2017.11.15 安倍内閣の支持率はなぜ高いのか(10)
―「死の商人」を歓迎する日本は嘲笑の的なのに―

半澤健市 (元金融機関勤務)

 ドナルド・トランプ米大統領は訪亜外交の途次にある(2017/11/12現在)。
大統領選挙以来、トランプは商売人で、政治も「ディール(取引)」だと考えていると報
道されてきた。その通りだった。

《死の商人としてのトランプ「外交」》
 日本と韓国に対しては、北の「ならずもの国家」を材料に、商品の売込に専念し成功し
た。彼のトランクには何のカタログが入っていたのか。「防衛装備」のそれである。
「防衛装備」とはなにか。「武器、つまり人殺しの道具」のことである。
トランプ政権の主要閣僚は、金融企業家と軍人である。その後ろに金融資本と軍需産業が
ある。彼の成功は、それらの産業の繁栄に寄与する。米国軍需株は平均株価以上に上がっ
た。今回、トランプは「死の商人」として外交しているのである。
トランプ外交の成功は、論理的には「アジア人同士の戦い」へとつながる。勃発せずとも
アジアでの緊張の高まりには確実につながる。トランプは、(戦争は米国ではなく)「あっ
ち」で起こると言った。「あっち」とはアジアのことである。

《アメリカ人よりアメリカ人な人物》
 米国内でトランプ政権への支持率は30%台、不支持が50%を超えている。トランプ
留守中に行われた米二州知事選とNY市長選で国政野党の民主党が勝利した。NYタイム
ズは「有権者は、移民と犯罪を結び付ける挑発的な訴えを拒絶した」と報じている。
安倍晋三首相はトランプを100%支持している。日本の首相はアメリカ人よりもアメリ
カ人である。
トランプは、治外法権の横田基地に降りたち横田基地から飛び立った。ゴルフと食事
を接待してくれた上、シンゾーは「人殺しの道具」を積極的に買ってくれる。二人でみん
なの前でそう発表した。この同盟国なら国会議員への演説は不要だ。
「おもてなし」を好きな日本メディアは、ゴルフとキャップ交換と四回の会食メニューと
メラニアの服装だけを報道し、安倍外交は成功したといっている。英米の有力紙は安倍の
隷従振りを嘲笑している。

《「パールハーバーを忘れるな」へ一矢》
 トランプ発言に一矢を報いた一人の日本人がいた。
女優吉永小百合である。吉永は、11月5日の「第五福竜丸建造七〇周年記念特別展」の
会場で、同日のトランプ来日に関して問われ、次のように話した。

■「パールハーバーを忘れるな」とおっしゃったみたいですけど、私たちは、やっぱり広
島、長崎、第五福竜丸のこと、(11年の東日本大震災によって福島第1原発事故が発生
した)福島のことを忘れないでいましょうって、今日は言いたいですね。(『日刊スポー
ツ』紙、2017年11月05日)

私は山田洋次・吉永小百合の優等生コンビを揶揄したこともある。
しかし歓迎ムード一色のなか、この吉永発言を評価したい。そして安倍内閣の支持率はま
だまだ高い。(2017/11/12)

Comment
■山田洋次・吉永小百合作品評は次の通りです。http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-250.html#trackback
半澤健市 (URL) 2017/11/15 Wed 08:53 [ Edit ]
100%その通りだと思います。今回のトランプ訪亜をそのように受け取った日本人が多いと思われるのに、日本のメディアはあまり報じていない。わずかに今朝の朝日新聞が社説で触れている程度だ。だから安部政権の支持率は高いまま。武器商人にべったりの首相に率いられる日本の今後はどうなるのか心配です。有名人にはもっと吉永小百合さんのような声を挙げてほしいし、マスコミはそれを大きく報道してほしい。
戸松孝夫 (URL) 2017/11/15 Wed 10:46 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack