2007.07.17 ボートマッチ「VoteMatch」って、ご存知ですか?
田尻孝二 (生協役員)


 参院選を前にして比例区の投票用紙に書く政党名に悩んでいる。そこで、ネットで話題のボートマッチのツールを試してみた。

 ボートマッチとは政党と自分の考え方との相性である。先ず、オランダで議会選挙にボートマッチツールが使われ、それがドイツなどに広まった。オランダでは2007年に476万人もの人が利用したという。日本でも今回の参院選前に毎日新聞と大学の研究グループの二つからボートマッチングのツールが発表された。どちらもインターネット上でかんたんに利用できる。

えらぼーと
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/07saninsen/votematch/etc/index.html
 毎日ボートマッチ「えらぼーと」は、あなたが参議院選挙の立候補者と同じアンケートに答えると、その回答との「近さ」が数値で分かり、政党候補者間の考え方の違いを知ることができるツールです。(引用)

投票ぴったん
http://votematch.jpn.org/index.php
 日本版ボートマッチ(愛称:投票ぴったん)は、市民教育と投票アドバイスのためのインターネット・ツールです。 現在の重要な政治的、社会的争点ひとつひとつについて、あなたの意見を尋ねていきます。 「賛成、反対、中立、わからない」のなかから、あなたの考えに最も近いものをお選びください。投票マッチングは、 これらの争点に対して主要な政党が取っている立場とあなたの意見を比較します。 日本版ボートマッチを使うことで、自分の意見に近い政党はどれかを知ることができます。 また、どのような政策がいま重要視されているのかわかります。 (引用)

 えらぼーとは候補者へのアンケートをもとに21問、投票ぴったんは各政党のマニフェストをもとに19問の質問を用意している。それらに順に答えることで各政党との相性度を判定し結果はグラフ表示する。双方とも政治課題の重要度を尋ねる質問が含まれる。重要とみた項目での一致は得点を増やす仕組みである。

 さて、わたしの試した結果、二つのツールとも相性度一番の政党に同じ判定を返した。今回の選挙の争点は決して明瞭と言えず、各政党のさまざまな政策が交錯している。ツールは投票前に自らの考えを整理するのに有効であろう。特に投票ぴったんの質問は具体的であり、回答には政治課題について深い理解が必要である。開発者の思惑がうかがえる。

Comment
管理人にだけ表示を許可する
 
TrackBack
選挙戦に入って、テレビに各政党の党首や政策責任者が出演する機会が増えた。安倍晋三首相の出演も当然増えているが、この安倍のテレビ出演が、すこぶる不評だ。朝日新聞が毎週行っている世論調査によると、参院選比例
きまぐれな日々 2007/07/19 Thu 01:06