2008.03.30 サブプライム問題の射程(9)
―安原和雄さんへの「お答え」―

半澤健市 (元金融機関勤務)

「サブプライム問題の射程(8) ベア・スターンズ救済の100時間」(3月24日)への同日コメント拝読しました。いつも鋭い指摘と問題提起をしていただき有り難うございます。回答を求めるとは書いておられませんが私なりの「お答え」をいたします。
「サブプライム問題」はどこまで拡がるのか。これは大きな問題の発端に過ぎず世界の金融市場、更には世界経済の全般的危機に至る発端ではないのか。そういう問題意識を私も安原さんと共有いたします。しかし、一刀両断で世界経済を斬りとる力は、市井の一市民にある筈もなく、個々の事象の観察から全体像に少しでも迫ろうと四苦八苦しているところです。

安原さんの問題提起は次の4点であると理解しました。
(1)サブプライム問題は90年代の日本のバブル崩壊とどう違うか。
(2)サブプライム問題は投資機会を失った「貧困ビジネス」の行き詰まりではないか。
(3)サブプライム問題は不健全なマネー経済の行き詰まりではないか。
(4)サブプライム問題に起因するドル下落は、債務国に転落したアメリカ経済が外資と過剰消費で支えられてきたシステムの行き詰まりではないか。
... 続きを読む