2008.01.31 〔書評〕  小川原正道『西南戦争 西郷隆盛と日本最後の内戦』
(中央公論新社、¥861)

雨宮由希夫 (書評家)

 「何のための御一新であり、何のための革命であったのか。これでは徳川家に申し訳ない」と西郷隆盛は維新後、怒ったというが、私はこの西郷発言に胡散臭さを覚えてならない。この発言から、幕末期、体制の変革を目指し、なんとしても武力討伐を完遂せずにはおられなかった西郷が、討幕後の国家構想について、何の青写真も持ち合わせていなかったことが想定されるからである。
 西郷が、「幕末維新の激動期の最大のリーダー」であることには異を唱えない。元治元年(1864)の禁門の変から、明治元年(1868)の江戸城明け渡しに至るまでの日本の歴史の主役の一人は間違いなく西郷であった。しかし、西郷の生涯の最大の謎は、やはり、江戸城開城を境にして起きた、別人のような豹変ぶりであり、これが同一人物の軌跡かと誰しもが首をかしげるだろう。
 西郷の同時代人である内村鑑三は「ある意味で1868年の日本の維新革命は、西郷の革命であった」(『代表的日本人』)と書いている。西郷を書くことは維新史を書くことであり、「明治維新とは何か」を問うことであると内村は言っている。確かに西郷は、日本の近代化というものを考えるうえで避けて通れない存在なのである。続いて、内村が、西南戦争と西郷について、「西郷の生涯のこの時期を歴史が解明できるのは、まだ百年先のことでしょう」と書き残しているのは興味深い。
 迂闊ではあるが、昨年は百年先どころか、西南戦争勃発130周年の年であった。
本書の著者・小川原正道は近代日本政治史を専攻する研究者である。小川原は、本書は「反逆の伏線を形成した明治六年(1873)の政変から、朝敵の烙印が消される明治22年(1889)あたりまでを叙述の範囲とした西南戦争の通史」を目指した「ささやかな入門書」であるとしている。
 「最大の士族の反乱」として片付けるにはあまりに事が大きすぎる西南戦争はどうして起こったのか。
  「専制政府の打倒という共通の調べが流れている。何よりも、これを逃がしては政府を打倒するチャンスはないという切迫感と、西郷ならば、という期待感がただよっていた」と当時の状況を描写した上で、著者は、西南戦争の大義名分を、以下のように分析する。
 西郷暗殺疑惑を挙兵の正当性の根拠にまで押し上げたが、本当にそれが挙兵の名分足りうるのかといった疑問は、支配的意見にならなかった。非は政府にあり、義はこちらにあり、西郷隆盛という英雄と幕府を倒した薩摩という「雄藩」に対する自信と自負があった。
 名分にこだわり続けた西郷が、「政府への尋問」を建前とするばかりの名分なき蹶起に踏み切らざるを得なかったところにこの反逆の悲劇とわかりにくさがある。
 「反乱」の名分は曖昧であったが、全軍の求心力はつねに、維新の英雄であり陸軍大将であり私学校の創立者である「西郷隆盛」という個人が背負っていたところに、この西南戦争の特徴があり、悲劇がある。

  と不透明な「名分」を繰り返し説明し、「西郷隆盛はあえて真情を語ることも、自他の命を救うこともないまま、賊として死んだ」としている。
 著者はまた、丹念に歴史の流れを記述し、西南戦争のよってきたるゆえんを淡々と書いている。
 西郷が下野している間に、明治9年(1876)2月、懸案の日朝国交問題が解決している。同年3月の廃刀令は単に帯刀が違法であるばかりでなく、私兵を起こすのは「無名の師」であり、「賊軍」であると規定したものであった。国交樹立によって「征韓」の可能性が消えた上に、士族の家禄が廃止(同年8月)された今、士族の不満のエネルギーは「内」において爆発せざるを得ない。かくして、翌年二月の西南戦争への道は敷かれた――と。
 戦争中の西郷について「異常なまでの『護衛』と『監視』が身辺警護の名の下になされ、西郷の行動や発言までもが拘束されていた」事実が指摘されている。
 また、西郷をめぐる人々の描写が精彩を放っている。
 西郷の抵抗は専制政治に対する自立した個人の抵抗であり、そうした西郷の反逆について、政府転覆を一切認めないとするなら、今の政府高官も幕府を転覆した「国賊」ではないかと痛論した福沢諭吉――、 薩軍とともに起つかどうかの選択を迫られたとき、名分がないことをあげて渋ったが、薩軍の敗北が確定するや、機を見るに敏とも、節操がないともいえるあざやかなまでの方向転換をした板垣退助――、岩倉使節団の一員ながら、蹶起を余儀なくされた西洋通の村田新八――、この反逆はあくまでも兄の意志にあらずとしながらも、悲痛にも兄と別離し対決した西郷従道――、「末期の奉公」として自ら征討の任にあたりたいと明治天皇に懇望した木戸孝允――。 
 ただ宿命の大久保利通との関係については、「二人の間に流れていた3年余りの時間は余りに長く、生きている空間が余りに違いすぎた」といささか情感的である。
 「多様な」という言葉が多用されていることも本書の特色である。
 「多様な性格を持っていた西南戦争」。「西郷による政府打倒の可能性に期待して多様な思いを抱いた党薩諸隊」。「私学校党といっても多様な性格があった」。「英雄はこれからも多様な期待と理想を背負っていくことになる」。「西郷の“見えにくさ”と“巨大さ”が多様な伝説の根源になっている」等々。
 慎重な節回しに研究者としての著者の謙虚な姿勢を感じるが、それとともに、残尿感のようなもどかしさを感じるのも事実である。
 明治維新はいつからいつまでかという争点があり、エンドを西南戦争とする考えも有力である。
本書は、西南戦争とは何かと問う上で、征韓論の下野から説き起こしているが、やはり、幕末政治史の延長線上において吟味しないと、西南戦争のよって来るゆえんが明らかにならないのではないか。
 西郷そのひとの思考回路は維新前も維新後も少しも変わっていず、常に明日への明確な青写真を持ち得なかった。それゆえの幕切れであって悲劇でもなんでもない、と私はみる。
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack