2022.03.01 ロシアはウクライナへの軍事侵攻を中止せよ
         世界平和七人委が緊急アピール
                    
岩垂 弘 (ジャーナリスト)

          
 世界平和アピール七人委員会は2月28日、「ロシアによるウクライナへの軍事侵攻即時中止を求める」と題する次のような緊急アピールを発表した。

 私たちは、ロシアがウクライナに対する軍事侵攻を直ちに中止し、ウクライナ全土から撤退することを求める。武力によって一方的に秩序の変更を求めるのでなく、立場と見解の違いは、多様性と人権を尊重する関係者間の平和的な話し合いによって解決しなければならない。
 私たちは、ロシア国内での軍事侵攻反対の人たちを含めて、世界各地からの軍事侵攻反対の声に連帯する。

 世界平和アピール七人委は、1955年、ノーベル賞を受賞した物理学者・湯川秀樹らにより、人道主義と平和主義に立つ不偏不党の知識人の集まりとして結成され、国際間の紛争は武力で解決してはならない、を原則に日本国憲法擁護、核兵器禁止、世界平和実現などを目指して内外に向けアピールを発してきた。今回のアピールは151回目。
 現在の委員は大石芳野(写真家)、小沼通二(物理学者)、池内了(宇宙物理学者)、池辺晋一郎(作曲家)、髙村薫(作家)、島薗進(上智大学教授・宗教学)の6氏。

Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack