2016.02.22  反戦川柳作家・鶴彬の句碑を建てよう
          東京で川柳・市民運動関係者が運動

岩垂 弘 (ジャーナリスト)

 「手と足をもいだ丸太にしてかえし」。日中戦争下で反戦川柳を詠んで特高警察に捕らえられ、収監中に亡くなった川柳作家、鶴彬(つる・あきら)を偲ぶ句碑を、東京・新宿に建立しようという運働が進められている。運動関係者は「歴史逆行の動きがある中での鶴彬顕彰碑建立は深い意味をもつ」として、運動への協力を呼びかけている。

 鶴彬は本名喜多一二(きた・かつじ)。1909年(明治42年)、石川県高松町(現かほく市)に生まれた。父は竹細工職人。生後すぐ機屋を営む叔父に引き取られ、養子となる。1921年(大正10年)、小学校を卒業。師範学校を目指すが養父の反対であきらめ、高等科へ進む。このころから、川柳の句作を始める。
 高等科卒業後、1926年(大正5年)から、大阪で工場労働者として働く。その後、東京に出るが、1928年(昭和3年)に帰郷。プロレタリア川柳を提唱して「高松プロレタリア川柳研究会」を設立し、全日本無産者芸術連盟(ナップ)に加入する。

 1930年(昭和5年)、第9師団金沢歩兵第7連隊へ入営。隊内で日本共産青年同盟の機関紙「無産青年」を配布したり、同志の獲得に努めたとして治安維持法違反に問われ、懲役2年の判決を受け、大阪城公園内にあった陸軍の衛戍(えいじゅ)監獄に収監される。刑期1年8カ月で出獄し、2等兵のまま除隊となる。
 1935年(昭和10)年に上京、川柳誌の編集同人として活動中に1937年(昭和12年)12月、作品が反軍的として治安維持法違反で東京・野方署に逮捕される。同署留置中に赤痢にかかり、東京市立豊多摩病院(現在の新宿区北新宿にあった伝染病病院で、その後東京都立豊多摩病院と改称、1966年に廃止となった)に移送されたが、翌38年(昭和13年)9月14日に死去した。29歳だった。

 国家権力によって強いられた短い生涯であったが、終始、社会の底辺で暮らす人々、例えば下層の労働者、女子労働者、貧農、失業者らのみじめな生活実態に目を向け、彼らの心からの叫びを川柳という文芸に移し替えることによって国家を告発した作品が多い。

  フジヤマとサクラの國の失業者
  軍神の像の眞下の失業者
  飯櫃の底にばったり突きあたる
  血を喀いて坑あがれば首を馘り
  みな肺で死ぬる女工の募集札
  玉の井に模範女工のなれの果て
  貞操と今とり換へた紙幣の色
  ふるさとは病ひと一しょに帰るとこ

 満州事変(1931年)以後の作品は、日本軍による中国侵略を告発した作品が目立つ。

  高梁の実りへ戦車と靴の鋲
  銃剣で奪った美田の移民村
  屍のゐないニュース映畫で勇ましい
  武装のアゴヒモは葬列のやうに歌がない
  ざん壕で讀む妹を賣る手紙
  出征の門標があってがらんどうと小店
  稼ぎ手を殺し勲章でだますなり
  萬歳とあげて行った手を大陸において来た
  手と足をもいだ丸太にしてかえし
  胎内の動き知るころ骨がつき
 
 「手と足をもいだ丸太にしてかえし」と「胎内の動き知るころ骨がつき」は鶴彬の代表作とされている。前者は、兵士は戦争で手や足をなくし丸太のようになって故郷に戻される、という意味だろう。後者は、身もごって赤ちゃんの胎動があり、生まれてくる日も近いのに、そこへ戦死した父親の遺骨が届く、という意味と思われる。母は夫を、子は父親を同時になくすという戦争の悲劇をうたった句と受け取りたい。

 鶴彬を偲ぶ句碑は彼の郷里の石川県かほく市、金沢市、墓のある岩手県盛岡市、大阪城公園内衛戍監獄跡の4カ所にあるが、鶴彬の終焉(しゅうえん)の地である東京にも句碑を建立したいと、「東京鶴彬顕彰会」が発足したのは2013年。川柳愛好者と市民運動関係者が中心で、世話人代表は植竹団扇、阿部俊雄の両氏。
 同顕彰会作成の「鶴彬建碑趣意書」には、こうある。
 「(鶴彬の)川柳は反戦と平和への、命を懸けた叫びでありました。……私たちは、戦争という時代に翻弄され、命を失った青年を偲び、未来の平和を考えるモニュメントを最後の活動の場であった東京・終焉の地である新宿区北新宿『旧豊多摩病院』跡地近くに建立すべく、川柳と市民運動関係者を中心に東京鶴彬顕彰会を立ち上げました」
 句碑設立呼びかけ人には、池辺晋一郎(作曲家)、木津川計(「上方芸能」発行人)、神山征二郎(映画監督)、佐高信(評論家)、西田勝(文芸評論家)、乱鬼龍(川柳作家)、松元ヒロ(コメディアン)、森村誠一(作家)の各氏らが名を連ねている。
    反戦川柳作家・鶴彬の句碑を建てよう
    大阪城公園の衛戍監獄跡にある鶴彬の句碑。「暁を抱いて闇にゐる蕾」。没後70年を
    記念して2008年に鶴彬顕彰実行委員会により建立された(2016年2月16日、筆者撮影)
 
 東京鶴彬顕彰会が求めているのは次の2点。①呼びかけ人、賛同人になってほしい②募金に協力してほしい。
 東京鶴彬顕彰会の連絡先は東京都新宿区北町35 電話090-2724-5583 FAX03-3260-8745 
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack