2021.11.19 アフガニスタン、暫定政権発足から3か月

     パジュワク通信社が伝える現状(4)

坂井定雄 (龍谷大学名誉教授)

 アフガニスタンの現状を世界に伝える同国のパジュワク通信社については、前回に紹介した。英語版のWikipediaは、次のように紹介しているー
 「アフガニスタン最大の通信社。本社はカブール、地域支局が8か所、全国にあり、全国的に取材記者を配置している。毎日40本前後のニュースを英語、アフガニスタンに通用するペルシャ語のパシュトン語、ダリ語を使用、写真、ビデオ、音声録画を国際通信社、テレビ、ラヂオで発信している。経営するのはパジュワク・ニュース(PAN)社で、政治的な影響はどこからもないと主張している。設立者はデンマーク人のKarokhel 氏。
 パジュワクはパシュトン語、ダリ語で反射、反響を意味する。」

 以下にタリバン政権の下、苦闘するアフガニスタンの現状を続報しようー


Pajhwok Afghan News(11月15―17日)

 (カブール)ダ・アフガニスタン銀行(DAB)は15日、通貨アフガニの交換価値上昇にともない、16日に1千万ドルを競売する、と発表した。
 本日、米ドルは昨日の95アフガニから93アフガニに下落した。
 信頼できる中央銀行筋がパジュワク・アフガン・ニュースに語ったところよると、この措置は、通貨アフガニの価値防衛措置で、数か月間行われていなかった。
 一部の通貨交換業者によると、8月15日の前政権崩壊以後、アフガニスタンの経済は悪化し続けていた。通貨アフガニは不安定で、通貨価値安定が必要だと彼らは強調している。
 前政権崩壊1週間前の当社の報道によると、1米ドルは70アフガニだった。

 (カブール)アフガニスタン商工会議所(ACCI)は15日、今年の対イラン輸入は10億ドル、輸出は8億ドルになると明らかにした。主な輸出項目は、宝石・貴石、果実、皮革類、輸入は電気製品、原材料、石油製品、食料品など。アフガニスタンは中央、南アジア諸国と貿易関係があり、貿易業者はパキスタンの港へ自由に輸送できる。

 (シベルガン)ジョウジャン州の当局は、新たに同州内の137家族に現金補助を開始した。同州では多数の家族が貧困と失業に苦しんでいる。同州の財務局長はPajhwok Afghan Newsに、NGOを通じてすでに14,000アフガニを配布したと語った。同局長によると、これらの家族は主に州都シベルガン市の市民たち。同局長は「私たちは、冬が来る前にこれらの家族すべてに必要な支援を計画している」と語った。
 私たちの取材記者に対しこれら住民の一人は「2年前、私たち家族6人は、タリバン、ISIS(国際テロ組織「イスラム国」)、前政府軍の三者間の戦闘で、住んでいた場所から逃げ。シベルガン市でやっと生活するようになりました。しかし、前の政府軍の爆撃で住家が破壊され、再建するお金はありません、と語った。そして「仕事がある人たちや、金持ちがこの寒い冬を過ごすために。助けてほしい」と訴えた。また、別の村の住民は「初めてお金の援助をもらいました」と州の援助に感謝した。

 (カブール)WHO(世界保健機関)は、アフガニスタンの320万人の5歳以下の幼児が、今年末までに厳しい栄養不足になると、厳しい警告を発表した。
 また、WHOはアフガニスタンの医療従事者が8か月間、報酬を支払われていない、と発表した。
 WHOのマーガレット・ハリス広報官はカブールから、ジュネーブの本部の記者団とリモート会見し、アフガニスタンへの国際的支援が必要だと強調した。同広報官は「WHOは重要な医療支援を続けてきたが、国際社会と支援者の支援なしには達成できない」と強調。
 アフガニスタン全土で、栄養不良状態が広がり、今年末には推定320万人の5歳以下の子供たちが厳しい栄養不足になると、付け加えた。
 同広報官は、緊急に治療をしなければ、少なくとも百万人の子供たちが栄養不良で死亡する危険がある、と述べた。
 同広報官はさらに、厳しい寒さの中で、全国の医療施設で燃料、電力、医療用品の不足が予想されると指摘した。
 「2021年1月以来、2万4千人以上が深刻な食事不足で、うち87人の死亡が確認されている。栄養不足の子供たちにとって、発疹性疾病は死刑宣告になります」と付け加えた。
 
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack