2007.08.29  被爆体験を継承するにはどうしたらいいか
岩垂 弘 (ジャーナリスト)


広島・長崎での見聞から

 8月21日付の朝日新聞の「声」欄にこんな投書が載っていた。
 「スティーブン・オカザキ監督の『ヒロシマナガサキ』というドキュメンタリー映画を見た。被爆者の体験に基づく証言は、何度聞いても悲惨で苦しくなる。
 今回の映画で一番印象深かったのは、人口の75%が戦後生まれという事実だった。戦争の生き証人がいなくなるという危機感が初めて伝わってきた。75%が80%になり90%になった時、戦後生まれの私たちが『戦争』『原爆』の愚かさ、悲惨さをどう伝えていくか、考えていかないといけないと強く思った」
 長崎県在住の、53歳になる無職の女性からの投稿だった。

 私は今年も、8月6日の「広島原爆の日」、8月9日の「長崎原爆の日」をはさんで、広島、長崎両市で開かれた一連の被爆62周年関連の催しを見て回ったが、その間、私がとくに痛感したことの一つは、この投書の主と同様の懸念だった。すなわち、「これから先、被爆体験を伝えてゆくにはどうしたらよいか」という懸念だ。


 原爆がもたらした被害というものが一体どういうものであるかを最も正確にかつ具体的に伝えることができるのは、その悲惨極まる被害をじかに受けた人たちだ。つまり、被爆者をおいて適任者はいない。
 しかし、被爆からすでに62年。被爆者の老いはいよいよ深まり、生存被爆者は年ごとに減りつつある。1980年ごろには37万人を超えていた被爆者も、今年3月末には25万1834人になった。その人たちの平均年齢はいまや74.59歳である。
 それでも、求められれば、いまなお高齢をおして大会や集会で自らの被爆体験を語る被爆者も少なくない。その人たちを突き動かしているのは「自分が経験したこの苦しみを他の人たちに味あわせたくない」という一心である。
 が、なにせ高齢の身である。「集会で被爆体験を証言してくれる被爆者の数が減った」という声を広島の集会関係者からきいた。人前で自分の体験を語りたいが、体が弱ってきたので出かけて行けない、という被爆者が増えてきたのだ。
 それだけに、私が会った原水爆禁止運動関係者は「これから先、被爆者はどんどん減ってゆくだろう。残った被爆者も高齢化がさらに進めば、証言活動も困難になるだろう。そうなった時、被爆体験を語る人がいなくなるのでは」と語ったものだ。そうした懸念は、ここ数年、年ごとに強くなってきたような気がする。

 そんな中、広島で印象に残る提案を聞いた。YMCAホールで開かれた、原爆被害者相談員の会主催の「原爆被害者8・6証言のつどい」での、高橋信雄・広島教育研究所事務局長の講演「体験を語る者・受け継ぐ者」だ。
 この中で、高橋事務局長は「被爆から62年。被爆の原体験を語れる人はごく少数になった。これからさらに少なくなるだろう。ならば、どうしたらいいか。被爆者から被爆体験を聞いた人が、それを自分の体験として次の世代に語ってゆく以外にない」と述べた。そうした作業を高橋事務局長は「個々人が被爆を疑似体験する、あるいは被爆を追体験する」と表現した。すなわち、被爆体験のない若い世代が、被爆者の話を聞いて原爆を疑似体験あるいは追体験し、それを次の世代に語り継いでゆこう、という提案だった。
 「それには」と高橋事務局長は続けた。「被爆者からその体験を聞くときは、被爆の被爆の状況を詳細に聞き出さなくてはいけない」。そして、こう話した。「漫画家の池田理代子さんの代表作はフランス革命をテーマとした『ベルサイユのばら』だが、池田さんはこれを描くにあたって膨大な資料にあたった。例えば、王妃マリー・アントワネットが処刑されるところを描くにあたっては、それは昼だったのか、夕方だったのか、当日の気候、群衆の数までこと細かに調べている。こうした作業があったからこそ、あの大作が生まれたのだ」
 被爆体験を聞き出すにあたっても、池田さんのやり方を見習うべきだというのだ。傾聴に値する講演だった。

 被爆体験の継承といった問題ばかりでない。原水爆禁止運動の面でも、被爆体験や戦争体験のない世代にどうやって運動を継承してゆくかということが、もうかなり以前から切実な課題となっている。
 そうした観点から広島・長崎での催しや大会・集会を眺めていて、このところ、心強く思うことがある。それは、長崎で、高校生による平和運動が年々盛んになっていることだ。
 
 それは、「高校生1万人署名活動」という。「核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現」を目指す署名を高校生の手で行い、これを「被爆地長崎の願い」として国連に届ける活動である。それも、「高校生平和大使」と名乗る代表が署名簿を携えて国連を訪れ、手渡す。8月9日前後には、署名用紙や横断幕をもった高校生たちが街頭や大会・集会場で署名に応ずるよう声をからす。もうすっかりおなじみになった光景だ。

こうした活動は、10年前、平野伸人・前全国被爆二世連絡協議会会長(元小学校教諭)の発案で始まったものだが、平野氏によると、これまでにこの活動に参加した高校生は延べ300人。国連に派遣した「高校生平和大使」はこれまでに34人。国連に提出した署名は、今年7万9244人分、これまでの総計は36万人分にのぼるという。
 この活動が今後、他の地域にも広がってゆくかどうか注目したい。
Comment
被爆者の声
http://www.geocities.jp/s20hibaku/
上記サイトで原爆被爆者284人の証言を集めたCD作品「ヒロシマ ナガサキ 私たちは忘れない」に収められた原爆被爆者284人の証言を聴くことができます。
ゴンベイ (URL) 2007/09/04 Tue 02:26 [ Edit ]
リベラル21は最近になってみさせていただいており、岩垂さんの投稿も最近のものは読まさせていただいています。私もヒロシマ・ナガサキには何回もいっており、被爆者の方との交流もあり、ささやかな活動をしたものとして岩垂さんの指摘する「被爆経験の継承の大切さ」にはまったく同感します。その継承活動は被爆者だけに任せるわけにはいかないと、これまでも多くの個人と生協など諸団体は聞いたこと・見たことを書いたり、語ったりする活動をしてきました。実際の体験者でなくとも、平和への熱意があれば出来ることは多いと考えます。たとえば岩垂さんは本当に多くのことを書き、語ってきました。それにくらべ、最近の自分はなにをしているのか?と自省させられました。
斎藤嘉璋 (URL) 2007/09/10 Mon 23:14 [ Edit ]
斎藤様へ
コメント、ありがとうございました。いくつかの生協が被爆体験の継承に熱心に取り組んでこられたことは承知しております。小生がかかわっている平和・協同ジャーナリスト基金は、「聞き書きによる被爆体験証言集」を刊行し続けたエフコープ生活協同組合(福岡市)の活動に敬意を表し、2000年に第6回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を贈呈しております。こういう生協の活動をもっと広く伝えなければ、と思っています。
岩垂弘 (URL) 2007/09/13 Thu 13:54 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack