2020.05.02  「地球の上で」
出町絵画


出町 千鶴子 (画家)

 みなさん、お元気ですか。 
 4月8日の夜、大きさが今年一番という満月を観ました。冴えわたる蒼い夜空に大きな金貨が1枚、輝く光の尾が四方八方に遠く伸びていて中世の絵を見ているようで胸がわくわくとしました。

この頃、朝日がまぶしい。青い空が綺麗。浮かぶ雲がきらきらと輝いている。空気が美味しい。誰よりも庭の葡萄の新芽は嬉しそうに身体を振るわせ、遊びにやって来た小鳥や虫たちも元気いっぱい喜んでいる。私の猫たちも。
 コロナウイルスのパンデミック宣言に先立ち、人権の最たるは生命だと唱えて、先ず中国が都市封鎖をした。続いて世界各国の都市封鎖。近年、世界中の地球環境問題の専門家たちがどうしたものかと思案していた大気汚染を、あっけなくもコロナが問題解決の呈である。奇しくも今年のアースデイ(4月22日)は、記念すべき50周年を迎えていた。皮肉なものである。

 今しばらくは、地球の家族の一員として、ドイツ連邦共和国のメルケル首相のメッセージに従い、感染症で辛く苦しい痛みに耐えている人たちに寄り添うようにして絵を描きながら、静かに過ごしたいと思います。
 おそらく、このパンデミックが解除された時、この世界が大切にすべきものは何か、私たちの世界の価値観が一変していることでしょう。と期待して。祈りをこめて、
Comment
私もあの美しい月を見ました。心が洗われるようでした。
出町さんの絵も文章も本当に素敵です。私もコロナウィルスが収束する日を待ちながら自分自身を見つめる時間にしたいと思いました。
横山真理 (URL) 2020/05/02 Sat 13:46 [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack