2020.06.13  今年は献花のみに
          声なき声の会の「6・15集会」

 6月15日が近づきました。毎年、この日には反戦市民グループ「声なき声の会」の主催で、東京都内で、60年安保闘争を記念する「6・15集会」が開かれ、その後、集会参加者が国会南門で同安保闘争の最中に亡くなった東大生樺美智子さんを追悼する献花をおこなってきましたが、今年は新型コロナウイリス問題が突発したため、「6・15集会」は中止となり、献花のみが行われることになりました。

 1960年1月に自民党の岸信介内閣が新安保条約案(日米安保条約を改定したもの)の承認を国会に上程したところ、社会党(社民党の前身)、共産党、総評(労働組合の全国組織)、平和団体などが「新安保条約で日本が戦争に巻き込まれる危険性が増す」などとして、安保改定阻止運動を起こしました。これが60年安保闘争です。5月に自民党が衆院本会議で新安保条約案を強行採決したことから、これに抗議する労組員や学生のデモ隊が連日、国会周辺につめかけました。
 そんな中で生まれたのが一般市民中心の「声なき声の会」でした。千葉県柏市の画家、小林トミさんらが市民に抗議デモへの参加を呼びかけたのがきっかけでした。
 6月15日には、全学連主流派の学生が国会構内に突入して警官隊と衝突、その混乱の中で、樺美智子さんが死亡しました。新安保条約は6月19日に自然承認となり、同月23日に発効、現在に至っています。

 新安保条約発効とともに安保闘争は急速に退潮していきました。しかし、小林さんは「安保条約に反対する運動をこれからも続けてゆこう。樺美智子さんのことも決して忘れまい」と決意し、61年から「6・15集会」と献花が始まりました。
 今年は60年安保闘争から60年になるので、集会もそれを記念したものになる予定でしたが、中止になったことで、声なき声の会は「コロナ騒動が収まった時点で集会が実視できるかどうか追求する」と言っています。
献花について、同会は「参加者の間隔を取りながら行う。6月15日(火)18時50分に地下鉄国会議事堂前駅改札に集合、19時に国会南門で献花」としています。
                (岩)

2020.03.14 ■短信 ■
           「ほぼ11AM劇場」へどうぞ
       山谷哲夫監督プロデュースのドキュメンタリー映画上映会


 優れたドキュメンタリー映画がつくられても、一般の映画館ではなかなか上映されないので、一般の人がそれを観る機会がない。そんな現状を憂えたドキュメンタリー映画監督の山谷哲夫さんが、東京・渋谷の映画館の協力を得て、3年前から同映画館でドキュメンタリー映画を上映する「ほぼ11AM劇場」を開催している。上映は午前10時45分からなので「ほぼ11AM劇場」というネーミングだ。
 今回の上映会は第4次で、以下の要領で開催される。

日時:3月20日(金・祝日)~26日(木)

会場:アップリンク渋谷(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階。JR渋谷駅から徒歩12分。文化村通りを抜け東急本店通りを経由し、セブンイレブンを越えた先。電話03-6825-5503)
 
上映スケジュール:
20日=「夜あるいはなにものかへの註」(千秋健監督、1977年)
21日=「天皇の名のもとに―南京大虐殺の真実」(クリスティン・チョイ+ナンシー・トン監督、1995年)+「沖縄のハルモニ」(山谷哲夫監督、1979年)
22日=「夜あるいはなにものかへの註」
23日=「在日―戦後50年史歴史編」(呉徳洙監督、1997年)
24日=「天皇の名のもとに―南京大虐殺の真実」+「沖縄のハルモニ」
25日=「夜あるいはなにものかへの註」
26日=「小三治」(康宇政監督、2009年)

定員:58人。各回入れ替え制、全席指定、満員の際は入場不可

チケット: 劇場オンライン(劇場HP https://shibuya.uplink.co.jp/)・劇場窓口にて販売
(岩)
2020.03.05 ■短信 ■
講演会:歴史の分岐点に立って、歴史認識からアジアの平和を考える

 安倍首相は政治の私物化を突っ走り、平気で嘘をつき平気で公文書を廃棄・改ざんし憲法改悪で平和主義の破壊を狙っています。安倍政治の本質は“戦争を厭わない歴史認識”にある。しかしその歴史認識は国民の平和意識と対極にあり、実は安倍政治の致命傷なのです。講演会では、「歴史認識から平和を考える」というテーマでお二人からお話をうかがいます。

日時:3 月 10 日(火) 午後6時 30 分~9時

場所:文京区民センター3 階・3A会議室(東京都文京区本郷 4-15-14 / TEL03-3814-6731。都営三田線・大江戸線の春日駅、東京メトロ丸ノ内線・東京メトロ南北線の後楽園駅下車)

講師:髙野孟さん(ザ・ジャーナル編集主幹) 演題「ポスト安倍の日本のアジア連帯戦略」
        前田哲男さん(軍事ジャーナリスト)   演題「13年間の重慶大爆撃訴訟から次の日中連帯・平和を展望する」

定員:300名。出席希望の方は早めにメール(murayamadanwa1995@ybb.ne.jp)でお申し込みを

資料代:500円

主催:重慶大爆撃の被害者と連帯する会・東京(代表・前田哲男) 連絡先は一瀬法律事務所・本永/もとながTEL03-3501-5558

協賛:村山首相談話を継続し発展させる会(理事長・藤田高景)
2020.02.26  ■短信■
          前川喜平さんが語る
       憲法・教育の今と日本の未来 


 モリ・カケ問題や公文書偽造で、首相官邸が大きく幅をきかす忖度政治が露見しました。官僚の上層部にいて面従腹背で生き抜いてきた前文部科学次官の前川喜平さんは、どんなことを見聞きしてきたのでしょうか。今は自由に全国で講演している前川さんの目には、憲法と政治と教育の姿はどう捉えられているのでしょうか。そして、この国の未来は?

日時:3月1日(日)13:00~16:00

会場:福生市民会館大ホール(青梅線牛浜駅東口下車徒歩5分)
 
参加費:499円(高校生以下無料) 託児あり(要予約)、手話通訳あり

チケット購入:東京土建西多摩支部(FAX番号042-555-5277)へ申込み(住所・氏名・連絡先・チケット枚数を記載)のうえ、郵便振替口座(記号番号:00170-0-673684 口座名義:市民アクション@東京25)へご入金ください

問い合わせ:東京土建西多摩支部(042-555-5221) 東京土建多摩西部支部(042-535-3332)

主催:平和大好き!市民アクション@東京25
                                           (岩)
2020.02.25   ■短信■

      4年に一度の2月29日に絵本『そもそもオリンピツク』を語ろう
      ありかHoleオープニング企画第一弾 


 単館系インディペンデントの映画館として知られる東京・東中野のポレポレ坐が入っているビル7階に新たなギュラリースペースが誕生し、こけら落としとして、このほど玉川大学出版部から刊行された『そもそもオリンピツク』の出版記念イベントを行います。
 同書は、日本人初のオリンピツク金メダリスト、三段跳びの織田幹雄の活躍を描いた絵本で、作者は詩人のアーサー・ピナードさんと画家のスズキコージさんです。記念イベントでは、おふたりのトークがあります。会場には原画も展示されます。

日時:2月29日(土)
第1回14:00~16:00/第2回18:00~20:00

会場:ありかHole(ホール)(ポレポレ坐ビル7F、JR総武線東中野駅西口から徒歩1分、都営地下鉄大江戸線東中野駅A1出口から徒歩1分)
 
定員:各回50名ずつ

参加費:前売り2500円、当日3000円 *1ドリンク付き

申込み:ポレポレタイムス社まで TEL03-3227-1405 FAX03-3227-1406

主催:ポレポレタイムス社

協賛:玉川大学出版部
                             (岩)
2020.02.19 北東アジアの非核化と平和について市民社会がなすべきこと
■短信■
     ピースデポが講演会

「市民の活動に役立つ平和問題のシンクタンク」を目指して平和問題に関する系統的な情報・調査研究活動を続けているNPO法人ピースデポ(平和資料協同組合)による講演会です。
日時:2月22日(土)14:00~16:30

会場:明治学院大学白金校舎本館1253教室(白金台駅2番出口、白金高輪駅1番出口、高輪
   台駅A2番出口から徒歩7分)

講師:グレゴリー・カラーキー氏(憂慮する科学者同盟:UCS)
   米国メリーランド州立大学で政府・政治学博士号取得。国際教育交流協議会の中国
   担当デイレクター、グリーン・マウンテン大学准教授を経て、2002年にUCSに
   参加。専門は中国の核兵器政策、宇宙計画(遂次通訳)
   梅林宏道氏(ピースデポ特別顧問)
   長崎大学核兵器廃絶研究センター初代センター長、ピースデポ設立者・元代表、核
   軍縮・不拡散議員連盟東アジアコーデイネーター

資料代:500円(事前申込み不要)

主催:NPO法人ピースデポ(平和資料協同組合) 電話045-563-5101

後援:明治学院大学国際平和研究所

なお、ピースデポは同日10:30から明治学院大学白金校舎本館81会議室で第21回総会を開催するが、これにはどなたでも参加できる。
                                   (岩)
2020.02.15  自衛隊中東派遣に反対し閣議決定の撤回を求める集会
■短信■

今回の中東派遣、どんな問題がある?

 私たちは、昨年12月12日に自衛隊の中東派遣の閣議決定に反対する声明を発表しましたが、こうした今回の中東派遣の法的問題やその危険性について広く知ってもらおうと、本集会を企画しました。

日時:2月20日(木)18:30~

会場:東京の文京区民センター 3―A(都営三田線・大江戸線春日駅、東京メトロ丸ノ内線後楽園駅、東京メトロ南北線後楽園駅から2分~5分)
 
講演1:「自衛隊の実態、中東情勢について」半田 滋氏
東京新聞論説兼編集委員。獨協大学非常勤講師、法政大学兼任講師、1992年から防衛庁取材を担当。2007年、東京・中日新聞連載の「新防人考」で平和・協同ジャーナリスト基金賞(大賞)を受賞

講演2:「憲法的視点から中東派遣を考える」永山茂樹氏
東海大学法学部教授(憲法学)。一橋大学・同大学院法学研究科修了、青年法律家協会前議長

連帯挨拶:各党から

資料代:500円

共催:改憲問題対策法律家6団体連絡会(社会文化法律センター、自由法曹団、青年法律家協会弁護士学者合同部会、日本国際法律家協会、日本反核法律家協会、日本民主法律家協会)
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

問い合わせ先:日本民主法律家協会(03-5367-5430)
                                             (岩)
2020.02.12  3・1ビキニ記念のつどい2020
映画とお話「ビキニの海は忘れない」 

 3月1日はビキニデー。1954年3月1日に太平洋のビキニ環礁で行われた米国の水爆実験で静岡県焼津港所属のマグロ漁船・第五福竜丸の乗組員と周辺の島々の住民が被ばくしたビキニ被災事件を忘れないために設けられた記念日です。第五福竜丸を展示している都立展示館(東京・夢の島)を管理している公益財団法人第五福竜丸平和協会は毎年、この日の前後に記念のつどいを行ってきましたが、今年は、事件に関連する「映画とお話」を催します。

日時:2月24日(月・祝日)13:30~16:30

会場:夢の島マリーナ 2階会議室(東京都江東区夢の島3―2―1。新木場駅から徒歩15分)
 
映画上映:『ビキニの海は忘れない』(森康行監督、1990年)ビキニで被ばくしたのは第五福竜丸だけではなかった。高知県の高校生たちが、地元の漁師たちに聞き取り調査をし、第五福竜丸以外にも多くの漁船も被災していたことを明らかにした。その高校生たちを追ったドキュメンタリー

お話:岡村啓佐さん。平和資料館「草の家」副館長、太平洋核被災支援センター副代表。2018年に写真集「NO NUKES ビキニの海は忘れない」を出版
 
資料代:500円(予約不要)

主催/問い合わせ:公益財団法人第五福竜丸平和協会(電話:03-3521-8494)

★なお、この日午前10時から、特別企画として同じ会場で劇映画『第五福竜丸』(新藤兼人監督)の上映がある。入場料500円
(岩)
2020.01.23 短信
日本大学経済学部 中国・アジア研究センター主催 国際シンポジウム
  ユーラシア新興市場国における国家と市場:中国,ロシア,中東欧諸国の比較研究

日時: 2020年1月25日(土曜日)
場所: 日本大学経済学部7号館 2階 講堂
   https://www.eco.nihon-u.ac.jp/access/
     
プログラム(使用言語:英語)

第1部 中東欧諸国における国家と市場
司会:池本修一(日本大学)
10:00 開会挨拶・趣旨説明 池本修一
10:05 盛田常夫(立山ハンガリー研究所)
“Whither Transformation? –Change and Legacy in the Socio-Economic System”
10:50 Peter Bod (Corvinus University of Budapest)
“From Command Economy to (Periphery) Capitalism-Lessons from 3 Decades
of Socio-Economic Transition of Hungary”
11:35 Martin Potůček (Charles University)
“The State and Market in the Post-Communist Czech Republic”
12:20 昼食休憩

第2部 ロシア・中国・中欧における国家主導型の経済発展
司会:井尻直彦(日本大学)
13:15 日臺健雄(和光大学)
“State Capitalism in Russia: Theoretical History and Current Situation”
13:45 渡邉真理子(学習院大学)
“State and Capital in China: Politics, Law and Corporate Strategy”
14:15 杉浦史和(帝京大学)
“The Transition to a Knowledge Economy and Russia's State Capitalism”
14:45 池本修一
“The Strategy of Catch-up Industrialization in CEE”
15:15 休憩

第3部 ミニシンポジウム「ロシア・中東欧における国家と市場の相克」
司会:井尻直彦
15:30 岩﨑一郎(一橋大学)
“Four Lessens from the Transition Studies”
16:00 溝端佐登史(京都大学)
“Corporate Structure and State-permeation in Russia”
16:30 コメント
     盛田常夫,Peter Bod,Martin Potůček
17:30 閉会の挨拶 池本修一
2019.12.12 キューバ革命60年
■短信■

キューバ革命60年の成果とラテンアメリカ
本郷文化フォーラム・ワーカーズスクール2019年度後期講座


日時:12月14日(土)13:00~16:30

会場:本郷文化フォーラムホール(東京都文京区本郷3-29-10 飯島ビル1F。
最寄駅=地下鉄本郷三丁目)

講師:富山栄子・国際交流平和フォーラム代表

受講料:1500円、学生1000円

問い合わせ:本郷文化フォーラム・ワーカーズスクール(HOWS)
TEL03-5804-1656 FAX03-5804-1609 

 トランプ政権が、キューバ、ニカラグア、ベネズエラに敵視政策をとっている背景には、ラテンアメリカの独立と主権、自決権確立のための諸国民の闘争が勝利している現実があります。
 対キューバ封鎖政策は半世紀以上続いています。ニカラグアにはNICA法、ベネズエラには軍事的にも脅迫し、政権転覆を仕掛けています。
 60年代にエルネスト・ゲバラが「2つ、3つのベトナムを」と言ったように、21世紀、ラテンアメリカ・カリブ海地域では米国の政権が押し返すことのできない諸国民の運動が進行しています。
 私たちは商業紙が伝える現象面だけをみて、19世紀の独立戦争以来の歴史的教訓を見過ごすことはできません。今回はチャベス政権の勝利を映像(『人民のために闘いを挑む――ウーゴ・チャベス』。2005年、小川町シネクラブ制作、43分)で見ながら、そして現地からの声をききながら、商業メディアによる歪曲と世論誘導を見抜く視点を探ります。(講師からの一言)
(岩)