2020.11.07 東欧諸国のコロナ状況
                          
盛田常夫 (在ブダペスト、経済学者)

注 ハンガリー在住の本ブログ執筆者、盛田常夫氏から、同国および周辺諸国のコロナ感染情報がよせられました。一般報道ではほとんど取り上げられない国々の状況ですが、どこもかなり深刻です。ヨーロッパの人たちは大変ですね。もっとも日本もいつこうなるか分かりませんが。

11月4日、ハンガリー政府から発表されたデータによれば、昨日の新規コロナ感染者は4,219名、死者は90名と報告されています。死者のほとんどは高齢の既往症を有する人で、これまでの死者の平均年齢は76歳とされています。
この結果、現在の感染者(回復者を除く)数は67,693名で、このうち病院で治療を受けている患者は4,871名、人工呼吸器装着患者は355名となりました。累計死者は2,063名。
この傾向が続くと、12月中には病床が満杯になるので、オルバン首相は昨日、深夜12時から午前5時までの外出禁止を打ち出しました。ただし、仕事の関係等で家を離れることはこの規制外になります。マスク装着の厳守も強調されていますが、全般的なレストラン等の営業停止には踏み込んでいません。あくまで夜の娯楽施設の営業制限と、スポーツや行事参加者のディスタンス確保を強調しています。
学校は開校は保持されていますが、感染者が出た67の保育園、6つの学校が臨時休校になっており、16校42クラスでリモート授業がおこなわれています。

近隣諸国の状況
1.ウクライナ(人口およそ4200万人)
  11月2日には、1日で8900名の新規感染者を確認。現在のコロナ感染者(active、回復者を除く。以下同様)は、234,693名、累計死者は7,532名となっています。
2.スロヴァキア(人口およそ550万人)  
  11月3日現在、コロナ感染者(active)は、63,556名。うち病院で治療中は1,542名。累計死者は235名。
3.チェコ(人口およそ1070万人)
  11月3日現在、コロナ感染者(active)は、176,634名。うち病院で治療中は7,486名。累計死者は3,654名。
4.オーストリア(人口およそ886万人)
  11月3日現在、コロナ感染者(active)は、43,906名。累計死者は1,192名。



Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack