2019.12.12 キューバ革命60年
■短信■

キューバ革命60年の成果とラテンアメリカ
本郷文化フォーラム・ワーカーズスクール2019年度後期講座


日時:12月14日(土)13:00~16:30

会場:本郷文化フォーラムホール(東京都文京区本郷3-29-10 飯島ビル1F。
最寄駅=地下鉄本郷三丁目)

講師:富山栄子・国際交流平和フォーラム代表

受講料:1500円、学生1000円

問い合わせ:本郷文化フォーラム・ワーカーズスクール(HOWS)
TEL03-5804-1656 FAX03-5804-1609 

 トランプ政権が、キューバ、ニカラグア、ベネズエラに敵視政策をとっている背景には、ラテンアメリカの独立と主権、自決権確立のための諸国民の闘争が勝利している現実があります。
 対キューバ封鎖政策は半世紀以上続いています。ニカラグアにはNICA法、ベネズエラには軍事的にも脅迫し、政権転覆を仕掛けています。
 60年代にエルネスト・ゲバラが「2つ、3つのベトナムを」と言ったように、21世紀、ラテンアメリカ・カリブ海地域では米国の政権が押し返すことのできない諸国民の運動が進行しています。
 私たちは商業紙が伝える現象面だけをみて、19世紀の独立戦争以来の歴史的教訓を見過ごすことはできません。今回はチャベス政権の勝利を映像(『人民のために闘いを挑む――ウーゴ・チャベス』。2005年、小川町シネクラブ制作、43分)で見ながら、そして現地からの声をききながら、商業メディアによる歪曲と世論誘導を見抜く視点を探ります。(講師からの一言)
(岩)
2019.12.07 ビキニの海は忘れない

■短信■

写真展・ビキニの海は忘れない
漁師たちの証言とポートレート


 1954年3月、静岡県焼津港所属のまぐろ漁船・第五福竜丸の乗組員が太平洋で操業中、ビキニ環礁で行われた米国の水爆実験で「死の灰」を浴び、被ばくした。だが、この水爆実験で被災したのは第五福竜丸乗組員だけではなかった。
 1983年、高知県で高校生の自主ゼミ「幡多高校ゼミナール」が発足。高校生たちによる調査で、第五福竜丸乗組員以外にも当時、太平洋で操業、航行していた漁船が多数あり、その乗組員たちも被ばくしていたことがわかり、高校生たちは船員たちへの聞き取りを始める。
その後、高校生以外の人たちも調査に加わり、いまでは、水爆実験による被災船は1000隻を超えるとされている。
 今回の写真展は、高知県在住の岡村啓佐氏(平和資料館「草の家」副館長)による50人の漁師たちへのインタビューと写真を中心に、改めて太平洋核実験被災を問い直そうという展覧会である。会期中、映画「ビキニの海は忘れない」(1990年、森康行監督作品)の上映会(2020年2月24日)もある。

会期: 2020年3月10日(火)まで。月曜休館

会場: 都立第五福竜丸展示館(東京都江東区夢の島2-1-1 夢の島公園内。JR京葉線、メトロ有楽町、りんかい線新木場駅から徒歩10分)

入館料: 無料

主催・問い合わせ: 第五福竜丸平和協会(℡ 03-3521-8494)

(岩)

2019.11.28 ■短信
討論集会・日韓関係改善の道

 2019年7月に、日本政府が韓国に対する「輸出規制」を宣言して以降、日韓関係は悪化の一途をたどっています。私たちは、7月25日、このような日本政府の対応を懸念し、声明「韓国は「敵」なのか」を、およそ80名の呼びかけ人で出しました。その後も、日韓双方の様々な試み、あるいは外交的努力などもありながら、状況は改善しないままです。
  10月10日、私たちの声明に応答する形で、韓国で105名の署名によって、声明「東アジアにおける平和の進展のために」が出されました。
  ここで、日韓市民による、問題の共有と、解決のための討議の可能性が生まれたと考えます。そこで私たちは、韓国側声明を読み、どう応答するか、また問題の根源というべき日韓基本条約(体制)をどう捉え、どう変えていくか、討論する場をつくりたいと考えました。
  ぜひ積極的にご参加ください。

 *日時 12月1日(日) 13時開場 13時半開会 16時半閉会
 *会場 日本教育会館第5会議室(東京都千代田区一ツ橋2丁目。地下鉄都営新宿線・東
     京メトロ半蔵門線神保町駅下車)
 *主催 声明「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人世話人
 *資料代 1000円
  
  (予定) 
 第一部 韓国側声明にどう応答するか(13時30分~14時30分)
    (問題提起)和田春樹(東京大学名誉教授) 
    (コメント)内田雅敏(弁護士)、田中宏(一橋大学名誉教授)
 
  第二部 日韓条約・「徴用工」・ジャーナリズム(14時30分~16時30分)(そ
     れぞれ問題提起)
     ① 日韓条約(体制) 木宮正史(東京大学教授)、
                 吉澤文寿(新潟国際情報大学教授)
     ② 大法院判決と徴用工問題 外村大(東京大学教授)、矢野秀喜(朝鮮人強制
                 労働被害者補償立法をめざす日韓共同行動事務局長)
     ③ ジャーナリズムの問題 南彰(新聞労連委員長)
                                     
(岩)

2019.11.18 ■短信■
  今こそ「憲法の力」をつけよう!安倍改憲に終止符を打つために
       11・29映画人九条の会15周年の集い


 7月の参院選で改憲勢力は3分の2を割り込みました。しかし改憲に異常な執念を燃やす安倍政権は改憲をあきらめず、野党の分断を狙うなどさまざまな改憲策動を繰り返しています。憲法の危機はまだ続いています。
 映画人九条の会15周年の集いは記念講演の講師として、伊藤塾塾長、日弁連憲法問題対策副本部長であり、“憲法の伝道師”として憲法の価値を実現すべく様々な活動を行っている伊藤真弁護士をお招きし、「今こそ『憲法の力』をつけよう!~安倍改憲に終止符を打つために」を存分に語っていただきます。ぜひご参加ください。

日時:11月29日(金)18:50~20:30

場所:東京・文京シビックセンター4階・シルバーホール(地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分/都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分)

資料代:700円

主催:映画人九条の会
℡ 03-5689-3970 fax03-5689-9585 メール:webmaster@kenpo-9.net
(岩)
2019.11.13 ■短信■
「全国首長九条の会」結成のつどい
すでに120人を超える首長、経験者が賛同


 全国の住民ともっとも密接な行政機関の長として、住民の生命・財産を守る仕事に携わっている首長とその経験者による「全国首長九条の会」が結成されます。平和国家日本を後世に引き継いでいくために、所属や立場、信条の違いを超え、「憲法9条擁護」の一点で手を携える会です。
 すでに結成に対し120人を超える首長、経験者の方々が賛同されています。多くの市民のみなさんも是非結成のつどいに参加され、首長とその経験者のみなさんの訴えをお聞きください。

日時:11月17日(日)午後1時30分開会

会場:東京・御茶ノ水の明治大学リバティータワー1011教室

第一部:
●「首長九条の会」への期待 
朝倉むつ子さん(九条の会世話人・早稲田大学名誉教授)
●首長・元首長が語る「私と憲法」
千田謙蔵さん(元秋田県横手市長)、村上達也さん(元茨城県東海村長)、松下玲子さん(現東京都武蔵野市長)、上原公子さん(元東京都国立市長)他

第二部:結成総会

資料代:1000円

申し込み・連絡先:参加希望の方は下記に申し込んでください。
九条の会:℡ 03-3221-5075 fax03-3221-5076 メール:sppn3av9@hyper.ocn.ne.jp
(岩)
2019.11.09 ■短信■
        STOP!!東海第二原発の再稼働
            いばらき大集会


 今年2月に日本原電は東海第二原発の再稼働をめざすと明言しました。
 東海第二原発の再稼働は、この地に今生きる人も子どもたちの未来にとっても、大きな災厄を抱え込むことになります。福島第一原発事故で明らかになったように、その災厄とは、避けられない過酷事故の発生と大地と海洋の放射能汚染、人をはじめとする生き物の放射線被ばくであり、結果としての国土の喪失、ふるさと喪失であり、私たちはすべてを失います。
 東海第二原発は高い人口密度をもつ地域に立地し、首都圏に一番近い原発です。ひとたび事故が起これば、被ばくなしで避難はできないし、避難先に長くとどまることもできません。首都は壊滅です。周辺30キロ圏内の自治体に求められている実効性ある避難計画の策定は困難を極めており、原発を再稼働しないことが最も安全だと、誰しも思っています。
 東海第二原発は1978年11月28日の営業運転開始から起算し、本年11月をもって41年目になる老朽化した原発であり、このような原発を絶対に動かしてはならないのです。

日時:11月16日(土)13:30~15:30 。15:50からアピール行動(デモ)

会場:駿優教育会館8階音楽ホール(茨城県水戸市三の丸1-1-42。TEL029-227-5552)

参加費:無料。どなたでも参加いただけます

主催:STOP!!東海第二原発の再稼働いばらき大集会実行委員会

問い合わせ:原発いらない茨城アクション実行委員会事務局
TEL 029-221-6811(相楽) 029-282-3619(相沢) 029-231-4555(花山) 029-251-2806(木村)
(岩)
2019.09.21 ■短信■
   くじらのような大きな船の音楽会
   ひびきあう第五福竜丸のしらべ

きれいな海にやってきたいっそうのマグロ漁船と、いっとうの大きなくじら。
漁師さんとくじらは、見たことのない大きな大きな太陽を見た……。
くじらは考えた。きれいな海を、大切ないのちを守るには……。
アメリカの水爆実験で被ばくした第五福竜丸とくじらの物語をピアノとチェロの演奏にのせて語ります。

日時:10月12日(土)。17:00 開演

会場:都立第五福竜丸展示館内特設ステージ
   東京都江東区夢の島2-1-1 夢の島公園内 電話03-3521-8494
JR京葉線、メトロ有楽町線、りんかい線の新木場駅から徒歩10分

前半:ピアノとチェロの美しい調べ
   崔善愛(チェ ソンエ)さんのピアノと三宅進さんのチェロ。曲目(予定)はサンサーンス「白鳥」、フォーレ「夢の中に」、林光「裸の島」、ショパン「革命のエチュード」「別れの曲」ほか

後半:音楽朗読劇「くじらのこえ なみのこえ」
   脚本/山谷典子 演出・出演/辻暉猛、斉藤とも子 ビアノ/崔善愛 チェロ/三宅進

入場料:子ども1500円(小学生~高校生。未就学児はご遠慮ください)
    大人3000円

ご予約:電話03-3521-8494 FAX03-3521-2900 Web http//d5f.org 
                                                        (岩)
 

                                                            
2019.09.14 ■短信■
 四國五郎展
 創作の原動力は戦争への怒りと悲しみだった

近年、広島出身の画家、四國五郎(1924-2004)が注目を集めています。
彼は、3年間のシベリア抑留を経験しました。栄養失調と酷寒のなかでの重労働で体を壊しますが、療養中の病院で得意な絵が認められ、壁新聞や雑誌の表紙、挿絵に腕を振るいます。1948年に帰国後、広島に復員し弟の被爆死を知り、これをきっかけに、平和を望む創作活動が始まります。
 記憶が薄れないうちにと描いた1000ページにも及ぶ「わが青春の記録」。原爆詩人・峠三吉との共作「辻詩」。平和を祈念する数々の母子像。さらに、67歳にして参加したシベリアへの墓参・慰霊の旅を契機に描き始めたシベリア抑留の油彩や水彩などがあります。
四國五郎展では、これらの作品が展示されます。

会場:平和祈念展示資料館(総務省委託)
   新宿住友ビル33階(東京都新宿区西新宿2-6-1。℡ 03-5323-8709)
都営大江戸線都庁前駅から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
   JR線、小田急線、京王線の新宿駅西口から徒歩10分

日時:10月1日(火)~12月27日(金)。9:30~17:30 (入館は17:00まで)

休館日:毎週月曜日 (月曜日が祝日の場合は火曜日)

入館:無料

                                            (岩)
2019.09.07  ■短信■
   緊急講演会
  「日韓関係を破壊する安倍政権」


日本政府は、8月2日、韓国をホワイト国から除外する閣議決定をしました。この措置は韓国経済に打撃を与えることを狙って経産省と官邸が結託して強行したものです。
 6日、安倍首相は元徴用工問題を念頭に韓国について「最大の問題は、国家間の約束を守るかどうかという信頼の問題だ」「日韓請求権協定に違反する行為を一方的に行い、国交正常化の基盤となった国際条約を破っている」と韓国側を非難しました。
 しかし、日韓請求権協定では、確かに両国間の請求権の問題は最終的かつ完全に解決しましたが、「いわゆる個人の財産・請求権そのものを国内法的な意味で消滅させたものではない」ことは日本政府も一貫して認めているところです。安倍首相の発言はこれまでの政府見解を覆すもので絶対に許されません。
 私たちは、1995年の村山富市首相談話の歴史認識を踏まえ、1998年に金大中大統領と小渕恵三首相の間で締結された「日韓共同宣言」や2010年の菅直人首相談話を出発点にすえて冷静な対話を行うことを訴えます。
 この緊急事態を受けて、アジア外交についての第一人者である浅井基文氏から「日韓関係を破壊する安倍政権」というテーマで、講演をしていただきます。

日時:9月10日(火)午後6時~9時

場所:港区立商工会館2階研修室(TEL 03-3433-0862)
 東京都港区海岸1-4-28 JR浜松町駅北口から徒歩7分

講師:浅井基文さん(元広島平和研究所所長)

資料代:500円

主催:重慶大爆撃の被害者と連帯する会・東京
   重慶大爆撃訴訟弁護団(連絡先:弁護団事務局 TEL03-3501-5558)
   村山談話を継承し発展させる会(TEL 090-8808-5000)
                                                 (岩)


2019.09.06  ■短信■
     2019年キューバ友好フォーラム
     「変貌するラテンアメリカ」

ラテンアメリカで大変化が進行し、世界の注目を集めています。
ラテンアメリカと言えば、かつては軍事政権が多い地域というイメージが強かったが、20世紀末ごろから、左派・中道左派政権の誕生が相次ぎ、21世紀初めにはラテンアメリカ諸国の半分近くが、そうした政権になったと言われたものです。
が、2013年ごろから、左派・中道左派政権の退潮が始まり、2015年には、アルゼンチンで中道左派政権に代わって中道右派政権が登場、ベネズエラでは、マドゥロ左派政権が総選挙で野党連合に大敗しました。2019年初頭には、それまで左派政権が続いていたブラジルで極右政権が誕生ました。その一方で、メキシコでは、2018年暮れ、左派政権が誕生しました。
キューバは2015年に米国と54年ぶりに国交を回復しましたが、国交回復を推進したオバマ政権に代わって登場したトランプ政権はキューバ敵視政策に転換、両国関係は悪化の一途をたどっています。
こうした変化をもたらしたものは何なのか、これからラテンアメリカはどこへ向かうのか。この地域の情勢に詳しい2人の学者が、ラテンアメリカの最新の状況と展望を語ります。

日時:9月7日(土)13:30~16:30 開場13:00

会場:日本記者クラブ大会議室(TEL 03-3503-2721)
 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンター9階
東京メトロ千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」C出口、丸ノ内線「霞ヶ関駅」B2出口、  都営三田線「内幸町駅」A7出口、JR「新橋駅」日比谷口(SL広場側出口)

講演1:所 康弘・明治大学准教授「ラテンアメリカはいま:グローバル資本主義の視点からみる」
講演2:舛方周一郎・神田外語大学専任講師「ラテンアメリカにおける民主主義の後退? ブラジル・ボルソナーロ政権成立とイリベラル反動を中心に」

報告1:山田太枝・キューバ友好円卓会議会員「2019年メーデー国際ブリガーダに参加して」
報告2:安田 清・キューバ友好円卓会議会員「ピースボート乗船顛末記」   

参加費:1000円(会員500円)  事前申し込みは必要ありません

主催・問い合わせ先:キューバ友好円卓会議
FAX03-3415-9292 e-mail:cuba.entaku.0803@gmail.com
                                           (岩)