2018.06.23  ■短信■  
    第12回被爆者の声をうけつぐ映画祭2018
    映画は、ヒロシマ・ナガサキをどのように伝えて来たのだろうか?

 本映画祭は、2006年に日本原水爆被害者団体協議会が50周年を迎えたことをきっかけに企画され、2007年に第1回が開催されました。映像や映画での被爆体験の継承を目的にしています。

日時:7月14日(土)、15日(日)の2日間
 
会場:武蔵大学江古田キャンパス(西武池袋線江古田駅南口、都営地下鉄大江戸線新江古田駅                         A2出口、西武有楽町線新桜台駅2番出口)
 
上映スケジュール:
  14日(会場は大講堂)
   =プログラム①10:15~「広島長崎における原子爆弾の影響 広島編」、
     プログラム②12:45~「チャルカ~未来を紡ぐ糸車~」、
    プログラム③15:45~「灯篭流し Paper Lanterns」、
    プログラム④18:00~「愛と死の記録」(上映後、吉永小百合さんのトークあり)
  15日(会場は8号館7階8702)
    =プログラム⑤10:00~「白い町ヒロシマ」、
    プログラム⑥13:00~「SOS こちら地球」、
    プログラム⑦15:30~「いのちの岐路に立つ 核を抱きしめたニッポン国」
 
鑑賞券:
   大人[前売り]1000円[当日]1300円、学生・子ども[前売り]500円[当日]800円、
  2日間フリーパス券4000円(鑑賞券は各プログラムごとに必要)

主催:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会/武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三
     ゼミ
予約・申し込み・問い合わせ:共同映画へ(電話03-5466-2311、FA03-5466-2312)
                                     (岩)
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack