2022.08.06 ロシアのウクライナ侵略以来、初の穀物輸出船出
 
坂井定雄(龍谷大学名誉教授)

BBC英語版によると、現地時間1日、ウクライナのオデッサ港から、レバノン行きの2万6千トンのトウモロコシを積んだ貨物船「ラゾニ」が出港、3日未明にはボスボラス海峡に面したトルコ領の港に寄港した。
 
「ラゾニ」は、ロシアが黒海で海上封鎖を開始した2月以降、ウクライナの港から出港できた最初の貨物船である。

ウクライナ政府によると、2万6千トンの穀物を積んだ他の16隻の穀物船が、今後数週間のうちにオデッサ周辺の港から出港するのを待っている。

ロシアによる封鎖は、穀物価格の高騰と、世界の最貧国のいくつかでの不足を引き起こしている。

ウクライナ国内には、輸出用の穀物が約2,000万トン、滞留している。

ウクライナのゼレンスキー大統領は、今年の収穫後には、輸出用穀物7,500万トンに増加する可能性があると述べていた。

シンクタンク・チャタムハウスの食料安全保障の専門家であるローラ・ウェルスリーは、ウクライナが通常年産する8,600万トンの穀物のうち、30%が収穫されないだろうと述べている。
ウクライナ産小麦の主要輸入国は以下の通り(年間100万トン)
エジプト        3.62
インドネシア      3.22
バングラデシュ     2.3
トルコ         1,19
イエメン        1.06
フィリピン       1,02
モロッコ        0.88
チュニジア       0.76
リビア         0.76
エチオピア       0.68

▼穀物不足によるアフリカ・中東諸国への影響
ウクライナは、世界第4位の穀物輸出国だった。通常、世界のひまわり油の42%、トウモロコシの16%、小麦の9%も生産している。
また、世界最大の輸出国であるロシアからの小麦の輸出は減少している。
アフリカ開発銀行によると、ウクライナとロシアは通常、アフリカで消費している小麦の40%以上を供給してきたという。

しかし、今回の戦争によって、アフリカでは3000万トンの食糧が不足しているという。このため、アフリカ大陸の食料価格は40%上昇している。
ナイジェリアでは、パスタやパンなどの主食の価格が50%も上昇する要因となっている。
同様に、中東のイエメンは通常、ウクライナから年間100万トン以上の小麦を輸入している。1月から5月にかけての供給量の減少により、イエメンでは小麦粉の価格が42%、パンの価格が25%上昇したと国連は発表している。
ウクライナ産小麦のもう一つの輸入国である中東シリアでは、パンの価格が2倍になった。

ローラ・ウェルスリーによれば、ウクライナの穀物が大量に出荷されない限り、中東やアフリカの多くの国々が不足することになるという。
「そうなれば、それらの国々でパンの値段がさらに上がり、大きな社会不安を引き起こすでしょう」と彼女は言う。

今年2月以降、ロシア軍によるウクライナの港湾・海上封鎖により、各国の貨物船はウクライナから穀物を輸出できなくなった

ロシアとウクライナは、国連およびトルコの4か月にわたる仲介努力で「ミラー取引」を締結し、黒海の「海上回廊」を開放した。
関係者によると、これには以下のものが含まれる。
港からイスタンブール海峡まで、長さ310海里、幅3海里の回廊
ウクライナの船舶が機雷のある港の海域で穀物船の出入りを誘導する
ロシアは移動中の輸送船への休戦に同意する
トルコが船舶を検査し、ウクライナへの武器の密輸に対するロシアの懸念を払拭する
ロシアによる黒海経由の穀物・肥料の輸出が許可された
ロシアは、敷設したウクライナ沿岸と黒海の機雷地帯を示す海図を提示

―ウクライナは、ロシアが自国の港を利用して海上侵攻することを恐れて、港湾周辺の機雷を除去することに消極的だった。

▼海上輸送の保険
海上回廊を利用する貨物船には、誰が保険を掛けているのだろか?
Lloyds Market Associationのニール・ロバーツはオデッサを出港する際に既に保険に加入していたと述べている。

保険会社は、今後オデッサや他の港に入港して穀物を積み込む貨物船に対して、どの程度の保険料を課すかを決定する予定。

ロバーツは、「この契約は、すべてが計画通りに進むかどうかを確認するための試験的な航海として扱われる」と述べている。
ロシアがウクライナに侵攻した後、黒海に入る船舶の保険料が高騰した。
保険会社によっては、1回の航海で船価の5%や10%を請求してきた。
しかし、安全回廊の協定が結ばれた今、保険料は下がるだろう、とロバーツは言う。

「これは人道的な活動であり、営利目的ではないので、保険会社は保険料を手頃な価格に抑えるでしょう」とロバーツ氏は言う。

安全な海上輸送路ができる前は、穀物はどのように輸出されていたのだろうか?
戦争前、ウクライナは食料輸出の90%以上を海上輸送していた。
今回、港が封鎖されたため、トラックや列車など陸路で輸出できるものは陸路で輸出する努力が行われていた。(了)

Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack