2017.05.24 ■短信■
        今年も声なき声の会が「6・15集会」

 57年前の日米安保条約改定阻止運動(60年安保闘争)の中で生まれた市民グループ「声なき声の会」による恒例の「6・15集会」が、今年も開かれます。だれでも参加できます。

1957年に発足した岸信介・自民党内閣は日米安保条約改定案(新安保条約)の承認案件を60年の国会に上程。社会党(社民党の前身)、総評(労働組合の全国組織)、平和団体などが「改定で日本が戦争に巻き込まれる危険性が増す」と改定阻止運動を展開。これに対し自民党は衆院本会議で承認案件を強行採決。これに抗議する労組員、学生らのデモが連日、国会議事堂を取り巻いた。
 千葉県柏市の画家、小林トミさんらが「普通のおばさんも気軽に参加できるデモを」と思い立ち、6月4日、「誰デモ入れる声なき声の会 皆さんおはいり下さい」と書いた横幕を掲げ、新橋から国会に向けて行進を始めた。沿道にいた市民が次々と加わり、300人以上になった。その人たちが結成したのが「声なき声の会」だった。
 6月15日には、全学連主流派の学生が国会南門から国会構内に突入、警官隊との衝突で東大生の樺美智子(かんば・みちこ)さんが死亡。抗議の声の中、新安保条約は6月19日に自然承認となった。
 その後、声なき声の会は「安保条約に反対する運動があったことと樺美智子さんのことを決して忘れまい」と、毎年6月15日に集会を開き、集会後、国会南門で樺さんを偲んで献花をしてきた。2003年に小林さんが他界してからも6・15集会と献花は続いており、今年で57回目。
 今年の6・15集会の日時と会場は次の通り。

日時:6月15日(木)18時00分~20時00分 
場所:早稲田奉仕園セミナーハウス101号室 
東京都新宿区西早稲田2-3-1。電話 03-3205-5411
地下鉄東西線早稲田駅から徒歩5分
   URL  http://www.hoshien.or.jp/seminar/
献花:集会終了後、国会南門まで移動し、故樺美智子さんに献花(21時頃)
                                (岩)
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack