2016.08.12  安倍政権の支持率はなぜ高いのか(3)
          ―青木理『日本会議の正体』を読んで―

半澤健市 (元金融機関勤務)

 第三次安倍内閣が2016年8月4日に発足した。
防衛相稲田朋美を、メディアは「保守派」「タカ派」と呼ぶだけで、「日本会議」の中核人物とは紹介していない。都知事選で290万票を獲得し、増田寛也(自公)と鳥越俊太郎(民・共・社・生活)に圧勝した小池百合子も、日本会議国会議員懇談会の副会長であった。

《外紙から見るのは私だけではない》
 前回拙稿の「安倍ファシズム論」紹介に、読者から過剰反応との指摘を受けた。普段ならそうかもしれない。しかし、事態は大方の認識よりずっと深刻だと私は思う。

ジャーナリスト青木理(あおき・おさむ)の新著『日本会議の正体』(平凡社新書、2016年7月刊、以下「本書」)を読んだ。それで改めてそう思ったのである。青木も、敏感な海外メディアに対して、本邦メディアは鈍感だとして本書を説き起こしている。
青木の問題意識・要点・結論を抜粋しておく。

青木書の問題意識・要点・結論(本書からの抜萃)
■「日本会議」は、日本の最も強力な「ロビー団体」なのか。「極右」であり、「超国家主義団体」なのか。そして「安倍政権の中枢でますます影響力を強め」ていて、「内閣を牛耳」っているような組織なのか。/その存在の意味と今後を洞察するのが本書の目的である。(「プロローグ」、16頁)

■彼ら、彼女らは、現行憲法やそれに象徴される戦後体制を露骨に嫌悪し、これをなんとかしてでも突き崩したいと願い、宗教的出自から生じがちだった小異を捨てて大同につき、日本会議という政治集団に集結した。そうした実態を踏まえると、日本会議とは、表面的な”顔 ”としては右派系の著名文化人、財界人、学者らを押し立ててはいるものの、実態は「右派宗教団体」に近い政治集団と断ずるべきなのだろう。
そこに通奏低音のように流れているのは戦前体制――すなわち天皇中心の国家体制への回帰願望である。だとするなら日本会議の活動伸長は、かつてこの国を破滅に導いた復古体制のようなものを再来させかねないという危険性と同時に、「政教分離」といった近代民主主義社会の大原則を根本から侵す危険性まで孕んだ政治運動ともいえる。(「第三章」、154頁)

■私なりの結論を、一言でいえば、戦後日本民主主義体制を死滅に追い込みかねない悪性ウィルスのようなものではないかと思っている。/日本社会全体に亜種のウィルスや類似のウィルス、あるいは低質なウィルスが拡散し、蔓延し、ついには脳髄=政権までが悪性ウィルスに蝕まれてしまった。このままいけば、近代民主主義の原則すら死滅してしまいかねない。(「あとがき」、246頁)

《もう少し詳しく述べると》
 青木は問題意識と結論をどう繋げているのか。以下に半澤流で翻訳する。
■日本会議の沿革
1997年に設立された日本会議には二つの母体がある。
「日本を守る会」(1974年発足)と「日本を守る国民会議」(1981年発足)である。
「日本を守る会」は、宗教右派の組織であって、谷口雅春(成長の家)、伊達巽明(明治神宮)朝比奈宗源(円覚寺)らの初期中心人物の顔ぶれをみると、新興宗教系・神道系・仏教系それぞれの諸派の緩やかな連合である。
「日本を守る国民会議」は、学会、財界、宗教界などのインテリ右翼の結集であった。活躍した人名(故人を含む)は多々あるが、加瀬俊一、黛敏郎、清水幾太郎、小堀桂一郎、江藤淳、香山健一、村松剛、加瀬英明、瀬島龍三、塚本幸一、武見太郎、百地章、大原康男がいる。
■日本会議のイデオロギー
「守る会」は、谷口の国家的イデオロギーと明治神宮の経済的支持が大きな力となった。イデオロギーは、冷戦体制期の「反共」一本から、ポスト冷戦期用の再構築が行われた。日本会議が設立大会で決定した「基本運動方針」のうち最重要な四点は次の通りである。
①皇室の尊崇
②憲法の改正
③国防の充実
④愛国教育の推進
■運動の実績
日本会議成立前から右翼各派の活動があった。現在までの成果は次のように多様である。紀元節(「建国記念の日」)の復活、元号法制化、国家・国旗法、教育基本法の改正。これらは法律に結実したものである。
他にも多くの運動がある。『新編日本史』編纂、「新憲法の大綱」、天皇訪中反対、戦後50年決議反対、選択的夫婦別姓制度反対、外国人の地方参政権反対運動、首相の靖国参拝支持、「国立追悼施設」反対、女系天皇容認反対、などなどである。すべてが日本会議だけのものではないが、右翼が実に精力的に運動しているかがわかる。
■運動の特色
彼らはどのように組織され行動しているのか。
会員動員や地方自治体の議会決議採択など、中央からの徹底したオルグと下からの運動盛り上げ方式は、1960年代に新左翼運動からノウハウを取り入れた。長崎大学の学生運動を制圧した右翼セクトのリーダー椛島有三らに起源し、次第に全国化していった。範囲は学生から社会人に広がり「日本青年協議会」「日本協議会」ができる。

《政権中枢で「明治憲法」の復活を考えている》
 日本会議会員総数3万8千名、日本会議国会議員懇談会会員数280名、日本会議地方議員連盟加盟員1700名。全国各地の支部243。本書からはこれが日本会議の量的勢力と読み取れる。しかし彼らは多くの会員情報を秘匿している。

本書を読んで強い恐怖を感じた。政権中枢は、「日本会議」に占拠されているからである。この奇怪な集団に簒奪されているからである。有権者は、以上のような現実を知っているか。少しは知っていても、歴史的な文脈に位置づけることは、したことがあるか。我々はいつ彼らの主導するこの「体制」を承認したのか。

私は、20年前や30年前に、「日本会議」的なるものを、「無視し」「揶揄し」「馬鹿にし」ていた。サンケイ新聞と桜井よしこの住む「仮想空間」だと思っていた。しかし、我々はいま、本気で「日本会議」的なるものと、理論と実践の両面で、命を賭けて戦わねばならない情勢にあると思う。安倍政権の支持率は、上がることはあっても下がりそうもない。この国の左派とリベラルは「日本会議」に追い抜かれたのである。しかも、その自覚が薄いのである。(2016/08/07)

Comment
日本会議の「基本運動方針」
①皇室の尊崇
②憲法の改正
③国防の充実
④愛国教育の推進
に対して
筆者及び”自称”リベラル派の「基本運動方針」は?
おそらく
①日本の歴史、日本民俗の否定。(それでも日本人?)
②現憲法、民主主義の否定。(改憲条項の無視、国民投票の阻止)
③国防の否定、無力化。(中国軍拡の支援)
④中韓支援偏重教育の推進。(自虐教育の推進)
と思われますが、如何ですか?
、、本来、リベラルというと”革新”さを感じさせられますが、その革新の目指す姿やかたち、に相当する憲法の内容や国民の支持、国民投票までを予め否定しまって”護憲”を主張している事自体本来のリベラルの姿を失っています。(実質的には極保守、理念なしの無変化優先、単に現政権の反対派)
そのように思われるからこそ国民の支持を受けられず、だだの偏狭な人、グループとして世の中から見放されてきているようにも。。
”本気で「日本会議」的なるものと、理論と実践の両面で、命を賭けて戦わねばならない情勢にあると思う”
、、それも一つの生き方かもしれませんがこれからの余生、命をもっと大切にしたほうがよいようにも。
(”自称”リベラル派は”護憲”を主張しだした段階から自分たちの立ち位置を見失っており、勝ち目はありそうにありません)
名無し (URL) 2016/08/12 Fri 07:40 [ Edit ]
■前二回の拙稿です
安倍政権の支持率はなぜ高いのか
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-3638.html
安倍政権の支持率はなぜ高いのか(2)
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-3643.html
半澤健市 (URL) 2016/08/12 Fri 13:05 [ Edit ]
「国民会議」は、裁判官だった石田和外による1978年結成の「元号法制化実現国民会議」にまで遡ります。
これが無視されてはいけません。
ここの活動により「元号法」の制定が成ったのです。
AS (URL) 2016/08/13 Sat 10:52 [ Edit ]
■週刊誌『サンデー毎日』(2016/8/14~21号)の保阪正康氏・青木理氏の対談「憲法天皇条項を再検討せよ!」は、安倍政権と日本会議、劣化した政治家の意識、今上天皇の民主主義観などを論じて示唆に富むものです。関心ある読者へご一読を勧めます。
半澤健市 (URL) 2016/08/16 Tue 08:17 [ Edit ]
「日本会議」的なるものを、「馬鹿にし」ていた態度こそが、日本会議的なものたちを励ましてきたように思います。
 一般の人は、利益最優先と競争が強まる社会の中で、公衆道徳の欠如、命を粗末にする考え、地域社会の連帯感のなさ、先祖や子孫を無視するような考え方、日本の伝統文化の喪失などを不安に感じ、保守を支持する人が増えてきました。
 左翼的な人たちは、宗教や道徳を毛嫌いし、日本会議的なものを馬鹿にする人が多く、一般の人の頼りにはならなかった。その不安につけ込んで、日本会議的なものが勢力を伸ばしてきたと考えます。
 大事なことは、一般の人が、不安に思っていることへの考え方や解決法(モラルや哲学、助け合い、地域社会)を示すことだと思います。命を賭けるようなことではありません(そのように意気込めば、意気込むほど一般の人は、半澤さんのお考えから離れていくように思います。)。
 今、アベ内閣の支持率が高いのは、北朝鮮のミサイル・核実験と中国の国際法違反で危機感があるからです。アベ内閣は、まじめな外交をしないことで、この危機感を維持し、支持率を高めることができます。青木理氏の論文は示唆に富むものだと思います。
haru-san (URL) 2016/08/16 Tue 22:27 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack