2012.08.20 市場原理主義の幻想(2)
―商品情報の非対称性を考える―

半澤健市 (元金融機関勤務)
  
                
 市場の主役は売り手と買い手である。
トヨタが、製品原料の薄板を新日鐵から買うのか、ポスコ(韓国企業)から買うのか。
パナソニックが、資金を三井住友銀行から借りるか、JPモルガン・チェースから借りるか。日立が、増資の幹事証券に野村を指名するのか、三菱UFJ・モルガンスタンレーを指名するのか。売り手も買い手もプロである。市場参加者としての資質、能力、情報量の優劣など誰も問題にしない。しかし、そういう世界でも「サブプライム」危機ではプロがプロに騙されたのであった。

《消費者は本当の商品知識をもっているか》
 されば読者がテレビを買うとき、ソニーにするか、サムソンにするか。パソコンを買うとき、東芝を買うか、DELLを買うか。この場合、すなわち企業vs消費者の場合はプロ同士ではない。商品知識の格差は大きい。難しくいうと「非対称性」が大きい。それでもテレビとは何か。パソコンとは何か。それくらいは買い手も知っている。仮に欠陥商品に当たっても命に別状はなかろう。ならば金融商品の場合はどうか。

たとえば退職金の運用。この選択の巧拙は一生の生活設計に関わる。
預金にするのか。投資信託にするのか。投信の場合、円建てか外貨建てか。外貨は何か。株式投信か債券投信か。こういう場合の商品知識の非対称性は無限といえるほど大きい。
そもそも投信は素人向け商品であった。それでもこれだけの多くの選択肢をもっている。一体、インテリでも金融商品の実務的知識は乏しいのである。1997年秋に大手証券が破綻したとき、全国紙で経済担当の論説委員をしていた先輩が慌てて電話をしてきた。預けた証券は紙くずになるのか、どうすればいいのか、というのである。彼を侮蔑するのではない。これは普通のことである。自分の法律知識、健康知識などの専門にわたる実務知識を考えればすぐわかる。

《全く保護されていない消費者》
 専門知識のない消費者は保護されているのか。
「全く保護されていない。裸の王様だ」。これが私の認識である。理由は三つある。
一つは、それが現代社会の特色であるからである。
アダム・スミスは、『諸国民の富』を分業から説き始めている。それは18世紀終盤のことであった。以来、250年の歴史は「分業化・専門化・高度化」による発展の歴史である。社会は全体像の認識を失い、専門化集団のタコツボに溢れた世界となった。一消費者がもつ金融商品知識など巨象に対するアリのようなものである。
二つは、消費者行政が有名無実であるからである
先進世界はその状態を放置したわけではない。米国では1929年恐慌を契機に投資家保護の規制が始まった。一方で消費者運動も発展した。戦後日本では「企業に良いことは日本に良いことだ」ったので、消費者の利益という思想が確立していない。消費者行政は業界保護行政である。90年代、私が証券マンの頃には、顧客が役所(大蔵省「関東財務局」)に対してクレームをに申し立てると、その役所は私の会社に「○○(証券会社名)さん、困りますね。この程度のクレームはそっち(証券)で解決してくれないと困りますよ」と電話をしてきたものである。各業界とも今も似たようなものだろうだと思う。
三つは、消費者がそれを自覚していないからである。
「3.11」は、政・産・官・学・メディアがグルであることを露呈しつつある。労働者を保護すべき厚労省が、過労死に至るような、超長時間労働をさせている企業名を公表しないのである。福島原発事故の録画公開方法をみよ。経産省は誰のために行政を行っているか。野田内閣が、国民と原子力ムラのどっちの利益を護っているか。一目瞭然だ。もちろんムラの利益を護っているのである。しかし消費者全員がそれを自覚しているわけではない。「お上」の威信、「お上」への依存心は消滅にほど遠い。

《即製の対策はない―民主主義の成熟度を反映
 消費者という視点を切り口でみると「市場原理主義の幻想」は、論議の余地がない。こういう状況はどう打開すればいいのだろうか。私は即製の対策はないと思っている。これは民主主義の成熟度―正確には未成熟度―とパラレルの問題であるからである。無策でよいというのではない。しかしこの問題は、頭の良い官僚が考えれば解決策が出てくる問題ではない。資本主義をどう制御するか。国のかたちをどうするか。そういう極めて原理的でありラジカル(根源的)な問題であるからである。

Comment
「市場原理主義の幻想」第1部に次いで、第2部―商品情報の非対称性を考える―も面白く読ませて頂きました。金融商品に対し専門知識のない消費者にも判り易い説明です。非対称性が故に犠牲者になる可能性がある我々が「裸の王様」と認識される理由の1,2は客観的事実として容易に認識出来ますが、第3についてはご指摘通り私自身も殆ど自覚していませんでした。即製の対策がない恐ろしい金融商品市場から自分を守る手段は「怖いものには手を出さない」哲学で、増殖は出来ないが、法的に保護されていることが素人にも認識できる銀行預金で長年じっと我慢しています。


戸松孝夫 (URL) 2012/08/20 Mon 16:42 [ Edit ]
 いつも興味深く拝読しています。今回は、「民主主義の成熟度」につき共感しました。この点につき、さらに分析していただけないでしょうか。
 自立した市民が支える本当の民主主義をつくることなくして、日本が抱える課題を解決することはできないと思います。
井原勝介 (URL) 2012/08/20 Mon 17:41 [ Edit ]
◆戸松孝夫様
コメント有り難うございます。デフレ時代は、低金利だが物価が下がるので、金利生活者に幸福な時代です。一方、財政危機、国債暴落(銀行資産の三分の一は国債)、円安、超インフレが近いという人もいます。その時は預金は紙屑になります。両説について私も色々な形で書いてきた通りです。いずれも理屈は通るのです。結局は、自己責任で判断せよというのが、アダム・スミス以来の資本主義の原則ですね。

◆井原勝介様
的確なコメント有り難うございます。商品知識論から民主主義の成熟度に言及したのは飛躍でした。しかしその点に共感していただき大変嬉しく存じます。日本が抱える問題を突き詰めると結局、民主主義の在りように突き当たると、私はずっと感じてきました。外交、内政のあらゆる問題の原点に、日本の民主主義は本物かというテーマがあります。
我々はしばしば民主主義を、「制度」「法律」として論じます。しかし私は、民主主義は「思想としての民主主義」(吉野作造)、「運動としての民主主義」(自由民権・普選運動)、「制度としての民主主義」(日本国憲法)を経て、最後に「実態としての民主主義」(「日米同盟」下の祖国)というプロセスがあると考えます。
民主主義は、静的な概念でなく、「永久革命」というべき的動な概念であります。明治維新以来、150年で日本の民主主義はやっと現在の水準に到達しました。永久革命はあと150年必要ではないかといのが私の考えです。それには、たとえば「教育」による主体的人間形成のような迂遠な道が必要であろうと私は考えています。
行政と政治の修羅場を知る井原さんに「釈迦に説法」とは承知の上で、「口舌の徒」として敢えて考えていることを述べました。真意をお汲み取りいただければ幸いです。
半澤健市 (URL) 2012/08/24 Fri 12:12 [ Edit ]
◆「市場原理主義の幻想」(1回目)もご覧下さい。
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2069.html
半澤健市 (URL) 2012/08/29 Wed 19:39 [ Edit ]
半澤様

遅い反応で恐縮ですが、
「市場原理主義の幻想」を
この4月末から私が始めたインターネットTVでお話しいただけませんでしょうか

日程上、時間に限りがある場合、「保護されない消費者」の件でも
お話しいただけないでしょうか。

やはり半澤さんの実体験に裏打ちされたメディアと官僚組織の問題点を一人でも多くの皆さんに知って頂きたいと思いました。

スタジオは南青山1丁目です。

もしお引き受け頂けるのであれば
生放送であれ、事前収録であれ 日程を調整したいと考えております。

本来、この種のメイルは行けないのでしょうが、半澤さんの指摘は より多くの人たちが知るべきですし、また、この機会に少しでも「リベラル
21」の広報に役に立てればと思っています。
大貫康雄 (URL) 2013/05/27 Mon 00:15 [ Edit ]
◆大貫様
有り難いご依頼に感謝申し上げます。
未経験な人間に可能かという点と、このところ体調不良でもあるので、別途にご連絡いたします。ご了承下さい。
半澤健市 (URL) 2013/05/27 Mon 23:18 [ Edit ]
半澤様

早速の御返事を頂き恐縮です。御自身の健康が十分回復された時で結構です。私のインターネットTVは舞台裏も見せて隠すこと無し、タブーも無しで、大手メディアが報道しようとしない点を出来るだけ伝えようという姿勢が基本です。素人であれ誰であれ、経験なり職業を通した智恵や思いを発信したい問題がある人たちに来て貰おうと考えております。自由に普段着でお話しして頂くのが一番であると考えております。
半澤さんの健康が回復されることを願っております。
大貫康雄 (URL) 2013/05/28 Tue 01:24 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack