2018.06.16  ■短信■
          没後10年特別企画 土本典昭特集
          ~土本典昭と同時代を生きた仲間たち~

 土本典昭(つちもと・のりあき)は記録映画作家。1928年岐阜県生まれ。岩波映画製作所を経て、1963年、国鉄の機関助士の過酷な労働を浮き彫りにしたドキュメンタリー映画『ある機関助士』でデビュー。その後、タクシー運転手の労働実態を追った『ドキュメント路上』、60年代の学生運動を追った『パルチザン前史』などを発表した後、1970年代から水俣病問題に取り組み、『水俣―患者さんとその世界―』など水俣シリーズ17本をつくった。これらの連作を製作するにあたっては、水俣で家を借り、現地の人びとと生活をともにしながら撮影した。
 『よみがえれカレーズ』などアフガニスタンに関する作品が3本ある。2008年死去。
 期間中、土本作品27のほか、東陽一、小川紳介、小池征人、本橋成一、熊谷博子、藤本幸久ら同時代を生きた仲間たちの作品17本が上映される。

 とき: 6月16日(土)~29日(金)

 会場: ポレポレ東中野
     東京のJR東中野駅西口改札北側出口から徒歩1分。電話03-3371-0088

 料金: 前売=フリーパス(限定20枚 )20000円/3回券3300円。当日=一般1500円/大学・専門・シニア1200円/高校生以下1000円

 主催: シグロ+ポレポレ東中野
 企画: 旧土本スタッフ有志一同
                                          (岩)

2018.03.31 ■短信■
竹村淳トーク&ライブ
人間の尊厳を護りぬくために歌で戦争にN0を!


 音楽ジャーナリストの竹村淳さん(ラテン音楽パラダイス塾主宰)が、近く『反戦歌 戦争に立ち向かった歌たち』を株式会社テイクオフ(Tel&Fax 042-582-4047)から出版しますが、それを記念して「竹村淳トーク&ライブ」を催します。会場では、世界各国で歌い継がれてきた反戦歌について語り、歌います。本書のあとがきには次のように書かれています。
「米国政府発表ではベトナム戦争の戦費は3,520億米ドル。 米国がベトナム戦争から撤退した1973年のドルと円の交換レートはたしか1USドル=¥300だったと記憶する。だとするとあの戦争で米国は邦貨にして約105兆6,000億円も空費したことになる。その上、米兵約5万8千人と南北両ベトナム軍の兵士約146万2千人が戦死。それに約400万人が負傷、209万4千人が行方不明、さらに南北双方の約458万超の民間人が死亡したとされる。これだけでも戦争は愚挙だとわかるというものだ。それなのに太平洋戦争で辛酸を舐めたことも忘れ、またぞろ日本を戦争ができる国にしようと画策する心ない人たちに、そんなヤボをなんとしても思い止まらせたいと思う。そのために一人でも多くの人に、本書で取り上げた人類の叡智といえる反戦歌の傑作をとおして戦争の惨たらしさや空しさを知っていただき、様ざまな方法で発信・拡散していただき、戦争は嫌だ!と願う仲間を増やしてもらいたいと思う」  

 とき:4月7日(土)午後2時15分~
 会場:Cafe y Liblos(カフェ・イ・リブロス)
東京都品川区上大崎2-20-4。JR目黒駅西口を出て恵比寿駅方面徒歩5分。
電話03-6228-0234
出演:竹村淳(トーク&司会進行)、ヒロオオタニ(唄)、レイ・アルフォンソ川田(唄&ギター)、河上美春(唄)
 入場料:3500円(ドリンク+おつまみ付)
                                          (岩)

2018.03.11 講演会のお知らせ
 
主催:日本大学経済学部中国アジア研究センター研究会

日時:2018年3月22日18:00-19:30
場所:日本大学経済学部7号館9階7091教室
http://www.eco.nihon-u.ac.jp/access/
講演者:盛田常夫氏(ハンガリー在住、元法政大学教授)
テーマ:「体制転換か、体制移行か - 社会経済分析手法の批判的検討」
幹事:池本修一・日本大学経済学部
連絡先: ikemoto.shuichi@nihon-u.ac.jp (参加申込は必要ありません)


