2015.08.29 かんぽ生命にご用心! 
    年寄り狙いはおれおれ詐欺だけではない
    暴論珍説メモ(140)  

田畑光永 (ジャーナリスト)


 あんまり腹が立ったから、個人的な経験を書かせていただく。保険の話である。
 歳をとれば誰しも新しい保険とは縁遠くなる。当然のことだ。ところが、先日、家内のところへかんぽ生命の勧誘員が上司と称する人物とともにやってきた。伏線として、わが女房どのは昔から銀行や証券会社がきらいで、というか、飲み込みが悪くて話がよくわからないから敬遠するというタチで、貯金も保険も郵便局だのみというところがあって、やってきた勧誘員とはうっすら顔なじみという関係であったらしい。
 彼らは昔の簡易保険はお客に有利で、お宅もずいぶん恩恵を受けたはずだというような話をひとくさりしたあと、やおら「保障と満期の楽しみをお考えの方に 新フリープラン 普通養老保険 全期間払込90歳満期養老保険」と題するパンフレットを取り出した。
この保険の特徴は「90歳満期」にある。そんなもの、若いひとは見向きもしないだろうから、明らかに年寄り狙いである。かく言う小生は今月末に80歳に到達する押しも押されもしない年寄りである。向こうの狙いにぴったりというわけである。
 それで勧誘員が作ってきたプランは小生を被保険者に家内を受取人とする契約で、90歳満期で、それ以前に死亡した場合や重度障害となった場合に500万円を支払う。生きて満期を迎えた場合も500万円が支払われる。だから「保障と満期の楽しみ」ということになるのだろう。
 問題は保険料である。それが小生の場合、月額68250円だというのである。年額では819000円である。10年かければその10倍になる。支払われる保険金が500万ということは、かけ始めてからうっかり6年も生きると、そのあと払う保険料はそのままただで取られるわけである。
 勿論、保険には保障機能(6年以前に死ねば受取金額が払った保険料より多くなる)があるから、そのコストは分かるが、満期まで800万円以上払って受け取るのは500万円というのはいくらなんでもひどすぎないか。
 これは68250円という月々の支払と500万円という死亡時の受け取り額との間の差額に目をくらませようという、年寄りのボケを狙った詐欺商法である。そこを会社側も意識していて、パンフレットの表面にはわざわざこんなことが書いてある。
 「当社では、満70歳以上のお客さまには、ご家族などのご同席をお願いしています。
保険の商品内容をしっかりご理解いただくために、満70歳以上のお客さまには、ご家族、またはご親族とご一緒に説明しております」
 おそらくこれは問題になった場合の言いぬけ用である。守られていない。現にわが家に来た2人は「保険の内容はご主人さまには言わない方がいいでしょう」と繰り返したという。年齢的に死が間近に迫っていることをお互い意識して、生きているのだから、それを確認するような保険に入ることは言わない方がいい、ということらしいが、自分が6年以上生きたら損するなどという保険は不愉快千万であるから(私も不愉快千万であった)、本人の耳に入れれば、間違いなく話が壊れる。そこで本人抜きで契約をまとめようとしたのだろう。
 もっと悪い想像をすれば、家族がもう長いことはないとふんで、老人にこの保険をかけたとして、その老人が採算分岐点を越えて生きながらえたら、家族は悔し涙で無駄となる保険金を払い続けなければならない。そこから先、どんなことが起り得るか、あんまり考えたくはない状況だ。
 というわけで、この保険設計はあまりにひどい。保険会社は集めた保険金を運用して利益を出し、それを一定の条件で顧客に払い戻すのが本来の姿である。しかし、ゆうちょ銀行にしても、かんぽ生命にしても、昔の大蔵省資金運用部資金へ渡して国債を買っていれば仕事になった時代の名残で、運用がさっぱりとはかねて言われてきたのだが、老人ボケにつけむこんな詐欺まがいに手を出すようでは、民営化の結末は明らかである。
 ゆうちょ銀行もかんぽ生命も今秋には株を上場するという話だが、それへ向けての焦りがこんな商法を思いつかせたのかもしれない。とにかく、われこそは年寄りと自負する方々はくれぐれもご用心を。老人狙いはおれおれ詐欺だけではないのだ。

Comment
それって、法律上問題にならないのでしょうか?もう既に加入しておられる方がいらっしゃるかもしれませんね。最近つくづく思います。なんだかんだ言っても企業が儲かるようになっているのだと。
哲哉 (URL) 2015/08/29 Sat 02:43 [ Edit ]
 私も団塊の世代なので、あまり有利な生命保険には入ることができません。
 生命保険は、年齢が高くなるほど、掛ける保険金は高くなりますね。
 私は、若い時に友人から、終身保険は一つは入っておいたほうがいいと言われ、二つの保険会社と契約しました。
 もう支払いは終わり、一方は死亡すれば家族に一千万円入ります。片方は、倒産気味になり、保険金がだいぶ減額されました。
 私の家内も、被害を受けました。
 そんな訳で、今は、家族のためと思い、かんぽ生命には、負担にならないような100万円位の、保険に入っています。
 田畑先生の場合は、金額が大きいので、腹が立ったのだと思いますが、人生、先々何が起きるかわかりません。そのための、残される家族のためと、私は割り切っています。
鳴門舟 (URL) 2015/08/29 Sat 05:50 [ Edit ]
私もかんぽ生命のやり口にふつふつと怒りが湧いたので、注意喚起のために書きます。
実家の母とは徒歩3分程度離れて住んでおり、時々訪問します。
たまたま、母の家にいたら、郵便局から10時にお伺いしたが、お留守だったのでまた来ます、というメモと郵便局の女性職員の名刺があった。念のために電話をしてみると、両親が数年前からかけている簡易保険の代理人申請に来る、というのです。
母は高齢のため、娘の私もいた方がいいと言われ、待っておりました。
来たのはベテラン男性郵便局員と新人女性職員のペア。
家に上がると、急ぐ様子もなく、家族構成の話や、犬がいるので犬をかまったり、
世間話の好きな母が喜ぶので、そのまま楽しく話をいたしました。
母の貯金通帳を見せて欲しいと言われ、郵便局員だというの安心感から見せました。
その中から、ほぼ利率が0に近い100万と80万の定期を解約して、母が高齢なので相続の関係から、私の郵便局の通帳に移せばというのです。
まあ、どうせ母はいざという時しかそんな大金はおろさないし、母が病院に行くときは私がおろすので便利かと思って了承しました。
そうしたら、一度局に戻って30分後、契約書を持って来るからあなたは通帳、印鑑、免許証をコピーして置いてくださいと言われ、その通りにしました。
戻ってきた二人はタブレットを取り出し、病気はないかなどと話をし、タブレットにサインさせられました。何気なく世間話を挟むタイミングが絶妙にごまかされていて、説明を受けた私は、あなたは母のお金でかんぽ生命に入るとは一言も言われず、契約してしまっている自分に気づきました。
これは、母のお金を使って私にかんぽ生命に入れということ!
これからあなたがやることは、郵便局の窓口に母と行き、180万を下ろさせて私の口座に入れるのだと要点を書いた紙を渡しながら男性郵便局員はニコニコしていました。
ここで何気ない世間話で2時間かかって騙されたことに気づきましたが、既に断れない雰囲気でした。
50過ぎてこのような新手の詐欺にかかってしまうとは、情けないです。

最後、二人が帰ろうとして、母が気がつき、あなた方は結局何をしにきたの?と。
男性はやっと代理人申請の用紙を取り出し、私がサインしました。5分で済む話を2時間かけて巧妙に引っ掛けたのです。

私がバカなのがすべて悪いのですが、皆さんが騙されないよう恥を忍んで書きました。

皆さんも、家に来る郵便局員には注意してください。しかもクーリングオフしにくい3連休前の午後を狙ってたかもしれません。
悔しいので、明日、土曜日開いてる郵便局で絶対クーリングオフしてきます。
happypopo (URL) 2016/10/07 Fri 23:52 [ Edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
() 2016/11/03 Thu 05:28 [ Edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
() 2016/11/03 Thu 05:55 [ Edit ]
郵便局とかんぽ生命にだまされました!
私はもともと保険のしくみにうとくてわかりません。
最初は働いたお金をコツコツと貯金していましたが、局員の言葉巧みな勧誘に「10年後はお金が戻るから」と言われてかんぽ生命保険にも入っていました。
10年後に郵便局員から電話があって「満期の手続きをしないとアンタのお金を国庫に入れるからな!」と何度となく電話で脅されて手続きの催促をされました。
まだ満期日を迎えていない前の年の暮れに郵便局員等が4人もうちに手続きにやって来ました。4人の局員は勝手に私の承諾もなく私の知らないうちに私の貯金を解約して新しいかんぽ生命保険に当てたのです!
当時は局員等がうちへ来て何をやっているのかわかりませんでしたが、郵便局の手続き上だから大層なんだろうと思って見ていましたが、とにかく預けたお金を返してもらいたくて、急かされるままに、住所と名前を記入しました。(金額を記入する欄は一切ありませんでした)
局員に「ここに丸をつけて早く早く!」と促された手続きは満期の手続きではなく新規保険の手続きだったのでした。
そのことを私は当時は知りませんでした。
その後、かんぽ生命保険の証書が届いたので、私は驚いて「保険には入らない!」と郵便局に電話をしたのですが、局員から「ちょっと待ってて!手続きが遅れてるからこっちから連絡するから待ってて」と言われたので電話を切りました。
その後、間もなく家族が急病になって緊急入院して私はかんぽ生命保険のことをうっかり忘れてしまいました。
結局クーリングオフをさせてもらえず、現在、私の貯金を返してもらうために郵便局と訴訟中です。
局員から「アンタのお金を国庫に入れるからな!」と脅されて、年末の慌ただしい時に満期日を待たずに男の局員等が4人も家に押しかけて来て手続きを急かされて、500万円以上のかんぽ生命保険の契約をさせられていたとは知りませんでした。

私は生まれつき聴覚と視覚(片目ほぼ失明で見える目も手術して危険状態)に障害がある身障3級の障害者です。
私は障害者年金はもらっていませんが、ずっと働いて自立生活のためにコツコツ貯めたお金を郵便局にだまされて取り上げられてしまいすごく恐怖です!

国はこんなカタチで人をだまして、私のような障害者の弱者からお金を取り上げて儲けているのでしょうか?

裁判では局員等が法廷で自分達はちゃんと証拠がそろっているのだ!と強気で主張していますが、私をだまして取り上げたお金です!
一生懸命働いてコツコツ貯めた私の330万円を、局員等は新規保険の説明もせず、あっと言う間に局員同士で勝手に手続きをして巻き上げたのです。

私は330万円も取り上げられて、もし裁判に負けたらすごくショックで生活する気になれません!
郵便局は恐ろしい所です。
人をだましてお金を巻き上げます。
郵便局は人の生活を踏みにじって詐欺でお金を取っても平気な顔で自分達を正当化します。
郵便局は詐欺師!ドロボーだと思います!

金融庁にも郵便局のこのような詐欺行為を告発して苦情文書を送りましたが、無しのつぶてで黙殺されています。
精神的にショックで夜も眠れない日々です。
Danae (URL) 2016/11/03 Thu 22:38 [ Edit ]
郵便局に騙されて貯金を巻き上げて、新規保険500万円をかけさせられました。
局員等4人がうちに来て満期の手続きをせよと催促されて貯金を新規保険にあてがわれました。
訴訟中です。
(URL) 2016/11/03 Thu 23:08 [ Edit ]
興味深い記事です。ありがとうございます。保険の外交員に詐欺師まがいが多いのは、想像できます。
ただ、私から見ると妥当なプランだと思います。
たけちゃん (URL) 2016/11/27 Sun 22:57 [ Edit ]
かんぽ生命さいあく。
両親が認知となり、自分の銀行暗証番号もわからなくなった。父本日自宅で口座振替の連絡票を発見、年間824,808円年金生活で月6万以上の生命保険通常じゃ考えられない。通帳は現在私が管理しています。
しかし介護認定を進める直前に契約されていました。それも年一括払い、月払いなら管理している私が気が付くもの、悪質きわまりない。当時通帳もハンコもあづかっていたので病院で住所も書けない父が口座場番号かけるはずない。でも郵便局員はすべていしているから可能な仕業。悪質昨年すでにい1年分引き落とされていました。どうしたらようでしょう。すぐに解約させますが。すでに払ってしまったものを訴えて取り戻したいです。
板橋の住人 (URL) 2017/03/20 Mon 00:14 [ Edit ]
訴えてもムダだと思います。
私も訴訟を起こしましたが敗訴しました。
約100万円くらい損害が出ました。
こうして日本全国各地で同じような被害者が続出しているということは、局員個人の仕業では無いと思います。
だから敗訴になるのだと思います。
その意味を考えてください。怖くてはっきり書けません。
被害者団体などを立ち上げたいくらいですよね?
でもたぶん…、出来ないと思います。

なので私達個人がいくら訴えてもムダだと思います。

匿名 (URL) 2017/03/24 Fri 21:31 [ Edit ]
まんまと嘘の話で促され解約させられました。
訴訟も考えてます。
集団訴訟はどうなんでしょうか?
困ってます (URL) 2017/04/08 Sat 17:48 [ Edit ]
郵便事業を筆頭に慢性的な赤字体質で今まで何回も何回も値上げや前納割引見直しを行い魅力ゼロです。
自分自身入ってませんし前から親にも勧めてません。好きでやってる訳では大半はありませんが若い頃よく分からないまま配属になり転職出来ないから仕方なくやってます。
さて、被害にあった場合は加入した以外の局に行き1週間以内にクーリングオフする事です。土日含みますから注意を!
もし過ぎたらかんぽコールセンターに苦情として騙された旨と無効にする様に強く言う事です。
毎年苦情事例集がきますがかんぽコールセンターに詐欺又は虚偽表示無効を訴えると無効になるみたいです。また訴えられた受理者は何らかの懲戒処分がくだるそうです。
悔しさのあまりそれだけでは足りない方は消費者センターにも言いましょう。
これほど悪名高くても未だに世間体はとても気にする会社なので消費者センターに訴えらると苦情事案として関係ない局まで情報まわってきて無駄な問題点の勉強会します。再び金融庁から業務改善命令でると良いと思います。
私は嫌気さし、マイナス金利で商品に本当に全く魅力なく赤字もでかくなってきたので怖いけど思い切って転職しようと思います。
長文失礼しました。
legendidea (URL) 2017/04/09 Sun 18:41 [ Edit ]
田畑先生のおっしゃるような狙いで郵便局側がセールスしてるのは間違いありません。
狙われるのはだいたい65歳以上で、すでにかんぽの契約を複数持ってる人、養老保険の満期保険金が300万以上ある人、ゆうちょの定期定額が100万以上あって、ほとんど動いてない人などなどではないでしゃうか。
私はそういうやり方に嫌気がさして、よく上司と当たってましたし、果てには仕事への情熱を失い転職しました(笑)
私は大学を卒業して、新卒で日本郵便株式会社(いわゆる郵便局)に入社して、かんぽの渉外営業をしておりました。
この仕事をしていて一番驚かされたのが、70歳以上で新規契約される方の多さでした。
普通の保険会社なら新規契約は20〜40歳くらいがメインで、それ以上の年齢だと保険の減額など見直しがメインになると思います。
その原因はおそらく、2つあって、1つが内部的な評価を上げるためには被保険者の年齢は高めの方が有利な点、もう1つが、日本生命や明治安田生命さんのように、法人を回ってそこで新規開拓するノウハウがない点にあると私は考えています。
1つめの点で指摘したこととしては、評価が民間と違い保険金ベースでなく保険料ベースで行われるのでどうしても高齢者はカモにされます。
2つめはの点で指摘したこととしては、郵便局の渉外営業担当者の営業は個人宅への飛込み営業と既存客への手続き関係からの営業です。
驚くことに営業インストラクターなる社内の営業の指導的立場の人も法人営業のノウハウは持ってませんでしたし、挙げ句の果てにはそんなところで勝負しても無駄とよく言われましたからね(笑)
だいたい指導されるの相手を褒めましょう。それに時間の9割をつぎ込めとかそんなところだったような気がします。
多少話がそれてしまいましたが、郵便局だからとあまり、安易に信用しないことをお勧めします。
顧客ニーズを無視した保険設計を平気でする人たちは多いです。
特に課長(普通の会社なら係長級)と呼ばれる人が来るケースは肩書きにだまされないようにしてください。
そういう人ほどある意味、良心とかない人が多い(ゆえに出世してるんですが(笑))印象です。
他にも相続絡みの詐欺行為をする人も見受けられました。
日本郵政グループはテレビ、新聞に多数広告をうってるので、このような問題はなかなか表に出にくいですので、田畑先生の寄稿は大変意義があることだと思いました。
失礼しました。
たかしまや (URL) 2017/04/25 Tue 10:37 [ Edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
() 2017/06/12 Mon 03:34 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack