2013.08.24 「終戦記念」報道への違和感
―「感傷と詠嘆」では立ち向かえない時代に ―

半澤健市 (元金融機関勤務)


 今年も8月15日の前後に「終戦記念」番組と記事がテレビと新聞に現れた。その多くは、真面目な意図でつくられていると感ずる。私はそれを観たり読んだりして失望し、落胆し、落涙した。何という愚かな作戦であったのか。何というブザマな敗北であったのか。他に打つ手がなかったのか。何という悲劇を日本人は演じたのか。

《通史のないエピソード》
 しかし同時に「終戦記念」報道に対する、私の「違和感」が年々募っているのも事実である。一度は言いたいと思っていたので率直に書く。

「我々は将棋の駒のように使い棄てられた」という老兵士。「軍隊は国民を守らないものだと知った」という老婦人。そして「平和ほど大事なものはない」と結ぶ結末。そこにウソはない。彼らの感じた事実であろう。結論も間違いではない。いずれも涙をそそる。しかし、それらは「通史のないエピソード集」ではないのか。「ディテールだけが生き生きした」報告集ではないのか。「感傷と詠嘆」の言語パレードではないのか。不謹慎を承知でいえば、9回の野球試合の中盤3インニングだけを取り出してスコアを付けている。歴史の文脈を離れている。それはどういうことを意味しているのか。

「大東亜戦争」が、どうして、だれによって、どこで、どのように、きまって、はじまったのか。「大東亜戦争」は、どうして、だれによって、どこで、どのように、きまって、おわった(負けた)のか。あの戦争は世界史になにを残したのか。20世紀の人類にそれはなにを教えているのか。何よりも我々日本人はあの戦争にどんな結論を出したのか。この最も「基本的な視点」が、ほとんど不明のままに「終戦記念」報道には、「感傷と詠嘆」だけが氾濫しているのである。どうしてもそうとしか私には思えないのである。

《多数派に逆利用されるおそれ》
 お前の物言いは大袈裟に過ぎるのではないか。そんなことはみんなの承知している前提である。人はこういうかも知れぬ。
しかし時代は、「戦後レジームからの脱却」、「日本を取り戻す」を是とする者たちが多数派の時代なのである。そういう事態となった現在、「基本的な視点」不在の「感傷と詠嘆」の無力は明らかである。逆利用さえされかねない。
なぜこんなことになったのか。この状況からの出口はないのか。それに答えるには別の長い文章を必要とするだろう。今回は読者への問題提起にとどめたい。

Comment
やりたくてもできない環境が伝統となっているから。
悲劇→反戦までがテレビ番組の限界で、映画の場合は「ラストエンペラー」ごときの数分もないカットで、極右がスクリーンカットをしでかしていましたからね。
よって草木も眠る丑三つ時に、世界大戦全体を振り返るような形でくらいしか流せない。
職業右翼が確信犯で暴れる図式がかつてならば、あえて乱暴に言えば、北朝鮮拉致事件が明るみになって以降の世間的なノリが今なのではないでしょうかね?
匿名が当然なネットが本格的に普及したのも同時期だし、半澤さんが指摘なさった原因に少しでも触れようなら、有象無象の普通の市民が抗議圧力を加えるからではないですか?
職業右翼と違い、ネットだと気軽に活動できますし。
昭和時代は天皇の戦争責任がタブーでした。平成からはそれはだいぶ改善されたが、代わりに拉致憎しの感情論と経済成長に裏打ちされた中国の軍拡化で「原因に触れる」と大衆感情を逆なですらしかねないからでは?NHKは犬HKであり、民放はビジネスだから今の社会情勢では余計無理ですね。
ついでに言えば、自民党などの支配体制側は、北朝鮮との国交回復など毛頭考えてないはずです。だって、それをしたら過去の植民地支配の蛮行ネタ、日本への炭鉱などへの強制連行事件などを訴えられて大事になるかもしれないから…。
かつての韓国や中国との国交回復の図式を適応できるとか考えること自体「ぬるい」お話だと思うし、そもそも現在日本の圧倒的なマジョリティーは「犯罪に時効なく、悪党には厳罰を!死刑バンザイ!」でありますから、具体的に事実なりを詰められて損害補償などとなるとどうなるか?まあ、理屈では時効とか言えませんねえ(笑)。*絶対、叫び始めるとは思いますが。
北朝鮮の捏造行為だと過去のいじめを隠蔽しようとする切り返しは、大衆受けとしては相当の効果があるとは思うが、それでもややこしくなるでしょう。それより拉致許さないコールを連発して睨み合い続けた方がはるかにお得。津川雅彦バンザイってか(笑)。
為替相場等の知識もない私ですが、かつての金丸さんじゃないが「金で買う」っていう発想も観念右翼を全面に押し出す今の自民党にはないでしょう。
円をばらまき、北朝鮮を黙らせることと、拉致被害者の在庫一斉売り出しと書けば、即座に極右に刺殺されちまう[だから匿名は大切?]だろうが、結局、韓国も中国もそこん所でナシがついた。むろん、やくざな取引の矛盾、泣き寝入りさせられた個人の怒りを私は看過できないし、それがドイツと日本の「オトシマエ」のつけ方の違いでもあるでしょう。
見たことはむろんないが加藤剛さんが主演していたドラマが流されていた時代は、それも許されるほどの実感が持てたからだろう。
旅マン (URL) 2013/08/24 Sat 03:09 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack