2012.11.29 日本語、こんな言い方・書き方ってあるのかな?
―日ごろ見聞するあれこれから(39)―
                        
丹藤佳紀(ジャーナリスト)


≪大学新設の3件を不認可した≫
原文:「短大から4年制大学に移項する手続きに入っていた秋田公立美術大学など大学新設の3件を不認可した」(『読売新聞』、11月8日)
説明:田中真紀子文部科学大臣は、任命されたときから言動が危ぶまれていた。果たして、大学新設をめぐって騒動となった。その発端を告げる一節を投書から拾った。
役所にある権限をまとめてよく許認可権といい、認める場合、「許可する」「認可する」となる。しかし、逆の場合、「不許可する」「不認可する」とは言わないだろう。言うとすれば、許可・認可を名詞扱いにして「不許可にする」「不認可にする」ではないか。現に、曲折のあげく「認可する」ことになっての解説では「事務方から(不認可とすれば)訴訟の可能性があり」との説得があったという。
漢字語の名詞の多くは、「批評する」のようにサ行変格活用で動詞に使われる。否定表現のとき、漢語(中国語)では、否定の副詞「不」は動詞の前に来るから「不批評」になる。しかし、日本語ではそうは言わず、活用の未然形を使って「批評しない」となる。


≪視聴者や該当の声を裏取り もせず≫
原文:「特に見過ごせないと思うのは(中略)視聴者や該当の声を裏取りもせず、そのまま流すやり方だ」(『朝日新聞』、11月8日)  
説明:論説委員が社説について取り上げる「社説余滴」というコラムにあった表現。「裏取り」とは、事実かどうか「裏付けを取る」という確認作業を表す“業界用語”だ。一般の読者にこのままで通じるのだろうか。
他紙では「不正会計(中略)確認するためには、どのような裏の取り方が有効なのか」(『フジサンケイ・ビジネス・アイ』)という表現が目についた。


≪熊本弁が(中略)朴とつとした語り口≫
原文:「JR東日本副社長から畑違いの金融界に(中略)。出身地の熊本弁がかすかに残る、朴とつとした語り口」(『読売新聞』、11月5日)
説明:急逝したりそなホールディングス会長を紹介する記事の一節。「朴とつ」は漢字書きすれば「朴訥」だが、「訥」は常用漢字ではないからかな書きされている。辞書を見ると、「木訥」とも充てるようだ。ここでの問題はその用法である。
品詞は名詞・形容動詞で、「朴訥な」と修飾に使われるが、原文にあるような用法もあるのだろうか。読み方も意味も近い単語に「訥々」があり、こちらはよく「訥々とした」「訥々として」などと使われるが、それと混同したのではないだろうか。

... 続きを読む