盛田常夫氏講演会
2018.02.24   ▇短信▇
    東京⇔沖縄 池袋モンパルナスとニシムイ美術村
   板橋区立美術館で東京と沖縄の文化交流を展示

 1930年代の東京・池袋周辺にはアトリエ付き住宅が立ち並び、その様子はパリの芸術家街になぞらえ「池袋モンパルナス」と呼ばれた。そこには、北海道から沖縄まで各地から上京した芸術家の卵が集い、切磋琢磨しながら新たな表現を模索する。隣接する落合にも佐伯祐三、松本竣介や沖縄出身の名渡山愛順らの画家、文学者、音楽家たちが居を構えていた。しかし、太平洋戦争はこうした営みを一変させ、自由な作品発表の場は失われた。戦後、「池袋モンパルナス」は再建され、新たな美術運動の発信の場となった。
 一方、沖縄でも名渡山らを中心に、1948年に「ニシムイ美術村」が那覇・首里に建設され、画家や彫刻家、文化人がここに集い、戦後沖縄の美術と文化の展開に主導的な役割を果たした。
 会場には、池袋モンパルナスとニシムイ美術村に集まった芸術家の作品約90点を展示し、2つのアトリエ村の概要と意義を明らかにするとともに東京と沖縄の文化交流の一断面を紹介する。

 期間:2月24日(土)~4月15日(日)
     9時30分~17時 月曜日は休館
 
 会場:板橋区立美術館(東京都板橋区赤塚5-34-27。℡03-3979-3251)
       路線バス=東武東上線成増駅北口2番のりば「増17区立美術館経由高島平操作場」
              行き「区立美術館」下車、
       都営三田線高島平駅西口2番のりば「増17区立美術館経由成増駅北口」行き
             「区立美術館」下車
 
 観覧料:一般650円、高校・大学生450円。小・中学生200円

 主催:板橋区立美術館、共同通信社
                                (岩)
2018.02.10 ▇短信▇
未来へと伝えたい~核の被害を乗り超える
3・1ビキニ記念の集い2018

 公益財団法人第五福竜丸平和協会は、1954年3月1日に太平洋のマーシャル諸島ビキニ環礁で行われた米国の水爆実験で、静岡県のまぐろ漁船「第五福竜丸」の乗組員やマーシャル諸島の島民が被ばくしたことを記念して、毎年、3月1日前後に「集い」を開いているが、今年は以下の要領で開催する。

 とき: 2月24日(土)14時~17時

 会場: 日本青年館8階会議室(東京都新宿区霞ヶ丘町4-1)
       東京メトロ銀座線外苑前駅3番出口、JR中央線・総武線千駄ヶ谷駅、信濃町駅

 講演: トム・D・キジナーさん(駐日マーシャル諸島共和国大使)
     大石又七さん(第五福竜丸元乗組員)
第五福竜丸平和協会によると、マーシャル諸島共和国政府は核実験被害国として、2014年、核大国を相手取って「核廃絶への努力不履行」を国際司法裁判所に提訴し、国際世論に一石を投じた。キジナー駐日大使には、同国の深刻な核被害、その一方で米国の核戦略に組み込まれた実情、核なき未来に向けたマーシャルの人々の願いについて語ってもらい、大石さんには、ビキニ水爆実験、引き続く核の脅威、収束の見えない原発事故などを踏まえての現在の心境を話してもらうという。

 資料代: 500円

 問い合わせ: 公益財団法人第五福竜丸平和協会(電話03-3521-8494)
                                                 (岩)

2018.01.06  ■短信■
   2018年キューバ友好フォーラム
   「5人 それぞれのキューバ」


 キューバの動向が、また世界の注目を集めています。
 キューバは2015年7月、54年ぶりに米国と国交を回復し、16年3月には、オバマ米大統領がキューバを訪れました。米大統領のキューバ訪問は88年ぶりのことでした。しかし、オバマ大統領の後を継いだトランプ大統領はオバマ前政権の対キューバ融和政策の解消を宣言し、作年6月には渡航規制の厳格化や商取引の規制など制裁を強化する対キューバ政策を発表し、米・キューバ関係は後退しました。
 こうした新たな状況の中で、キューバ国民はどんな生活を送っているのでしょうか。最近キューバを訪れた新聞記者、キューバ友好円卓会議が昨年10月に行った第4次キューバ・ツアーの参加者、現地の日本語講座教員らにキューバの最新事情を語っていただきます。

日時:2018年1月13日(土)13:15~16:15 開場13:00
会場:日本記者クラブ大会議室(TEL 03-3503-2721)
 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンター9階
 最寄り駅は東京メトロ千代田線・日比谷線霞ヶ関駅、東京メトロ丸ノ内線霞ヶ関駅、   都営三田線内幸町駅、JR新橋駅日比谷口

■講演▼「キューバの民宿めぐり」 新聞記者・藤井満さん
▼「見て、体験もしたキューバ医療」 医師・安田清さん(キューバ・ツアー参加者)
▼「防災もキューバから学ぼう!」 防災士・正谷絵美さん(キューバ・ツアー参加者)
▼「感動! キューバ縦断の旅」 元中学校教員・横山真理さん(キューバ・ツアー参加者)
▼「キューバ右往左往・番外編」 松尾光さん(キューバ在住・日本語講座教師)

■参加費(事前申し込みは必要ありません)
1000円、円卓会議会員500円

■問い合わせ先
キューバ友好円卓会議
東京都世田谷区砧8-15-14-101
FAX 03-3415-9292
e-mail cuba.entaku.0803@gmail.com
                       (岩)
2017.11.29 ▇短信▇

“核兵器なくせ”にノーベル平和賞
世界を動かした被爆者の声と若い力をさらに


 今年のノーベル平和賞は、核兵器廃絶国際キャンペーン「ICAN」が受賞しました。核兵器禁止条約採択に果たした貢献が評価されたものです。
 12月10日の平和賞授賞式を前に、ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会が、パネルディスカッション「“核兵器なくせ”にノーベル平和賞 世界を動かした被爆者の声と若い力をさらに」を開催します。「被爆者の証言や訴えがどのように世界を動かしたかのか、そして、これから若い力との共働をどのように発展させていくのか」について、ともに学び、考え合いたい、とのことです。

 ■日時:12月2日(土)午後2時半~5時
 ■会場:東京・四谷「主婦会館 プラザエフ」9階「スズラン」(JR四ッ谷駅麹町口前)
 ■パネリスト
    川崎哲氏(ICAN国際運営委員、ピースボート共同代表)
    直野章子氏(広島市立大学広島平和研究所教授)
    木戸季市氏(日本原水爆被害者団体協議会事務局長)
 ■参加費:500円
 ■申し込み:FAX(03-5216-7757)またはメール(hironaga8689@gmail.com)で
      
                                    (岩)

2017.10.28   ▇短信▇
          この船を描こう 森の福竜丸~男鹿和雄と子どもたちの絵
                 第五福竜丸建造70年記念特別展

 東京・夢の島の都立第五福竜丸展示館に展示されているマグロ漁船「第五福竜丸」は、1954年3月1日に太平洋のビキニ環礁で行われた米国の水爆実験で放射性降下物の「死の灰」を浴びた木造船です。この木造船が和歌山県串本町古座で進水したのは1947年3月で、今年はそれから70年になります。
 そこで、展示館を管理している第五福竜丸平和協会が、それを記念して特別展「この船を描こう 森の福竜丸~男鹿和雄と子どもたちの絵」を開催します。そこには、男鹿和雄(おが・かずお)さんが描いた「海の第五福竜丸」「森の第五福竜丸」「焼津港」「ビン玉」「六分儀」の5点と全国から寄せられた子どもたちの絵60点を展示します。
 男鹿さんは、スタジオジブリにて宮崎駿監督「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」、高畑勲監督「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「かぐや姫の物語」で美術監督などをつとめたことで知られる画家です。

 とき:11月3日(金・祝日)~2018年3月25日(日)
月曜休館(ただし祝日は開館、火曜振替休館)
午前9時半~午後4時

 場所:都立第五福竜丸展示館(東京・夢の島公園内)
    東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線の「新木場駅」下車、徒歩13分

 入館料:無料

問い合わせ:公益財団法人第五福竜丸平和協会(電話03-3521-8494)
      
                                               (岩)
2017.09.02   ■短信■ 
 キューバ友好フォーラム「魅惑のキューバ音楽を満喫しよう」

 キューバ友好円卓会議は以下の要領で2017キューバ友好フォーラムを開催します。

◆日時:9月9日(土)13:15~16:15 開場13:00

◆会場:日本記者クラブ大会議室
 東京都千代田区内幸町 日本プレスセンター9階(最寄り駅は東京メトロ千代田線・日比谷線霞ヶ関駅、東京メトロ丸ノ内線霞ヶ関駅、都営三田線内幸町、JR新橋駅日比谷口)

◆参加費:1000円(会員 500円)
 どなたでも参加できます。事前申し込みの必要はありません。

◆テーマ:「魅惑のキューバ音楽を満喫しよう」
 日本人を引きつけるキューバの魅力は多々ありますが、その1つが、その音楽です。マンボ、チャチャチャ、ボレロ、ルンバ……誰しも一度は聴いたことのあるこれらの音楽は、いずれもキューバ音楽です。今回のキューバ友好フォーラムは、このキューバ音楽を取り上げ、その魅力の源泉をさぐるとともに、この日本にいつごろ入ってきたのか、そして、日本人にどう迎えられ、愛好されてきたかを明らかにします。

◆講師:音楽ジャーナリスト・竹村 淳さん/ラテン音楽愛好家・高橋研二さん

◆主催:キューバ友好円卓会議 
FAX 03-3415-9292 e-mail:cuba.entaku.0803@gmail.com
(岩)



2017.07.22 ■短信■

この船をつくろう~船大工 匠の技

第五福竜丸建造70年記念特別展

 

 東京・夢の島の都立第五福竜丸展示館に展示されているマグロ漁船「第五福竜丸」は、1954年3月1日に太平洋のビキニ環礁で行われた米国の水爆実験で放射性降下物の「死の灰」を浴びた木造船です。この木造船が和歌山県串本町古座で進水したのは1947年3月で、今年はそれから70年になります。

 そこで、都立第五福竜丸展示館を管理している第五福竜丸平和協会が、それを記念して特別展「この船をつくろう~船大工 匠の技」を行っています。特別展では、福竜丸が造られる過程を記録写真とイラストでたどり、設計図や船大工の道具、模型などで解説しています。

 

 とき10月9日(月・祝日)まで

月曜休館(ただし9月18日は開館、翌日休館)

午前9時半~午後4時

 

 場所:都立第五福竜丸展示館(東京・夢の島公園内)

    東京メトロ有楽町線、JR京葉線、
        りんかい線の「新木場駅」下車、徒歩
13

 

 特別イベント:「船大工・匠の技を視る」

7月23日(日)午後2時~

展示館内の第五福竜丸船首下特別ステージで、第五福竜丸を「はやぶさ丸」に改修した、三重県伊勢市の強力造船所(当時)関係者によるワークショップ

 

 入館料:無料

 

  問い合わせ:公益財団法人第五福竜丸平和協会(電話03-3521-8494

                                                          

                                                        (岩)