2018.06.16  ■短信■
          没後10年特別企画 土本典昭特集
          ~土本典昭と同時代を生きた仲間たち~

 土本典昭(つちもと・のりあき)は記録映画作家。1928年岐阜県生まれ。岩波映画製作所を経て、1963年、国鉄の機関助士の過酷な労働を浮き彫りにしたドキュメンタリー映画『ある機関助士』でデビュー。その後、タクシー運転手の労働実態を追った『ドキュメント路上』、60年代の学生運動を追った『パルチザン前史』などを発表した後、1970年代から水俣病問題に取り組み、『水俣―患者さんとその世界―』など水俣シリーズ17本をつくった。これらの連作を製作するにあたっては、水俣で家を借り、現地の人びとと生活をともにしながら撮影した。
 『よみがえれカレーズ』などアフガニスタンに関する作品が3本ある。2008年死去。
 期間中、土本作品27のほか、東陽一、小川紳介、小池征人、本橋成一、熊谷博子、藤本幸久ら同時代を生きた仲間たちの作品17本が上映される。

 とき: 6月16日(土)~29日(金)

 会場: ポレポレ東中野
     東京のJR東中野駅西口改札北側出口から徒歩1分。電話03-3371-0088

 料金: 前売=フリーパス(限定20枚 )20000円/3回券3300円。当日=一般1500円/大学・専門・シニア1200円/高校生以下1000円

 主催: シグロ+ポレポレ東中野
 企画: 旧土本スタッフ有志一同
                                          (岩)

Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack