2016.06.28  これが戦後民主主義の「実態」である
  ―目黒区議会を傍聴して

半澤健市 (元金融機関勤務)

 初めて東京都目黒区議会を傍聴した。
2016年6月17日午後のことである。契機は、共産党M区議の傍聴依頼のチラシである。予てからの望みをかなえた。千代田生命ビルだった目黒区庁舎の六階に区議会会場はあり、住所氏名を書いて傍聴席に入った。本人確認資料は不要である。
高い傍聴席から見下ろす議場は、正面に区長や役人が座り(30名ほどか)、その手前に演壇があり、その前に区議の席が教室型にならんでいる。60席ほどの傍聴席から議員議席はほとんど見えない。出席議員数は35名と掲示されていた。

《初めて傍聴した区議会はミニ国会》
 問題は議事内容である。
当日は本会議であり5人の議員が一般質問を行った。共産党区議の質問時間は65分で前半は質問に費やされ、後半は区側の回答、再び質疑応答が数分あり、持ち時間は終わった。
メモを取らなかったので印象しか書けないが、M区議は保育園問題、災害対策問題、羽田空港の低空飛行計画に関する質問を行った。
特に、保育園問題については待機児童が深刻であるとして、杉並区や北区における緊急プランを例示し、保育園整備を青木区長や該当部局に迫った。資料や数字を示した真摯なものだった。
対する役人答弁は典型的な官僚型答弁である。他区事例についても色々理由をあげてそう簡単にはいかない旨の答えをした。小型の国会問答である。議場は極めて静かである。ヤジが良いとは言わないが、これは政治論議というより、ビジネスの会議に近い。

一番書きたいことが最後になった。傍聴者数である。
私が午後2時過ぎに入場したときにカメラ撮影者と覚しき女性1名のほか、男性が1名いた。会議は午後1時から開会しているのである。休憩時間を挟んで、共産党区議の質問は2時45分頃から始まった。その直前に傍聴者数は10名ほどになった。彼の支援者らしかった。質問が終わったらいなくなった。私も興味が薄れたので退席した。

《民主政治の成立は「制度」で終わらない》
 一体、民主主義―正確には「民主政治」―は、どんな過程で実現されるのか。
先ず「思想」として。次に「運動」として。更には「制度」として。民主政治が実現するのである。
中江兆民の「民約訳解」(ルソー『社会契約論』の漢字訳)に始まり、自由民権運動、大正デモクラシー、普選運動を経て、「日本国憲法」成立、男女平等の選挙権に至る。それは戦い―抵抗と弾圧と次なる抵抗、祖国の敗戦―の過程でもあった。

私は、この過程の次に「実態」としての民主政治が存在すると思っている。
憲法12条に「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」とあるのは、私のいう「実態」のあるべき姿である。

《不断の努力を怠ってきた結末》
 私は目黒区議会を2時間ほど傍聴しただけである。
その感想は、戦後70年間、我々は「民主政治への不断の努力を怠ってきた」というものである。「論理の飛躍であり説得力がない」という反論は承知の上だ。しかし80年を生きてきた人間として、この実感をどうしても書いておきたい。
不断の努力を「民主政治」ではなく、「損得主義」に捧げた結末として、護憲勢力が三分の一を切りそうな参院選の投票日が近づいている。(2016/06/24)
Comment
それもまた一興!
安倍晋三は正直な男だ。
一度目は、特定秘密保護法案
二度目は、安保一括法案
そして今度は言わずもがな!
かつて『この顔があ、嘘をつく顔に見えますかあ?』とうそぶいて300議席を衆議院でとったバーコード頭の総理がいたが、呆気なく日本中のあらゆる人々から総すかんをくらってやっつけられたことがあった。
総理が来ると落選する!!
という悲鳴の声が地方議員から連発されたほど。
ダブル選挙中、嘘つきの免許皆伝みたいな男の放言に騙された奴らの方が悪い、どうして石橋さんや不破さんの反論に耳を貸せないのかと憤っていた子供時代を思い起こしながら、ここまで人の頭の劣化
が進むとはと愕然としている。
あまりのバカらしさに投票率三割切るとかの超低投票率と
なるとかなら、まだわかる。
それを正しいとは思えないが
気持ちは理解できる。
だが、二度も続けてみえみえなことを白紙委任するって頭がおかしいとしか言えない。
安倍晋三は極めて正直な男である。
やりたくてウズウズしていることは、極めて隅っこにアリバイ作りのただそれだけのために政権公約に載せている。
ガキがそのまま親父になってしまったみたいな分かりやすさである。
でも連続して騙された。
一度よりも二度目の方がアベノミクスなる(虚構の)政策について踊った罪というかバカらしさは酷い。何となれば景気ほど働く者にとって実感できることはないからだ。
このお題目広めに貢献した派遣会社のボス、竹中平蔵大先生は生番組で『トリクルダウンなんて起こるわけない』などとカミングアウトまでやって下さった。ネットの世界でもこの大先生を憎む人々は左右の立場を越えて(笑)多いようだが、だからといってラスボスたる安倍晋三を倒せとまではならない(笑)。
そして三度目である。
正直な男、安倍晋三は全く同じ手口で改憲こそが僕の本心なのだとシグナルを送っている。親に嘘がばれて分かりやすいダンマリを決め込む子供のように(笑)、あれだけ叫んでいた憲法壊憲発言をピタッと止めてしまった。公明党への援護射撃以外、特に思いもないことだろうが、なんという分かりやすさ。
それでも、不思議極まりないことだが『憲法は変えなくてもよい。社会保障の充実などに関心あり』などといった回答がどこの調査でも示される傾向にありながらも、まるで
反対にある自民党に勝たせようとする。消費増税の是非はともかく、安倍晋三が全世界に明言した増税の約束をやめてしまったのにである。
政策を一つずつ質問していけばアベノミクスなどとは乖離した回答をするのに、では投票先はとなると逆の行動をとる。
つらつら思うに、白紙委任バンサイなのだ。
地方議会は民主主義の学校というのは至言ではあっても御指摘通りの理論の域なのである。この国では!
もしかして、スペイン内戦時代の話は笑えないのやもと、
この話を読みながら考えてしまった。
斉藤孝さんの本だったと思うが、かの時代のかの地では二十世紀とはいえない民の価値観や教育の程であったという
。田舎の話だが…。
かつてネットの戯れ言で自民党の手口などを中世と揶揄しているのを見たことがある。
オルテガもスペイン、ネットの戯れ言も中世とこじつけるつもりもなくはないが(笑)、
ここまで無茶苦茶な男のざまを見ても、それでも圧勝させようとする民意とは、中世感覚なんじゃ、ないか?
三権分立すら分からずに複数回…それも同日ではないから
筋金入り(笑)。単なる言い間違いではなかった…立法の最高責任者だのとほざく内閣総理大臣。ヒトラー総統みたい。
中世感覚の有権者にはそれなりの指導者がお似合いであり、それが多数派ならば一応は民主的なのだろう。
だからそれもまた一興と茶化したくもなる。
恐ろしいことだけど。

旅マン (URL) 2016/07/06 Wed 10:08 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack