2018.06.06  安倍内閣は退陣せよ
          世界平和七人委がアピール   

 世界平和アピール七人委員会は6月6日、「安倍内閣の退陣を求める」と題するアピールを発表した。
 世界平和アピール七人委は、1955年、世界連邦建設同盟理事長で平凡社社長だった下中弥三郎の提唱により、人道主義と平和主義に立つ不偏不党の知識人有志の集まりとして結成され、国際間の紛争は武力で解決してはならないを原則に、世界平和実現、核兵器禁止、日本国憲法の擁護を目指して内外に向けアピールを発表してきた。今回のアピールは130回目。七人委が現内閣の退陣を迫るアピールを出したのは初めて。
 現在の委員は、武者小路公秀(国際政治学者、元国連大学副学長)、大石芳野(写真家)、小沼通二(物理学者、慶應義塾大学名誉教授)、池内了(宇宙論・宇宙物理学者、総合研究大学院大学名誉教授)、池辺晋一郎(作曲家、東京音楽大学客員教授)、髙村薫(作家)、島薗進(宗教学、上智大学教授)の7氏。
アピールの全文は次の通り。
安倍内閣の退陣を求める
世界平和アピール七人委員会

 5年半にわたる安倍政権下で、日本人の道義は地に堕ちた。
私たちは、国内においては国民・国会をあざむいて国政を私物化し、外交においては世界とアジアの緊張緩和になおも背を向けている安倍政権を、これ以上許容できない。
 私たちは、この危機的な政治・社会状況を許してきたことへの反省を込めて、安倍内閣の即時退陣を求める。


     █ 短信 █
米騒動100年記念フォーラム
「女一揆 魂を揺さぶられた越中の男たち」

 1918(大正7)年夏、富山県東部沿岸地域に端を発した米騒動は、全国の大都市、炭鉱などを巻き込み、ついに暴動までに発展した。「越中の女一揆」としてしられる米騒動は、民衆が政治の表舞台に躍り出た、いわば民主主義への第一歩を記した歴史的大事件である。それは確かに「越中の女一揆」ではあったが、女たちを支え、米騒動の意義を記録したのはまさに「越中の男たち」にほかならない。横山源之助、井上江花、細川嘉六という3人の男たちの魂を揺さぶり続けた米騒動とはいったい何だったのか。米騒動から100年にあたり、研究者やジャーナリストが米騒動の意味をひも解く。

 とき:6月9日(土)13:30~15:50

 会場:富山県民共生センター・サンフォルテ2Fホール
富山市湊入船町6―7。富山駅北口から徒歩10分。電話076-432-4500

 基調講演:細川嘉六ふるさと研究会代表・金澤敏子「鍋割月 越中の女たちは起ちあがった!!」
 
 徹底討論:「米騒動は何だったのか!! 魂を揺さぶられた男たち 横山源之助・井上江花・細川嘉六」。バネリストは魚津歴史民俗博物館長・麻柄一志、北日本新聞社相談役・河田稔、金澤敏子。コーディネーターはジャーナリスト・向井嘉之

 記念ライブ:楽屋姫ミニコンサート

 参加費:一般=前売1000円、当日1200円/大学生=前売500円、当日600円/高校生以下=無料

 主催・問い合わせ:米騒動100年記念フォーラム実行委員会(電話0765-72-2565)
                                                  (岩)

Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack