方は北東アジア地域の平和と安定を維持、強化するため互いに協力する、というものでした。
 しかし、その後、拉致問題をめぐって両国関係が悪化し、宣言に盛られた課題は進展していません。
 このため、「朝鮮半島と日本に非核・平和の確立を!市民連帯行動」が次の要領で「日朝ピョンヤン宣言19周年集会」を開きますが、集会の狙いを「私たちは、日本政府が、東北アジアの平和のために積極的な役割を果たし、日朝ピョンヤン宣言を基礎に、不幸な過去の清算を基礎とした日朝国交正常化交渉の再開を速やかに実行することを要求します」としています。

日時:9月18日(土)午後2時開会(1時半開場)
場所:東京・文京区民センター3A(地下鉄「春日」または「後楽園」下車)
講演:猿田佐世さん(新外交イニシアチブ代表・弁護士)「バイデン米政権の東アジア政策」、梅林宏道さん(ピースデポ特別顧問・長崎大学客員教授)「米朝対話と日本の課題」
資料代:800円
定員:約100人。定員超過の場合は第2会場で実況中継。先着順。両会場合わせ200人を超えた場合は参加お断り。マスク着用
連絡先:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会(03-3526-2920、03-3221-4668、03-5842-5611)
(岩)