2021.04.23 (短信)ハンガリーのコロナ禍のその後
そしてあの国との利権?

盛田常夫 (経済学者、在ハンガリー)

ハンガリーのコロナ感染者はようやく減少に向かっています。病院での治療者数も1万人を切り、人工呼吸器装着者数も千名を切りました。もっとも、人工呼吸器に繋がれた患者の多くが死亡しているので、装着者数が減少していると考えられます。

他方、最近の週刊誌報道では、ハンガリー政府が中国から購入した人工呼吸器1万台近くが貸倉庫に収められており、月額の賃料が9000万フォリント(約3200万円)を超えるということです。実際に何台の呼吸器を発注し、何台の呼吸器が倉庫に保管されているかの情報はありません。無駄な買い物で儲けたのは一部の与党政治家と彼らと行動を共にする実業家です。
ブダペスト・フェレンツヴァーロシュに建設予定の大学街(ハンガリー人向け学生寮など)の敷地の半分以上を使って、上海 復旦大学キャンパスを開くという政府の構想が、大きな波紋を呼んでいます。区長は住民投票を呼びかけており、カラチョニィ・ブダペスト市長は政府がこれを強行するなら、2023年の世界陸上の開催権を返上すると宣言しています。

野党を左翼と呼び、共産主義を否定する現政権が、中国共産党が支配する大学の建設を容認し、数千名規模の中国人のための大学を開くことに、多くの人が首をかしげています。しかし、中国とは種々の経済的な裏取引で繋がっているので、与党政治家の一部や周辺実業家にとって、中国案件はがっぽり儲けるチャンスなのです。中国企業と共同で、中国政府の資金を借りて、ベオグラードーブダペストの鉄道建設を進めているだけでなく、大学まで誘致しようとするのは尋常ではありません。背景に巨大な利権があると考えて間違いないでしょう。
2021.04.03 劇団文化座が『ビルマの竪琴』上演へ
■短信■
劇団文化座が『ビルマの竪琴』上演へ
敗戦直後ベストセラーとなった竹山道雄の作品

『ビルマの竪琴』という文学作品をご存じですか。今から70余年前の敗戦直後に当時、旧制一高の教授だった竹山道雄が児童向け雑誌に執筆したものです。発表当時は大きな反響を呼んでベストセラーとなり、毎日出版文化賞を受賞したほか、1956年と1985年の2回にわたり市川崑監督により映画化されています。
その『ビルマの竪琴』が、劇団文化座によって劇化され(脚本は杉浦久幸)、鵜山仁の演出で上演されます。劇団文化座は今年で創立80周年を迎えるため、それを記念する第1弾としてこれを上演することになったとのことです。
文化座代表の佐々木愛さんは「今再び、国家の危機と、生命と向き合う保障のない日々を送る私たちに、『ビルマの竪琴』は何を語りかけてくれるのでしょうか」と話しています。

で、その物語とは――
「いつも歌を唄っている部隊があったという。
第二次世界大戦の末期、特に凄惨を極めたビルマ(現ミャンマー)戦線の、さらに奥地に配属されたある部隊。音楽学校を出たばかりの若き隊長は、兵士たちを鼓舞するために、歌を唄うことを教えたのだ。そして敗戦……。
捕虜収容所に送られた彼らは、別働作戦で隊を離れ未だ戻らない仲間の一人を、首を長くして待っていた。彼らは唄った。仲間の心に届くようにと精魂込めて、日本の歌の数々を。
その時、群衆の後ろに一人のビルマ僧が……
「……おい!……あれは……」「……水島?水島だ!水島ぁー! !」
しかし、ビルマ風の竪琴を持ち、窪んだ眼でじっとこちらを見つめるその僧は、無表情のまま無言でその場を立ち去ったのだ……」(劇団文化座のチラシから)

◆期日:4月15日(木)~25日(日) 開演は13:30あるいは18:30
◆会場:俳優座劇場(東京都港区六本木4-9-2)  地下鉄/大江戸線六本木駅6番出口。東京メトロ/日比谷線六本木駅4b出口
◆料金(全席指定・税込):一般5500円、高校生以下2500円
◆問い合わせ・申込み:劇団文化座 ℡03-3828-2216(月~土10:00~18:00)
(岩)
2021.02.26  ■短信■
     今年も江古田映画祭開催へ
          映画上映活動を通じて地域活性化

 「第10回江古田映画祭 3.11福島を忘れない」が2月27日(土)から3月12日(金)まで、東京・江古田で開かれます。
 同映画祭は、江古田にある武蔵大学の関係者と地元の人たちが中心となって2013年から始めた映画祭で、一般の映画館ではなかなか上映してもらえない、社会的テーマに挑んだ映画を上映することで映画文化の向上を図り、併せて映画上映を通じて地域活性化に貢献しようという活動です。毎年、この時期に開催されています。
 今年は東電福島第1原発の事故から10年とあって、「3.11福島を忘れない」を映画祭のタイトルに掲げています。

 会場は、武蔵大学江古田キャンパス1号館地下1階1002シアター教室と武蔵大学正門前の「ギャラリー古藤」の2カ所。

★武蔵大学江古田キャンパス1号館地下1階1002シアター教室では次の日程で映画が上映されます。定員150人
▼2月27日(土)13時~「サマショール~遺言第六章」。参加費1000円(当日支払い)。予約不要▼3月6日(土)10時~「襤褸(らんる)の旗」。参加費1000円(同)。予約不要▼同日14時~「歌う『キクとイサム』」。参加費1500円(同)。予約不要

★「ギャラリー古藤」では2月28日(日)から3月12日(金)まで、映画(ヒロシマ・ナガサキ、原発に関する作品、高校生・大学生制作の作品など)の上映がおこなわれます(3月6日を除く)
料金は映画1本につき大人予約1000円、同当日1200円。大学生800円。高校生以下無料。予約優先入場、各回25人定員制
電話03-3948-5328。メールアドレスfwge7555@nifty.com

 武蔵大学は西武池袋線「江古田」駅から徒歩6分、都営大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分
(岩)

■短信■
原自連が「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議」
         福島原発事故から10年を機に

 2011年3月11日に起きた東京電力福島第1原発事故から、今年の3月11日(木))で10年になります。それを機に、「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(原自連)はこの日に、オンライン世界会議「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議~福島原発事故から10年~」を開催します。

 原自連は2017年4月に発足した、原発ゼロと自然エネルギー推進を志す個人と団体によってつくられた組織です。会長は吉原毅・城南信用金庫名誉顧問。顧問には小泉純一郎・元首相、細川護熙・元首相が名を連ねています。

 今回のオンライン世界会議の狙いは、エネルギーシフトを推進する世界の動向を日本に伝え、同時に福島原発事故後の日本の現状と課題を世界に発信することにあります。
 このため、オンライン世界会議では、複数のチャンネルを設けて、福島からの中継、パネルトーク、ドキュメンタリー上映などを実施します。

 当日は、東京の国会議事堂近くの憲政記念館で、13時20分から16時10分まで世界会議のオープニングがおこなわれ、小出裕章・元京都大学原子炉実験所助教と小泉純一郎・元首相の基調講演があります。
 オープニングの参加費は無料(要申込み。申込み締め切りは3月5日16時)。定員150人(申込みが定員に達し次第閉め切る)

参加申込みは以下の方法で。
■申込みフォーム:https://forms.gle/gQXkmj1KeSWufJ1LA
■FAX:03-3363-7562

問い合わせ先: genjiren2021@gmail.com
(岩)
2021.02.16  東京で、さようなら原発首都圏集会開催へ
  ■短信■
          福島原発事故から10年という節目の年を迎えて

 2011年3月11日に起きた東京電力福島第1原発事故から、今年の3月11日で10年になります。それを機に、脱原発運動を続けている市民団体「さようなら原発一千万署名市民の会」は3月27日(土) 13時30分から、東京の日比谷公園大音楽堂で「さようなら原発首都圏集会」を開きます。
 同会は福島第1原発事故の後、毎年3月と9月に、東京で全国集会を開いてきましたが、昨年は新型コロナウイルスの感染が拡大したため3月の全国集会は中止、9月の集会は規模を縮小した首都圏集会にせざるをえませんでした。今年もコロナ禍が収束していないため、3月集会は首都圏規模とするとのことです。

 集会に向けた呼びかけの中で、市民の会は「安倍政権を引き継いだ菅自公政権は、原発・核燃料サイクル推進を強引に推し進めています。しかし、福島原発事故以降、原発を取り巻く環境は大きくかわり、すでに 24基もの原発が廃炉となり、原発は『廃炉の時代』を迎えています。核燃料サイクルも破綻し、その存在意義が失われています。また、世論の多くは、脱原発を求めています。 福島原発事故から10年。事故の風化に抗し、原子力政策の根本的転換を求めて声を上げましょう」と述べています。

 集会では、片平里菜さん(シンガーソングライター/福島市出身)の出演や、鎌田慧さん(ルポライター)、落合恵子さん(作家)らの発言が予定されています。
 同会は、マスク着用とフィジカルデイスタンスの厳守を呼びかけています。
(岩)

2021.02.06  「ふね遺産」認定記念オンライン・シンポジウム
          今年の3・1ビキニ記念のつどい

 今から67年前の1954年3月1日に太平洋のビキニ環礁で米国の水爆実験が行われ、付近で操業中だった静岡県焼津港所属のまぐろ漁船「第五福竜丸」乗組員と周辺の島々の住民が、実験による「死の灰」を浴びて被ばくしました。乗組員の1人、久保山愛吉無線長が急性放射能症で死亡しました。いわゆるビキニ被災事件で、これを機に原水爆禁止を求める運動が世界的に盛り上がります。
 被災船の第五福竜丸は現在、東京・夢の島の都立第五福竜丸展示館に展示されていますが、ここを管理している公益財団法人第五福竜丸平和協会は、毎年、3月1日前後に「3・1ビキニ記念のつどい」を開いてきました。今年は2月21日(日)13時から15時まで、『「ふね遺産」認定記念オンライン・シンポジウム』を開催します。

 第五福竜丸は74年前に建造された木造船ですが、そのころの木造船が今なお現存しているのは世界的にも極めて珍しいこととされています。このため、「歴史的で学術的・技術的に価値ある船舟類」として、昨年7月、日本船舶海洋工学会から「ふね遺産」に認定されました。

 今回のシンポは、建造当時の姿を残す福竜丸の産業遺産、平和遺産としての意義を広く一般に知らせようという狙いから開かれます。オンライン形式となったのはコロナ禍のためです。
 講師は日塔和彦・文化財木造建築物修復保存検討委座長、庄司邦昭・東京海洋大学名誉教授ら。視聴は無料。

 申込みはメールでfukuryumaru@msa.biglobe.ne.jpへ
 問い合わせは℡03-3521-8494へ
(岩)
2021.02.02 絵画展「70年目の原爆の図」
■短信■
 
 「70年目の原爆の図」と題する絵画展が、3月14日(日)まで、群馬県桐生市の大川美術館で開かれています。同美術館と広島市現代美術館の共催です。

 会場に展示されているのは、画家・丸木位里、俊夫妻の代表作『原爆の図』の<第一部 幽霊>(再制作版)と、夫妻の『原爆の図デッサン』です。
 広島に原爆が投下されたのは1945年8月6日ですが、丸木夫妻はその直後に広島に入り、約1カ月滞在しました。原爆投下直後の広島の惨状に心を痛めた夫妻は、5年後の1950年に『原爆の図』初期三部作と言われる<第一部 幽霊><第二部 火><第三部 水>を描き上げました。これら3作には、再制作版がつくられました。作品が紛失した時のことを考えて制作されたと言われています。
 そして、この2組の『原爆の図』初期三部作の巡回展が、米軍占領下の日本全国各地で開催され、数多くの人々がつめかけました。1951年2月には群馬県前橋市の麻屋デパートと桐生市のモリマサ百貨店で巡回展が開かれました。両会場で展示されたのは再制作版でした。
 
 大川美術館に展示されているのは、その時の再制作版の一つ、<第一部 幽霊>です。初期三部作再制作版は現在、広島市現代美術館に所蔵されており、その一つが、70年ぶりに桐生に再びその姿をみせたというわけです。大川美術館によれば、70年前にこの作品を見たという市民が名乗り出たといいます。

 群馬県教育委員会、桐生市教育委員会など後援。月曜日は休館。
入館料は一般1000 円、高大生600 円、小中生300 円。

 大川美術館は▽東武浅草駅より伊勢崎線赤城行き「特急りょうもう号」に乗り新桐生駅で下車。駅よりタクシーで約10分▽JR桐生駅より徒歩約13分▽上毛電鉄西桐生駅より徒歩約8分。美術館の℡は0277-46-3300 
(岩)

2020.12.24 ダム問題の核心をつくドキュメンタリー映画完成
■短信■
ダム問題の核心をつくドキュメンタリー映画完成
「悠久よりの愛~脱ダム新時代~」

 『悠久よりの愛~脱ダム新時代~』と題する長編ドキュメンタリー映画(110分)が完成し、新年に上映会が開かれる。製作・矢間秀次郎、監督・金子サトシ、撮影・能勢広。上映会向けのチラシで、プロデューサーの矢間さんが作品の狙いをこう語っている。

 「コンクリート重力式ダムが日本で造られ始めて120年余。今や既存ダム2752基に及ぶ。大義名分に、①利水《発電・上水道・灌漑》②治水《洪水調節》③環境維持用水などを据える。これらを巧妙に組み合わせた多目的ダム建設が主流になり、予算膨張とダム反対運動の分断を図る。そして、公共性をかざし、『ダム完成でもう安心』という神話を仕立て上げてきた」
 「このままでは河川が“ダムの墓場“と化し、上・下流を問わず厄災の元凶になるとの危惧を抱く。推進側の専横もあって、全国26カ所でダム建設計画に反対する地域闘争がある」
 「すでに荒川中流の玉淀ダム(埼玉県)など全国4カ所で撤去運動に拍車がかかっている。やがて、自然再生の『脱ダム新時代』の幕がひらく」

 映画には、新月ダム(宮城県)、八ツ場ダム(群馬県)、玉淀ダム、鴨川ダム(京都府)、石木ダム(長崎県)、荒瀬ダム(熊本県)が登場する。

 上映会は次の要領で行われる。

日時:2021年1月28日(木)14:00~   開場13:30

会場:東京・日比谷コンベンションホール(日比谷図書館地下1階、東京メトロ丸ノ内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口)

入場料:前売券1000円(申込みは事務局まで 住所・氏名・電話番号・枚数を明記、先着定員150人で締め切り)、当日券1500円

事務局:水の映像フォーラム(FAX042-381-7770)  h-yazama@oregano.ocn.ne.jp

(岩)
2020.12.12 80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展
■短信■
80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展
フクシマ、沖縄…3500キロ


 ベトナム戦争の取材で知られる報道写真家の石川文洋さんが、2018年7月から19年6月まで11カ月にわたって日本の北から南までを踏破しました。80歳での挑戦で、ゴール時には81歳になっていました。高齢に加え、心筋梗塞の既往症を乗り越えての快挙でした。
 北海道の雄大な自然を撮影した後、本州に渡ってからは、東日本大震災や東京電力福島第1原発事故、阪神・淡路大震災、熊本地震などの被災地を訪れました。また、三沢、岩国などの米軍基地を巡り、郷里の沖縄では、米軍基地建設が進む名護市辺野古や米軍の嘉手納基地、普天間基地などを撮影しました。
 写真展では、旅の間に撮った約3万5000枚の写真の中から約120枚を展示しています。
共同通信社とニュースパーク(日本新聞博物館)の主催です。

日時:~12月20日(日)10:00~16:30
   月曜日休館

会場:ニュースパーク(日本新聞博物館)2階企画展示室
    横浜市中区日本大通、℡045-661-2040
   みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口、JR根岸線・横浜市営地下「関内駅」徒歩10分

入館料:一般400円/大学生300円/高校生200円/中学生以下無料

(岩)
2020.12.10 東京新聞が「ニュース深掘り講座」第2弾
■短信■
東京新聞が「ニュース深掘り講座」第2弾

 東京新聞は、同社の記者や論説委員が講師を務めるオンラインの「ニュース深掘り講座」シリーズを今年10月から始めましたが、2021年1月から第2弾を始めます。
 同社はこれまで、同様の講座を対面方式で開いてきましたが、コロナ禍が長引き、会場での「密」を避ける必要から、オンラインによる講座を開設したものです。同社は「「日々、ニュースを伝える新聞記者、社説を展開する論説委員ともに、長年の取材で培った見識豊かな専門分野があります。紙面での書き言葉とは一味違った、より分かりやすく親しみやすい話し言葉でニュースを深掘りします。独自の情報と切り口、資料分析からニュースの深層に踏み込みます。講座は毎回ライブで、質問もできる限り多く受け付ける」と言っています。

日時:①1月16日(土) ②2月13日(土) ③3月13日(土)(全3回)
   各回14時開始 約90分(講座70分、質疑応答20分)

講師・プログラム:
1月16日(土)::論説委員・冨田光「コロナ禍を生き抜く生活防衛の経済学」。ゲスト=川本恭治・城南信用金庫理事長
2月13日(土):政治部長・高山晶一「菅イズムの解剖~『実利優先型政治』の正体」
3月13日(土):福島特別支局長・片山夏子「原発作業員を追い続けて10年~福島の現場から」

定員:480人(先着順・事前申込制)
受講料:全3回 4500円(税込み)

申込み:https://www.tokyo-np.co.jp/ky/fukabori/

申し込み期間:11月27日(金)10:00 ~ 1月8日(金)23:59

問い合わせ:東京新聞文化事業部内事務局(03-6910-2345)

(岩)
2020.12.05 たんぽぽ舎の「山谷労働者支援年末年始、助け合い運動」
■短信■

今冬は現金と金券のみ受け付けます
たんぽぽ舎の「山谷労働者支援年末年始、助け合い運動」

 

反原発運動の情報センターである「たんぽぽ舎」は毎年暮れ、東京都の台東区と荒川区にまたがる山谷地区に居住する日雇い労働者を支援する「山谷労働者支援年末年始、助け合い運動」をおこなっていますが、本年は現金と金券(お米券、ビール券など)のみのカンパを受け付けます。

たんぽぽ舎の「山谷労働者支援年末年始、助け合い運動」は今年で39回となります。これまでは、現金、金券のほか、お米、毛布、寝袋、衣類、日用品、インスタント食品などの物資を受け付けてきました。が、今年は、たんぽぽ舎の事務所を年内に移転することになり、事務所内の整理を進めているため物資を一時保管するスペースがなく、現金と金券のみを受け付けることにしたとのことです。
「今年はコロナ感染症の影響で日々の生活に困窮する人々が増えているので、皆さんの支援をお願いしたい」と、たんぽぽ舎関係者は訴えています。

*現金カンパは郵便振替でお願いしたいとのことです。
 受付期間…12月1日(火)~12月18日(金)
  郵便振替 00180-1-403856 加入者名:「たんぽぽ舎」
  振込用紙に[山谷カンパ]と必ず明記

*金券は下記に送ってほしいとのことです。
 〒101-0061東京都千代田区神田三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎

(岩)