2016.09.15  トルコ非常事態法によるすさまじい実例
  ―よそ事ではない、自民党の改憲草案が明記の条項

坂井定雄 (龍谷大学名誉教授)

トルコのエルドアン政権は、7月15日のクーデター未遂鎮圧直後、非常事態を宣言、閣議決定に基づき発布した非常事態法に基づき、政敵ギュレン師の支持勢力とみなした将兵約3千人、裁判官はじめ公務員、教育関係者など1万3千人以上を逮捕、拘束。約6万人を免職あるいは停職にし、新聞はじめメディア131社の閉鎖を命じた。この事件は「ギュレン師の支持勢力によるクーデター未遂ではなく、軍、司法、教育界などからギュレン師支持者を一掃するための、エルドアン大統領による周到な陰謀だったのではないか」という8月8日の本欄「トルコ・クーデター未遂事件の真相」での私の見方はいまも変わらない。
その後、警察総局、軍警察総司令部、沿岸警備司令部などにも懲戒免職が拡がるとともに、一般省庁・公共機関でも非常事態法に基づく公務員の懲戒免職が拡大した。
東京外国語大学のネット配信メディア「日本語で読む世界のメディア」:中東、東南アジア、南アジアの各地域の新聞が報じた最近のニュース:2016-09-09号によると、国際的評価も高いトルコの最有力紙ヒュリエットは9月2日、「憲法と非常事態法に基づき、8月15日の閣議で採択された政令672号によって、テロ組織に賛同した活動を行ったとして、数多くの公務員が懲戒免職にされた」と、その機関と人数のリストを報道した。
リストには89機関があり、懲戒免職された公務員は総数41,179人。その数が最大の国民教育省から400人台までの公共機関はつぎの通りだー
国民教育省     28,163人
高等教育機構(大学等)2、346人
保険省と関連組織   2,028人
財務省          829人
国税庁          813人
食糧農業畜産省・関連組織 733人
社会保険機構       605人
宗務庁          519人
家族社会政策省      439人
国民教育省と高等教育省が特に多く、両省で3万5千9人に達した理由は、大学から初等教育に至る学校の教員、教育行政公務員には、ギュレン師の比較的リベラルなイスラム主義の支持者も多く、政教分離の堅持を求める知識人層、共和人民党の支持者たちとも協調して、さまざまな教育、文化活動が拡がっているからだろう。もちろん、エルドアン大統領は、将来世代へのリベラルなイスラム主義の定着を強く警戒していたに違いない。
政権がなんでもやり放題の非常事態法
 トルコのエルドアン政権が、クーデター未遂事件で非常事態を宣言し、非常事態法を発動して、多数の公務員を懲戒免職し、数千人の軍将兵を逮捕、処罰したことは、憲法と国会があっても、非常事態の下で国家の最高権力者が思い通りになんでもできることを示す、最近の重要事例だ。
幸い、日本の憲法には非常事態条項はなく、敗戦後の占領支配が終わり主権を回復したのち、政府が非常事態(緊急事態)法を発令することはありえなかった。非常事態法などは必要がなかったのだ。ただ1回だけ2011年の福島第一原子力発電所事故の際、原子力災害対策特別措置法による原子力緊急事態宣言が発令された。あれほどの大事故でさえ、特別措置法で対応できる。政府が権力をほしいままにする非常事態(緊急事態)法は、きわめて危険で、不必要なのだ。
非常事態宣言、あるいは緊急事態法について世界が記憶するのは、1933年、ナチスのアドルフ・ヒトラー首相が議員の大量逮捕の後に、国会の議決を得て手中にした全権委任法(非常事態法)のことだ。全権委任法によって、ナチス政権が第2次世界大戦、ユダヤ人大量虐殺へと突入していった歴史。もちろん日本では、軍が支配する政府が太平洋戦争に突入していった歴史をだれもが記憶している。
だが、いま、安倍政権下の自民党は、憲法改悪の重要項目として、緊急事態条項を新設しようとしている。安倍首相が尊重するとしている自民党の「憲法改正草案」には、次の条項があるー
第98条 緊急事態の宣言
1 内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱などによる社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、(中略)緊急事態の宣言を発することができる。
2 緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前または事後に国会の承認を得なければならない。(後略)
第99条 緊急事態の宣言の効果
緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は税制上の必要な支出そのほかの処分をおこない、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。(後略)

―要するに、自民党の「憲法改正草案」では、政権は緊急事態を国会の事前承認なしに宣言でき、法律と同一の効力がある政令を制定でき、それによって、なんでもできるのだ。
トルコでは、立派な憲法があり、国民が憲法を尊重しているが、エルドアン政権はクーデター未遂事件によって非常事態(緊急事態)を宣言し、条例を次々と発令して、やりたい放題を強行した。日本では、憲法9条の改悪をさせないこととともに、緊急事態条項を新設させないことも、改憲阻止の最重要課題だ。



短信■  ヒロシマを理解するための講座
 
  トークセッション<ヒロシマ・2016連続講座>

 今年1月から東京で始まったトークセッション<ヒロシマ・2016連続講座>の9月以降のラインアップが決まった。これは、元高校教員の竹内良男さん(東京都立川市)が始めたもので、「戦争と平和」の問題にさまざまな形で取り組んでいる人たちにそれぞれの体験を話してもらい、東京から遠く離れた広島に思いをはせようというのが狙い。回を重ねるごとに参加者が増え、広島からも参加者がある。

 トークセッションは月に1~3回、土曜日の13時から16時まで開かれる。
 会場は東京都北区中里2-6-1 愛恵ビル3F(公益財団法人愛恵福祉支援財団)。JR山手線駒込駅東口下車。参加費は各回1000円。
 申込先は竹内良男さん(電話090-2166-8611)

★第11回 9月17日(土) 「ビキニの海から」豊崎博光さん(マーシャル諸島を含めて世界中の核実験被害者を鋭い目で記録し続ける写真家) 
★第12回 10月1日(土)  「被爆証言に向き合う」渡辺晴さん・田栗静行さん(お二人とも長崎の被爆者)
★第13回 10月15日(土) 「『原爆の図』の旅」岡村幸宣さん(日本国内だけでなく米国各地も回った「原爆の図」の旅を丸木美術館学芸員が語る)
★第14回 10月29日(土) 「韓国人BC級戦犯」李鶴来さん(泰緬鉄道に関わって戦犯訴追された李さんの証言)
★第15回 11月19日(土) 「私の中のヒロシマ」斉藤とも子さん(井上ひさしの「父と暮せば」に出演、ヒロシマに心寄せる女優)
★第16回 12月3日(土)  「丸山眞男と原爆」川口重雄さん(丸山眞男の文章を読み解いて20年、「丸山眞男手帖の会」の代表)
★第17回 12月17日(土) 「ヒロシマから見える日本」アーサー・ビナードさん(1990年に来日、核をめぐるたくさんの作品を発表し、幅広く活動している詩人) 
                                      (岩)

Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack