2018.09.17  ■短信■
         9・23久保山忌記念写真展
        「第五福竜丸と世界の核被害」


 9月23日は「久保山忌」。1954年3月1日に太平洋のビキニ環礁で行われた米国の水爆実験で、付近の海域で操業中だった静岡県焼津のマグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員と周辺の島々の住民が放射性廃棄物「死の灰」を浴び、乗組員の1人で無線長だった久保山愛吉さんが同年9月23日に死亡しました。水爆による世界最初の犠牲者です。以来、毎年、久保山さんの命日にあたるこの日を中心に記念の催しが行われてきましたが、今年は写真展「第五福竜丸と世界の核被害」が開かれます。

日時:9月22日(土)~24日(月・振替祝日) 午前10時~午後4時(24日は午後3時まで)
会場:夢の島公園・グリーンパーク(熱帯植物館西側芝生ひろば)特設テント(東京メトロ
   有楽町線、JR京葉線、りんかい線の「新木場駅」下車、徒歩10分)
  *風雨が強い場合には、夢の島マリーナで開催します
展示:フォトジャーナリスト・豊﨑博光さんが世界各地の核被害を写した写真50点。    22日・23日には豊﨑さんのトークもあります
入場:無料
主催:公益財団法人第五福竜丸平和協会
電話 03-3521-8494 (展示館は休館中ですが、事務所で対応しております。月~金)
                           (岩)
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack