2010.08.14 ミツバチの警告―「新農薬」は生態系と人の健康を脅かす
その3 ネオニコ系新農薬の特徴とその影響(下)

岡田幹治(フリーライター)


(「その3・上」から続く)

人の神経系に作用する
ネオニコ系農薬が脅かしているのは生態系だけではない。東京都神経科学総合研究所の黒田洋一郎氏と木村‐黒田純子氏によれば、有機リン系農薬が昆虫の神経伝達物質であるアセチルコリンの分解酵素を阻害し、アセチルコリンを過剰にすることによって神経系を撹乱させるのに対し、ネオニコ系農薬はアセチルコリンの受容体と結合し、アセチルコリンがなくてもあるかのように作用して神経系を撹乱させる。いずれの場合でも昆虫は死ぬ。
昆虫の脳と人の脳では規模も複雑さもまるで異なるが、神経細胞や神経伝達物質などは基本的には同じで、アセチルコリンも共通している。したがって有機リン系農薬もネオニコ系農薬も、人の体内に取り込まれれば神経系に何らかの作用を及ぼす(注2)。
とくにネオニコ系農薬が作用しやすいアセチルコリンの「ニコチン性受容体」は、人では、(内臓などを動かす)自律神経系や(筋肉などを動かす)末梢神経で重要であるだけでなく、記憶、学習、情緒など脳の高次機能の面でも重要な役割を果たしていることが、近年分かってきた。また、脳の発達に重要な働きをしていることも分かってきた。このため、とくに胎児や小児など発達期の脳への影響が心配される。妊娠中の喫煙が胎児に悪影響を与えることはすでに分かっているが、それと同じような作用をネオニコ系農薬が人に及ぼす可能性があるという。

ケタ違いに高い農薬の残留基準
ネオニコ系農薬による食中毒はすでに発生しているとみるのが、開業医の青山美子医師(群馬県前橋市)と東京女子医科大学の平久美子医師である。
両氏によれば、茶飲料1リットル以上、果物500グラム(g)=リンゴやモモなら2個ほど=以上などを1週間から数カ月連続して摂取した結果、食中毒を発症した患者が何人もいる。主な症状は、手のふるえ、頭痛、全身倦怠感、腹痛、筋痛、脈の異常(頻脈、徐脈、不整脈)だ。解毒剤を処方し、茶飲料や果物の摂取をやめさせると治るという。
背景にあるのが、日本の農薬の残留基準の高さだ。アセタミプリドの例を表2に示したが、茶葉やブドウへの残留基準は単純に比較すればEUの500倍にもなっている。アメリカと比較してもブドウやトマトは25倍である。
厚生労働省は改定に動き、今年3月、表2に示したような改定案を発表。8月10日に告示され施行された。多くの作物の残留基準が引き下げられた中で、ブドウは据え置かれた。理由を問われた担当者の答えは「引き下げると生産者が困るから」だった。
この国の残留基準は、食品安全委員会の意見を聞いて厚労省が農薬と農作物の組み合わせごとに設定し、告示している。農薬ごとにADI(一日摂取許容量=人が毎日一生食べ続けても健康に悪影響がないと推定される量)を定めるなどして、科学的に設定されることになっている。しかし実態は、農薬登録の残留性試験で得られた実測値(残留値)のうちの最大値の2倍程度に決められているのがほとんどなのだ。これなら生産者が困ることはない。
しかし、人にとっては脅威となる。たとえば、残留基準値と同じ5ppm(ppmは100万分の1)のアセタミプリドが残留していたブドウ500gを、体重25kgの子どもが食べた場合を考えてみよう。この場合、体重1kg当たり0.1mgのアセタミプリドを摂ることになる。これはアセタミプリドのADI=0.071mg(体重1kg当たり一日)を超え、急性参照用量(ARfD)=0.1mg(同)と同量になる。急性参照用量とは、24時間またはそれより短時間に経口摂取しても健康に悪影響が生じないと推定される量だ。逆にいえば、これを超す量を摂取すれば、健康に悪影響が出る可能性がある。
日本の残留基準値が決して安心できるものではないことが、この例で理解できるだろう。

「ミツバチの警告」を真剣に受け止めよう
以上、ミツバチの大量死を手掛かりにして、農薬使用の実態やネオニコ系農薬の危険性を述べてきた。いま必要なのは、「ミツバチの警告」を真剣に受け止め、ミツバチにも昆虫や野鳥にも、そして人間にも住みやすい環境をつくる方向へ踏み出すことではないか。差し当たり、以下のような対策が考えられる。
まず、ネオニコ系農薬がミツバチや生態系、人の健康に与える影響の正確な調査を早急に始めるべきだ。そのさい、予防原則に立ってネオニコ系農薬の使用を一時的に中止することも考えられる(注3)。
同時に、農薬登録の方法や残留基準の決め方を改める必要がある。農薬登録はこれまで以上に生態系や人の健康に配慮したものにし、残留基準は厳しくしなければならない。登録や基準の決定過程を透明にすることも必要だ。
根本的には農薬の使用を減らしていかなければならない。いま日本では農業でも家庭でも、きわめて安易に農薬や化学物質が使われている。ムダな農薬使用をやめるだけで、使用量は相当に減るはずだ。ムダの典型が、消費者には何の意味もないカメムシ防除のための農薬散布である(注4)。さらには農業のあり方も変えていくべきだろう。
欧州の国々はすでに、減農薬へ歩み出している。フランスは昨年2月、生産確保と自然環境保全を両立させる農業を2020年までに確立する計画を発表している。達成すべき五つの課題には「農薬使用量の半減」と「持続可能な養蜂」が含まれている。また英国は昨年3月に、ミツバチの健康を保護・改善する10カ年計画を発表した。このような先例にも学ぶべきだ。


注2=アメリカ・ハーバード大学などの研究チームは今年5月、有機リン系農薬を低濃度でも摂取した子どもは、注意欠陥・多動性障害(ADHD)になる確率が約2倍高くなるとの研究結果を発表している。低濃度とは、一般人が普通の生活をしていて取り込む程度の濃度のことであり、ADHDとは、子どもの年齢や発達レベルに見合わない多動性や衝動性をもち、注意を持続することができない症状をいう。自閉症や学習障害などと並んで、近年大きな問題になりつつある「発達障害」の一つだ。文部科学省の調査では、日本でも発達障害と思われる小中学生が6%以上いた。

注3=NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議は今年2月に「ネオニコチノイド系農薬の使用中止等を求める緊急提言」を発表し、ネオニコ系農薬の登録取り消しや家庭内での使用禁止を求めている。

注4=カメムシが稲穂の汁を吸うと、黒い斑点のついた斑点米(着色粒)になる。斑点がついたからといって食べた人の健康に被害はなく、味も変わらない。また、色彩選別機によって精米の段階で除去されるので、斑点米が消費者に届くこともまずない。しかし見た目が悪いという理由で、農産物検査法に基づく新米の等級検査では着色粒の目視検査が行なわれ、着色粒の割合が0.1%(1000粒に1粒)以下なら1等米、0.3%以下なら2等米などと等級がつけられる。1等米と2等米で食味に差はないのに、農家が農協などに出荷する際、値段にかなりの差がつけられる。このため農家はカメムシを退治しようと大量の農薬を散布する。現行の農産物検査法や米の表示制度には他にも不合理・理不尽な点が多いため、農家や消費者団体が「米の検査規格の見直しを求める会」を結成し、改正を求めて運動している。

〈表2〉日本の残留農薬基準はこんなに甘い!

アセタミプリドの場合(単位ppm)
食品        日本    アメリカ   EU
          旧  新
リンゴ、ナシ   5  2   1     0.1
ブドウ       5  5   0.2   0.01*
イチゴ       5  3   0.6   0.01*
トマト       5  2   0.2   0.1
茶 葉      50 30   (注1)  0.1*

日本の「旧」は改正前、「新」は改正後
*は、検出限界値が基準値になっている
(注1)10年2月、日本からの申請値50を、「アメリカの登録ではない」との注釈つきで記載。
出所:平久美子氏、木村-黒田純子氏の資料などを基に筆者作成
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack