2019.03.04  ■短信■
東京演劇アンサンブル、拠点劇場で最終公演へ

ドイツの劇作家、ベルトルト・ブレヒト(1898~1956年)の作品の上演で知られる劇団「東京演劇アンサンブル」が、40年間にわたって拠点劇場としてきた東京都練馬区関町北4丁目の「ブレヒトの芝居小屋」の閉館にともない、3月20日(水)から31日(日)まで、同芝居小屋で最終公演を行います(25日は休演)。
2017年9月、大家の都合で小屋の閉鎖が決まり、アンサンブルは場所を移して再出発することになりました。移転費用を募るクラウドファンディングも始めました。

■ブレヒトの芝居小屋は西武新宿線武蔵関駅北口から徒歩6分
■最終公演の出し物はチェコの作家、カレル・チャペック作のSFファンタジー『クラカチット』
■14時からと19時からの公演があり、料金は当日4500円。前売3800円。全席自由。予約順に整理番号を発行

■東京演劇アンサンブル
TEL 03-3920-5232 FAX 03-3920-4433
MAIL ticket@tee.co.jp
(岩)
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack