2022.07.02  これからどう生きていったらいいのだろう?
■短信■
レイバー映画祭2022

 恒例の「レイバー映画祭」が、7月23日(土)、東京の全水道会館4階大会議室(JR水道橋駅東口、都営地下鉄三田線水道橋駅A1出口下車)で開かれます。
 レイバー映画祭は、一般の映画館ではなかなか上映される機会のない労働を主題とした映画を広く一般に紹介しようという目的で、「レイバーネット日本」(労働運動に関する情報を提供しているネットワーク)が始めた映画祭で、今年で15回目。
 今年の映画祭の狙いについて、レイバーネット日本は「2年以上続いてきたコロナ禍に加え、ロシアのウクライナ侵攻で、世界は大きく変わりました。日本の平和・民主主義・人権も重大な危機を迎えています。これからどう生きていったらいいのだろう? 今回も新作・話題作ぞろいでマスコミが伝えない『もう一つの真実』をお届けします」と言っています。

◆上映スケジュール
9.30 開場
10.00ー11.10
●『島がミサイル基地になるのか~若きハルサーたちの唄』(湯本雅典・60分)
11.10ー11.55
●『プラットフォームビジネス「自由な働き方」の罠』(制作PARC/監督土屋トカチ・35分)
11.55ー12.25
●『あの空に帰ろう! JAL争議団12年目のたたかい』(ビデオプレス・20分)
12.25ー13.00 昼休憩35分
13.00ー14.00
●『日本に飛べ 連帯の道を ~サンケン闘争』(韓国KBS・50分)
14.00ー15.10
●『これから 「関西生コン事件」と私たち(仮題)』(全日本建設運輸連帯労働組合 2022年・60分(予定))
15.10ー15.25 休憩15分
15.25ー16.55
●『テレビで会えない芸人』(四元良隆・牧祐樹 2021年・81分)
トーク 松元ヒロ(予定)
17.00 終了

◆主催・問い合わせ・予約:レイバーネット日本
℡ 03-3530-8588    ネット予約 http://labornetjp.jimdo.com
◆料金:一般当日は1700円。ただし前売・予約は1500円(予約締め切りは7月21日)。失業者・障がい者は1000円。学生・20歳以下は無料
(岩)
Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack