2015.11.18  大阪ダブル選の終盤、各社世論調査は一斉に大阪維新候補の優勢を伝えた、「おおさか維新」支持率が自民党支持率を上回るのはなぜか
     ~関西から(178)~

広原盛明(都市計画・まちづくり研究者)
            

 11月22日に迫った大阪ダブル選投開票日を前に、マスメディア各紙が16日朝刊で14日から15日にかけて行った大阪府民を対象とする世論調査結果を一斉に発表した。それによると、知事選、市長選ともに大阪維新候補が自民党推薦候補をリードしており、しかもその差が開きつつあるとの(私にとっては)驚くべき結果となった。具体的な数字は報道されていないが、各社記事には次のような表現で調査結果が報道されている。

 朝日新聞:「(知事選では)松井氏が優勢で、栗原氏が追う展開。市長選では吉村氏がやや先行し、柳本氏が激しく追う」
 読売新聞:「知事選は松井氏が優位に立ち、栗原氏が追う展開。市長選は吉村氏がややリードし、柳本氏が激しく追い上げている」
 毎日新聞(産経新聞、共同通信等との共同調査):「知事選では松井氏が栗原氏らに対して優位に立っている。市長選では吉村氏がリード、柳本氏が追う展開となっている」
 産経新聞(毎日新聞、共同通信等との共同調査):「(知事選は)松井氏がリードし、栗原氏を上回っている。市長選は10月下旬の段階で柳本氏と吉村氏が競り合っていたが、吉村氏が引き離しつつある」
 日経新聞:「知事選は松井氏が栗原氏らより優位に立っている。市長選では吉村氏がリード。柳本氏が追う展開となっている」

 私自身は微妙な表現の意味がわからないので友人のジャーナリストに聞いてみたところ、「松井氏が優位」というのは10ポイント以上リードしている状態を示し、「吉村氏がやや先行」というのは数ポイントぐらいのリードだろうと教えてくれた。いずれも無視できないレベルでの維新側のリードであり、このままいくとダブル選は「維新2勝0敗」という衝撃的な結果になりかねない。半年前に行われた大阪都構想住民投票の結果も、維新の党の分裂騒ぎもまるで何事もなかったかのようだ。

 しかし各社の調査結果が判で押したように共通しているのだから、維新側のリードはかなりの確率で確かなものだと考えなければいけない。そのうえ政党支持率の結果に関する産経記事は、「大阪府全体で見た政党支持率では、11月2日に設立したばかりで、今回調査で初めて対象となった新党『おおさか維新の会』がトップとなった。政党交付金などをめぐる維新の党との分裂騒動の影響が注目されたが、自民党などを上回る支持を集めた」と伝えている。ちなみに各政党の支持率は、おおさか維新の会28%、自民24%、民主5%、公明・共産4%、維新の党2%などである。

 また読売新聞によれば、「国政の支持政党別では、おおさか維新支持層の9割が市長選で吉村氏、知事選で松井氏と回答。自民支持層では、市長選で6割が柳本氏と答えたものの、知事選で栗原氏と答えたのは5割弱で、4割近くが松井氏と回答した」とある。つまり政党支持率第1位の「おおさか維新」支持層の大半がセットで吉村・松井氏に決めているのに対して、第2位の自民支持層は5割前後しか柳本・栗原氏に決めていない。これでは差が開くのは当然だろう。

 問題はなぜ「おおさか維新」支持率が自民支持率を上回り、しかも「おおさか維新」支持層の結束が固いのに対して、自民支持層の票が割れているかということだ。私は、安倍首相・菅官房長官をはじめとする首相官邸が実質的に吉村・松井氏を支援していることが「おおさか維新」支持層を元気づけ、自民支持層を分裂させていると考えている。理由は以下の3点である。

 第1は、自民党本部が首相官邸の意向を忖度(そんたく)して候補者決定を意図的に遅らせたことが、自民支持層の「迷い」を招いていることだ。自民党大阪府連は一刻も早く候補者を決めたいと党本部に再三再四要請したが、党本部が一日延ばしに決定を引き延ばし、安倍首相(自民党総裁)が柳本・栗原両候補に推薦状を手渡したのは、大阪ダブル選の投開票日11月22日の僅か1か月前10月20日のことだった。候補者の決定が遅れれば支持層の力も入らないし、選挙体制の準備もままならない。大阪ダブル選のような重要な首長選で1か月前にしか候補者が決まらないなど通常の政治感覚では理解できないが、そこには表面には表れない複雑怪奇な内部事情(党内政治闘争)があった。

 第2はこのことと関連するが、自民党本部が候補者決定を引き延ばしている間、実はダブル選の候補者選びに関わって党本部と橋下氏らとの間で密室での「政治取引」が模索されていたことだ。朝日新聞はそのことを「自民党の谷垣禎一幹事長は(10月)27日、11月の大阪府知事、大阪市長のダブル選の対策を協議する党内の会合で、党執行部内で一時、橋下徹・大阪市長側との協力を探ったことを明らかにした。『市長選は我々の候補者、知事選は向こう、という分担を模索された向きもなきにしもあらずだった』と語った」(10月28日)と報じている。毎日新聞も自民党大阪府連幹部の言葉として、「党本部は『ダブル選は市長選だけでいいのではないか』と言っていた。『松井知事はつぶすな』という官邸の意向だろう」(10月29日)と伝えている。官邸の意向に沿って橋下氏らと自民党本部が(知事選で)手打ちする可能性すらあったのであり、そんな取引話が栗原氏に「当て馬候補」の印象を与えたことは否定できない。

 第3は、このような経過をたどって漸く自民推薦候補が決まったものの、なぜか都構想住民投票を「オール大阪」で戦った竹本大阪府連会長がダブル選直前になって超タカ派の中山泰秀氏に取って代わられ、中山氏が自民単独でダブル選を戦う方針を打ち出したことだ。その言い草は、「5月の『大阪都構想』の住民投票のように、イデオロギーが相反する政党と一緒に街宣活動をしてはコアなフアンを失う」というものだったが、この発言は自民支持層に「コアなフアンだけを結集すれば選挙戦に勝てる」との誤ったメッセージを与えることになった。

 しかし、このような中山氏の情勢判断は決定的に間違っている。自民支持層が必ずしも「大阪自民支持層」ではないことに中山氏は気づいていない。「おおさか維新」支持層の側には「コアなフアン」がいても、自民支持層の側にはそんな「固い支持層」はいないのだ。大阪都構想住民投票のときでも自民支持層の約半分が「賛成」投票をしていたことでもわかるように、国政レベルでの自民支持層は安倍内閣支持層であり、官邸が支援する「おおさか維新」に対して必ずしも違和感を持っていない。むしろ政治感覚は「おおさか維新」に近いのであり、自民支持層の中から少なくない部分が吉村・松井氏に流れるのはこのためだ。

 11月22日の投開票日まであと僅か1週間しか残されていない。栗原・柳本両陣営が本当にダブル選に勝利したいと思うのであれば、自民支持層に依拠するだけでは不十分だ。自民支持率は「おおさか維新」支持率よりも低く、しかもその中で「安倍支持層」と「大阪自民支持層」に分かれているのである。「大阪自民支持層」は都構想住民投票に結集した「オール大阪」体制に戻って共産・民主・公明支持層との連携を深め、都構想反対派の結集を図るほかはない。自民単独方針にこだわるか、「オール大阪」体制に戻るか、いま栗原・柳本陣営は勝敗の岐路に立っている。

Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack
管理人の承認後に表示されます
2015/11/18 Wed 10:53