2019.02.14  ■短信■
「日本近・現代秀作短編劇一〇〇本シリーズ」上演の完結迫る

演出家の川和孝(かわわ・たかし)氏が、1994年に始めた「日本近・現代秀作短編劇一〇〇本シリーズ」(「名作劇場」)の上演が、残り4作となった。この3月にあと2回目を迎える。100本シリーズは明治以来の短編新劇を、ベテラン・若手の演技者が年2回計4作づつ上演してきたもので、全作を川和氏が演出している。

既往の96作は、近代日本を代表する劇作家、小説家の作品群であり、新たに発掘された知られざる作品も含めて、各作品が時代を反映しており観客に様々な感慨をもたらす。

今回の上演概要は次の通りである。
    ■日 時 2019年3月12日(火)~16日(土)
    ■会 場 東京・両国シアターX(カイ)
    ■作 品 N0.97 作間謙二郎『犬を食ってはならない』
           N0.98 山田 時子『良縁』
    ■チケットなどの問い合わせは「オフィス樹 Tel&Fax0276-75-6878」へ。
    ■シアターX(カイ)のサイトに「日本近・現代秀作短編劇一〇〇本シリーズ」の詳細
      が掲出されている。http://www.theaterx.jp/19/190312-190316t.php        (半)
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack