2008.03.31 ことば (13) 英作文のすすめ
目的語と補語

松野町夫 (翻訳家)

日本にいて最も効率よく英語を学習する方法は?と質問されたら、私は迷うことなく和文英訳を奨めたい。私たちの母語は日本語なので日本語ならどのような内容でも、即座に話したり書いたりできる。後はただ、この日本語を英語に翻訳するだけでよいから。この方法なら誰でもできる。もちろん、こうした方法で作成された英語は、日本語の影響を強く受けたユニークな英語、ジャパニーズ・イングリッシュとなるが、それは仕方がない。しかし、ジャパニーズ・イングリッシュは、れっきとした国際英語である。国際英語は、英米人の母語である民族英語とは多少、異なるが、コミュニケーションの手段として、世界各国でまちがいなく役に立つ。

それでも英作文はどうも苦手とおっしゃる人に、ポイントさえ押さえれば英文は意外と簡単に作成できると申し上げたい。ポイントは、日本語では動詞はいつも文の最後に来るが、英語では動詞は主語のすぐ後に来るということ。たったこれだけ。英文は基本的に SVOの構造(文型)となる。日本語はSOV型。S は主語(Subject)、Vは動詞(Verb)、O は目的語(Object)。主語や目的語になれるのは名詞。これだけでとりあえず基本的な英文は作れる。たとえば、「私はボールを持っている」を英語に変換するには、「私」+「持っている」+「ボール」と語順を並べ替えて、それぞれの単語を英語に直すだけのこと。

私はボールを持っている。 (日本語はSOV型)
S(私) O(ボール) V(持っている)

「私」+「持っている」+「ボール」
S (I) V (have) O (a ball)
I have a ball. (英語はSVO型)

ね、簡単でしょう。
have の代わりに like を、a ball の代わりに her を使用して、I like her. (=私は彼女が好きだ)。また、彼女の代わりに「英語」を使用すると、I like English. (=私は英語が好きだ)。主語や目的語の単語を入れ替えることで、いろいろな文章をいくらでも作ることができる。長文でもこの原則は変わらない。しかし最初のうちは短文を並べていく方法をお奨めする。これだと簡単に次々と英文が書ける(話せる)。読み手(聞き手)の方も理解しやすい。

I like English. It is easy. I study English every day. I want to improve my English more.
私は英語が好きだ。英語はやさしい。毎日英語を勉強している。もっと英語がうまくなりたい。

英語ではこのようにSVO の文型が圧倒的に多いが、実はもうひとつ大事な文型がある。それは SVC。上の文のうち、It is easy. だけはSVCの文型だ。主語(S) と動詞(V) と補語(C)。補語(Complement) とは主語をおぎなう語のこと。補語は主語の性質や状態を説明する。主語と補語は等しい。しかし、主語と目的語は別物だ。主語(S) との関係を通して、目的語(O) と補語(C) を比較すると、お互いの性質がわかりやすい。

A: I like English. 私は英語が好きだ。 (SVO)
B: I am a boy. 私は少年である。 (SVC)

Aの文では、主語はI (私)、動詞は like (好きだ)、目的語はEnglish (英語)、つまりSVOの文型。
Bの文では、主語はI (私)、動詞は is (~である)、補語はa boy (少年)、これはSVCの文型。

主語(S) との関係からみると、主語と等しければ補語、主語と別物であれば目的語となる。数式で表現すると、 S = C, S ≠ O となる。Aの文の「私」と「英語」は別物。「私」≠「英語」、だから「英語」は目的語となる。Bの文の「私」と「少年」は等しい。「私」=「少年」、だから「少年」は補語となるという次第。補語になるのは通常、名詞または形容詞。

SVO の文は受身にできるが、SVC は受身にできない。実際、目的語(O) と補語(C) の区別はとても重要である。主語、動詞、目的語、補語がわかると、すべての文型の英文を作れるようになる。それに、大人は理屈(文法)から入った方が学習効果が格段に上がるという利点もある。

それではここで、夏目漱石の『吾輩は猫である』の冒頭部分を練習に英訳してみよう。ただし、文学作品らしい格調の高い翻訳をなどと、高望みは禁物。国際英語はわかりやすいのが何よりも大事。また、日本語には助詞(てにをは)があるので、どのような順序に単語を並べても意味のとり違いは起きないが、英語には助詞がないので語順 (word order) で区別する。英語では「語順が命」。英訳の際、語順にはご用心を。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。なんでも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていたことだけは記憶している。吾輩はここではじめて人間というものを見た。

私 である 猫。
I am a cat. (SVC)

私 持っていない 名前 まだ。
I don't have my name yet. (SVO)

私 知らない 生まれた場所 ぜんぜん。
I don't know my birthplace at all. (SVO)

私 ただ記憶している (私 ニャーニャー泣いていた どこか薄暗いじめじめした所)。
I only remember I was meowing somewhere in a dark wet place. (SVO)

私 見た 人間 ここで はじめて。
I saw a human here for the first time. (SVO)

国際英語としてはこれで一応、OK ということにしたい。口直しに、ネイティブ・スピーカーの英文を紹介したい。川端康成の小説『雪国』の冒頭をサイデンステッカーは次のように翻訳している。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。
The train came out of the long tunnel into the snow country.
(SV)

ここでは、国境(くにざかい)ということばが無視(省略)され、The train という単語が主語として補充されている。この結果、訳文はわかりやすい自然な英文に仕上がっている。翻訳に補完作業(省略と補充)はつきもの。日本語では主語は省略できる場合が多いが、英語では主語は欠かせない。

夜の底が白くなった。
The earth lay white under the night sky.
(SVC)

これは詩的な文学的表現なので私にはあまり深入りできないが、「夜の底」という日本語の抽象的な表現に比べて、英語の The earth under the night sky は「具体的」「説明的」でわかりやすい。意訳すると、「大地は夜空の下、白く横たわっていた」。要は、「地面に雪が積もっていた」ということ。直訳の ”The bottom of the night became white.” では、何のことかさっぱりわからず、これではノーベル文学賞はとても無理だったでしょうね、きっと。

信号所に汽車が止まった。
The train pulled up at a signal stop.
(SV)

ウーン、やはりネイティブ・スピーカーの英文は簡潔で美しい。民族英語はいきいきとした英米文化を背景に持つ。それでもあえて国際英語の有用性をもう一度、ここで強調したい。ジャパニーズ・イングリッシュは役に立つと。
Comment
Mar. 31, 2008.

Dear Machio,

I am feeling very happy now since I heard your vivid voice several minutes ago, from which I confirmed your popwerfulness both in mind and in body. And I must thank for sending me your good translation of the last poem of Mitsuhide Akechi, which seemed to be quite superior to mine, as is often the case with me.

Just now I should like to say to some extent that I am, so to speak, mentally at my peak, and so I am filled with a kind of fighting spirit. To the end of my life, I would like to continue to study English and other languages (=Ich bin jederzeit bereit fur meine Wissenschaft to sterben.).

  “英作文のすすめ”を読んで:私も常々感じるところであり,松野氏と全く同感である.かって、わが国の英語界の碩学の一人であった故福原麟太郎氏も,ある著書の中で,“長文を英訳した後は,何か一仕事できたという達成感を感じる”ーーという意味合いのことを書いておられたようである.確かに,英訳は一苦労する.英語で微妙な意味合いを表現するには,助動詞,前置詞,冠詞などに習熟する必要があるのではないか.更に納得の行く英文を書き上げる為には,類語辞典,表現辞典,Collocation辞典などで数多くの類題・例題に当たる必要があるのではないか.何とか英作文が完了したら,校正を2校3校する必要があると思われる.そうして数回読み返す中に充実感・達成感みたいなものが心の底から味わえるものと思います.

That's all just now. Please be very careful of your health.

See you,

Haru.
Haru (URL) 2008/03/31 Mon 21:25 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack