2016.02.12  バーニー・サンダースの善戦健闘
    ―安倍政権を撃つための教訓に―

半澤健市 (元金融機関勤務)


《今日ここから政治革命が始まった》
 私はバーニー・サンダースの演説をCNNテレビのナマ中継で観ていた。2016年2月10日昼頃(日本時間)のことである。前日に行われた米大統領選挙ニューハンプシャー(NH)州予備投票の、民主党勝利者として74歳の「民主的社会主義者」は、NH州の支援者に対して、また一人27ドルの献金で彼を支援する全米の人々に対して、謝辞を述べた。そしてこの国に「政治革命が始まった」ことを強調した。大喝采であった。アイオワ州でヒラリー・クリントンに惜敗した時と同じである。
会場で彼を囲む熱狂的な支持者は殆どが若者である。これより先ヒラリーの敗北演説もみた。女帝は平静を装っていたが、サンダース陣営の活気はなかった。続いて現れた共和党予備選の勝利者ドナルド・トランプの演説は、構成も内容も、非論理的で感情的なものであった。

《非主流こそ主流ではないか》
 日本メディアは、トランプとサンダースの二人を、極右・極左として、いずれ有権者は穏健な主流へ回帰するだろうと予想している。そうであろうか。
サンダースの唱える富裕層への増税、所得格差是正、公立大学の学費無償化、メガバンクの解体などは、穏健な社会民主主義で極めて常識的である。ウォール街批判の内容も、銀行業務と証券業務を分離する「グラス・スティーガル体制」への完全復帰を基調とするものである。ヒラリーとの論争でも、サンダースが批判したのは、彼女が金融機関から数千万円の講演料を何度も貰ったり、ウォール街から巨額の政治献金を受けていることへであった。こんな姿勢ではウォール街の支配を打破できぬというのである。

《彼らへの支持はどこからくるか》
 米メディアは、出口調査などで若年層のサンダース支持率が80%を超えていること、女性のサンダース支持率がクリントンに優っていること、政治家として信頼性もサンダースが優位にあること、を伝えている。これは驚くに足る事実である。
人々はオバマ政治の8年が、中東紛争解決、金融緩和の出口政策、ウォール街改革、格差是正などに、十分な成果を挙げ得なかったことを知った。このことが、若者と女性からのサンダースへの期待と支持をもたらしているのである。

一方、トランプはどう評価されるのか。
オバマ政権の失政で、閉塞感に苛まれた人々に対して、彼は「強いアメリカ」、「世界一のアメリカ」の復活、それを妨害する者の排除をうたう。それだけを言っている。ナショナリズムの論理に乗っている。典型的な右からのポピュリズムである。
「強い日本」をいう安倍晋三は、トランプに嬉しい友人を見つけることができるだろうか。そうは行かない。NH州の勝利宣言で、トランプは「中国をやっつけろ」、「日本をやっつけろ」、「メキシコをやっつけろ」、「彼らは米国から雇用を奪っている」と叫んだ。
「トランプ大統領」にとって、日本は Beat Japan といってやっつけるべき敵である。一貫して「強い日本」をスローガンとし、「価値観を共にする日米両国」という歴史認識をもつ安倍晋三は、トランプと価値を共有できるのだろうか。

《善戦を希望と教訓にする》
 米国の有権者も幻想家ではない。前記調査でサンダースを支持するアメリカ市民も最終的に大統領候補になる可能性はクリントンの方が大きいと答えている。同時にクリントンへの既視感に対して冷酷な眼差しを向けている。

「マイナス金利」は、昨日まで日本の庶民大衆は誰も知らぬ言葉だった。大波乱が予想される今年の世界経済である。経済も政治も一寸先は闇である。今年は何が起こるか分からない年である。
バーニー・サンダースの善戦健闘は我々に希望と教訓を示していないであろうか。(2016/02/11)

Comment
分かりやすく、筋の通ったご意見ですね。
今後ともサンダースに注目します。
則松久夫 (URL) 2016/02/12 Fri 09:27 [ Edit ]
今は無いJanJan blogにサンダース氏がハフィントンポストに寄稿した論説を「アメリカの貧困対策はデンマークに学べ」という題で翻訳紹介しました。サンダース議員、デンマークで検索すればよめます。
これを読むとサンダース氏が北欧型福祉国家を目指していて決して過激な李王主義者出刃ないことがわかります。
浅田明 (URL) 2016/02/12 Fri 13:08 [ Edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
() 2016/02/13 Sat 10:33 [ Edit ]
サンダース候補の躍進は彼の善戦を予想していた者にとっても驚きだった。何しろ社会主義者を自称する候補がひょっとしたらひょっとすると思わせるのだから。若い世代の支持が突出している。アイオワでは17~29歳の有権者の実に84%がサンダースに投票した。果して未来は若者の手中にあるだろうか。かつて「ウオール街を占拠せよ」という組織も指導者もない運動がアメリカ各地に広まって世界の耳目を驚かせた。2011年のことである。ここには同じ底流があると見るのが自然だろう。ウオール街の財源に支えられているヒラリー女史は防戦を強いられることになる。
ドナルド・トランプ候補は「偉大なアメリカ」の復活を呼号する。この偉大な時代錯誤がアメリカ人を奮い立たせている。(ついでながら日本経済の失われた栄光とかの復活を夢見るのもほどほどにした方がいい。)選挙は水物、まだ先が長いから何が起るかわからない。ニューヨーク市長として辣腕を振るったブルームバーグ氏の流れに大魚が逃げ込むことも考えられる。
かつてアメリカは誰が大統領になっても同じこと、などと高をくくって見ていたことがあった。しかしブッシュがゴアを破った結果、世の中が戦乱の巷と化したことを忘れるべきではない。泥仕合のとばっちりかもしれないが、トランプ氏までがブッシュのイラク侵攻を批判していた。
shoji oshima (URL) 2016/02/16 Tue 13:48 [ Edit ]
米大統領候補者の演説を生放送で観ておられるのですか。凄い、脱帽です。私はこれまでTV映像でサンダース氏の姿だけを見て「いい年齢して、いまさら大統領でもあるまい」と、立候補すること自体に批判的な見解を持っていたのですが、今回筆者のコメントを読ませて頂き、「こういう人物こそ米国に必要ではないか」と、思いを新たにしました。私も次回はCNNでサンダース氏の演説を聴き、今後当分の間民主党大会の動きを真剣にウオッチしてゆこうかと考えています。
戸松 (URL) 2016/02/16 Tue 19:28 [ Edit ]
則松様・浅田様・oshima様・戸松様
それぞれ含蓄に富んだコメントを有り難うございます。
ユージン・マッカーシーやジョージ・マクガバンの例もあり、楽観はしていませんが若者の85%のサンダース支持に期待したいと思います。日本では折角共産党が「社会民主主義」的な柔軟路線を打ち出しているのに、公明と民主の大半が第二自民党に変身しており残念です。自民党の支持者は全有権者の17%しかいないのに「一強」に抵抗できない情けない国民です。私はいつも失望感に駆られつつ蟷螂の斧を振るっているつもりです。できる限りシニカルにならぬよう注意しています。
なお、私の観ているのはCNNJで同時通訳付きです。通訳がなくなると雰囲気しか分からなくなります。(半澤健市)
(URL) 2016/02/17 Wed 10:33 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack