2018.11.12 ■短信■
オウエンをさまざまな角度から照射
ロバアト・オウエン協会60周年記念研究集会


 ロバアト・オウエン協会は「ロバアト・オウエンを中心とする協同主義を研究し、協同組合その他同好の士と協力して協同思想の普及を図ること」を目的として1958年に創設された学術団体です。
 ロバアト・オウエン(1771-1858年)は英国の実業家・社会改革家でしたが、協同組合運動、教育問題、労働運動、社会主義、経営、技術革新、地域通貨といった面で先駆的な役割を果たし、世界の歴史に大きな影響を与えたとされています。そこで、ロバアト・オウエン協会は協会創設60周年を迎えたのを記念して、オウエンという人物をめぐって改めてさまざまな角度から照射する研究集会を開きます。「どなたでも自由に参加できる」とのことです。

日時: 2018年11月17日(土)13:30~17:30 
場所: 東京・四谷 プラザエフ5階会議室(JR四ツ谷駅前麹町口からすぐ)

第1部 オウエンの年表を作成して、および考えたこと
    13:35~14:00 米田大(会員、東京学芸大学後期大学院生)「1771~1814年」
    14:00~14:25 室井遥(会員、東京大学後期大学院生) 「1815~1834年」
    14:25~14:50 野末和夢(会員、一橋大学後期大学院生)「1835~1858年」
第2部 第1部報告へのコメント、オウエンについて特に着目してきたこと、及び討論・質疑
    15:00~15:20 土方直史(理事・中央大学名誉教授)「第1報告を中心に」
    15:20~15:40 中川雄一郎(会長・明治大学名誉教授)「第2報告を中心に」
    15:40~16:00 富沢賢治(理事・一橋大学名誉教授)「第3報告を中心に」
    16:00~16:20 白井厚(理事・慶応義塾大学名誉教授)「総括コメント」
    質疑・討論

参加費: 個人会員・団体会員所属は無料、一般は1000円
問い合わせ・申し込み:〒102-0085 東京都千代田区六番町15プラザエフ6F 生協総合研究所内 ロバアト・オウエン協会
noriko.nakamura@jccu.coop
Tel: 03-5216-6025 FAX: 03-5216-6030
   (岩)
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack